FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

ニシンで思い出す名プレイヤー

少しずつ認知症状が進みつつある母親を連れ近くの料理屋でニシンを食べた。ところで私は母親の口座に仕送りとして毎月いくらかの振り込みをしている。なので、その都度彼女の通帳に振込人として私の名と振込金額が記載されているわけだが、母親はそれを見て私が引き出しているものと錯誤しており、今日の飯代はお前が出せと言う。それはさておき、懐かしい味、ニシンといえば北海道、あの奥地のギタリストを思い浮かべた。先程デジ...

続きを読む

傷だらけの天使を船に誘う

オサム(萩原健一)とアキラ(水谷豊)2人の若者のアウトローな生き方と挫折を描いた探偵ドラマが「傷だらけの天使」であった。オサムは中卒、アキラは自称小卒(中学校中退)である。アキラはオサムを兄のように慕い「兄貴ぃ〜」といつも連呼している。可愛い弟分である。リーゼントにポマード、革ジャン姿だ。今のインテレクトな水谷豊像からは想像し難い。最終回でアキラは、しょうもないことで肺炎にかかり、部屋にたくさんの...

続きを読む

ウィンクでもしてみるか

今日は3ヶ月ぶりのゴルフであった。向かう途中、あるお店のこんな誘導看板を見つけた。「すぐそこ。左折ブリンカーをお早めに!!」日本ではあまり馴染みのない表現だが「ウィンカー」と同義語だ。共に「まばたきするもの」の意味であるが、開いている目を閉じて開けるのがウインクで閉じている目を開けて閉じるのがブリンクと言う人もいる。従うと方向指示器はブリンカーと言うのが正しいようだ。ウィンカーと言っているのは日本...

続きを読む

艤装情報 2

船底塗装した船は十分に乾燥させた上で本日やっと海上へ下架する事が出来た。今後係留する契約ポンツーンに繋留し、向う三軒両隣に挨拶に出向かうが、北の果てへ放浪の旅に出た方、現在リハビリ中などといった方々ばかりでどなたにも会いすることはできなかった。明後日はマリーナ勤務日でもあり、明日は彼らがいない間でもありここでの船中初ステイを試みる。ところで話しは変わるが、愛用するiPAD9.7の液晶ガラスを再び割ってし...

続きを読む

次期後任候補現る

リズムギター担当のイッケーがこの度、北海道へ旅立つ事が決定し長期欠員になるとしてバンド内には大きな驚きが広がった。「良かったな」「後悔などあろうはずがありません」昨日、イチローが引退を表明したが、最近政治家でも見せる事の多い涙は無く、晴れ晴れとした彼の表情は流石に一流選手たる堂々とした姿であった。聞くところによるとイッケーの北海道行き航空券は片道切符であると言う。果たして彼も引退を望んでいるのだろ...

続きを読む

艤装情報 1

更にボートメンテナンスを進めて行く。今回は船底塗装だ。まずは喫水線下のゲルコートを研磨、その上にプライマーを塗布し船底塗料の乗りを良くする。次に船底塗料を十分に重ね塗りする。海水に化学反応する加水分解型塗料だ。走行時に限らず停泊中でも塗料が少しずつ自己剥離し付着物を落として行く。これまでの材料費は、金属用プライマ舵コート 4300円(初回のみ)FRP用プライマカモメ12kg 1万9800円(初回のみ)ペラクリン 850...

続きを読む

事故に遭う

昨日は駐車場から飛び出したクルマに私の軽の真横をぶつけられるといった交通事故に巻き込まれた。相手は若い女性であったがブレーキとアクセルを踏み間違えたと言う。これは近年のオートマ車の弊害かもしれない。昔のマニュアル車では徐々にクラッチを繋ぐ操作が必要でオートマのようにいきなりアクセルを踏み込み飛び出すような事はなく、このようなアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は基本的にクラッチを踏む動作が絡む...

続きを読む

老々認知の始まりか

昨夜は勤務地近隣でバンド仲間の飲み会が開催されたが、話題はもっぱら認知症についてであった。酒は弱くはなっているものの二次会でも大いに盛り上がり久し振りの二日酔いとなってしまった。翌日は仕事、私の愛艇は勤務地であるマリーナに艇置きしており、艇のふとんの中で一夜安らかに眠って翌朝目が覚めればそのまま管理事務所へと出勤する事にした。朝が訪れ、早めに事務所に入り解錠して来場者を待つ。ところが好天にも拘らず...

続きを読む

ペラの防汚塗装

今日はペラの防汚塗装を施工した。既に汚れている。まずはサンダーで研磨する。次に下地としてプライマを塗布する。時間を置いて二度塗りが基本だ。下地乾燥後、更に5時間空け防汚塗料をこれも二度上塗りする事になっているが一旦帰宅し改めて作業現場に戻る。昔から仕事が捌けず作業終了は夜中となってしまった。明日は雨の予想なので今日中に終わらせておく必要があった。もう周りは真っ暗である。次の作業はラダー塗装の予定な...

続きを読む

倅の成長

小型犬の生まれた時の体重は大体100~200gであるが、その後体重は1日に10%ずつ増加しながら10日で2倍ほどになると言われる。最近このブログでもご無沙汰の倅のマー君は順調に成長しながら現在に至り早や5歳となっている。彼の近況を報告しておくが、身体的成長(※アタマは空っぽ)の勢いは止まるどころかまだまだ衰えていないように見える。...

続きを読む

船台改造にかかる

今日の私は神人的船番匠となっており、新たなメンテナンス用船台のキールとハル受け木材の加工を行った。完成後は船台に船霊を祝い込めた。これが終われば船底塗装、キャビン内一部改装を計画する。もちろんDIYカスタムだ。...

続きを読む

半ペラ

回航中にすれ違った大型貨物船。空船状態で半分くらい露出しているペラが見える。動力系も推進系も船はエネルギーロスの塊のようなもんだ。...

続きを読む

航海日誌2ページ目

船中では熟睡どころか一睡もできないまま一夜が明け、朝食後出航準備に取り掛かる。室尾港を出ると風とうねりが強いが次第に収まって来た。周防大島を抜け大分姫島を左舷に見ながら関門海峡、響灘、玄界灘、母港へと向かう。昨日の響灘の時化のあとでもあり当地の現況も不明で新門司での凪待ちも想定していたが、航進丸キャプテンがわざわざ響灘海岸まで車で出向いて行なわれた現地海況観測により平穏であるとの報告を受けたので安...

続きを読む

航海日誌1ページ目

昨日朝9時には納艇場所に到着した。船は既に海上桟橋で進水されており陸上から見ると感慨深いものがあった。簡素に進水式を終え早速作業服に着替え出航前点検に取り掛かるが完了までに半日を要した。性格が執拗であり早めに来ておいて良かったと思う。午後から牛窓のホテルリマーニに向かいそこでまず一泊した。今朝8時にホテルをチェックアウトし出航、女将の運転も随分と任せられるようになった。走行中のキャビン内は彼女の透...

続きを読む

いよいよ回航へ

短い周期で天候も変化する中で風浪の安定が数日続く見込みとなり、本日早朝より始発の新幹線に乗り込んだ。いよいよ買い換えた船の回航のために関西へと向かう。荷物が多く大変だ。2mを超えたこの棒は万一の時に命を助けてくれるアイテムである。今回は航進丸キャプテンもクルーとして同行添乗の予定であったが、昨晩彼が何の相談もなく突如同行の約束を解いたことから、私が雑務の全てを負わなければならなくなっており急遽対策に...

続きを読む

嫁取りに向かう

今の女房と別れ、新たな女房を迎える。おそらくこれで私もバツ13だ。長く連れ添ったやつもいればすぐに別れたやつもいた。しかしこれが最後のオンナである。先方の親御さんへのご挨拶も終え、このたび彼女に乗っかって帰って来る。「売って頂き、まことにありがとうございました。後生大事に致します」確か、こんな挨拶だったと記憶している。買替前に夢見たトローラーでのクルージングをいよいよ実体験する。ふるさと納税で得た...

続きを読む

見事に当たった!

やるじゃないか。ついに女将が引き当てた。日頃の行ない宜しく神様は彼女を選んでくれたのだ。私は運悪く残念ながら今回は逃した。 ...

続きを読む

解散の危機に瀕する

嵐が2020年いっぱいで活動休止する事を発表した。一方、我がヒマナスターズは解散の危機に瀕している。リードギターのナッカーが水虫で入院、リズムギターのイッケーは突然、「北海道に行く」と宣言し、ヒマナスターズファンにも大きな衝撃を与えている。5人の心がバラバラになったとき、バンドはもはや解散しかない。早速私はソロ活動を開始する事とした。...

続きを読む

トローラーという最終選択

スポーツフィッシャーマンやコンバーチブルなどとは魅力が全く異なるトローラー。歳を重ねたボーターが最後に落ち着く船は、外洋での堪航性に優れ航続距離も長いトローラーである。(身近には、最初からトローラーに落ち着いている人もいるが・・)トローラーはその名の通り曳航漁船のことであるが、巨大な袋網を曳航するためのパワー、綱を引き上げる際の安定性、波浪や強風に耐える頑丈さなどを持ち、小型のモデルであっても基本...

続きを読む

春一番か?

今日はマリーナ出勤日。気温は上昇し季節外れの穏やかな陽気だ。次第に南寄りの風が強まり吹き荒れている。早くも春一番かもしれない。明後日は寒の戻りか最低気温は1度の予想だ。ポンツーンを点検する。舫の綱に係る古タイヤも強い風圧でちぎれそうだ。今日も暇な1日だな。にほんブログ村...

続きを読む

家よりフネ!

今までにいくつかのパワーボートに乗り継いできてその種類は様々であったが、日本でもやはり遠洋フィッシングを意識したコンバーチブルタイプの滑走型に人気があるようだ。しかしそのようなプレーニングを楽しむ人もいるが、居住性豊かで10ノット程度で走るトローラータイプの排水量型を好む人もいる。還暦を過ぎた私は最後の相棒を見つけた。中排水量型船を最後の相棒として迎えたい。パワフルな滑走型でもなければ重厚なトロー...

続きを読む

家よりフネ?

マイルスデイビスと共演もしたミシェル ルグランが亡くなったと報じられている。映画音楽も手掛けていたが、カトリーヌ ドヌーヴ主演「シェルブールの雨傘」の主題歌は好きな楽曲の一つであった。最近ではこんなメロディアスな曲を作るライターも少なくなってきた。昨日は最終的な建築プランを確認に設計事務所を訪ねたが、母親に掛る介護費用等の高額負担も始まり、建て替え計画もままならなくなってきている。最近では建築費も高...

続きを読む

新鋭ベーシスト現る

自衛隊哨戒機が韓国駆逐艦からレーダー照射された問題をめぐり我が国も慌しく対応に追われている中で、女将の際立ったベーシストとしての能力に対してもまたスポットライトが照射されており、我々人材不足のヒマナスターズからも熱い眼差しが注がれている。2018年よりナーサリーライムを中心に、YAMAHA音楽教室TUKI3KAI30PUN生徒としてのキャリアを本格的にスタート。以後、初心者向けテキストの1、2ペー...

続きを読む

もうシラネ

船が接舷しやすいようにと、クレーン桟橋にバーレルフェンダーを防舷設置したことは先日の記事に書いた通りで、クレーンを利用するオーナーの皆さんには大変好評であった。そして、クレーン作業を行う我々職員にとっても正確な上架作業がスピーディーに行える事となり、業務の改善に結び付いたのであった。ところが、二人のオーナーさんよりその設置について今日クレームがついたらしい。「そんなものを桟橋に並べて船体に傷でも付...

続きを読む

霊長類最弱

霊長類最弱昨日風邪をひいてしまった。20年振りである。先週から風邪をひいていた女将に移された。移しておいて一言の謝罪もないので腹がたつ。どこかの一国みたいだ。近付いた私も悪い。私の場合も市販風邪薬は全く効果がない。熱はないのだが喀痰が特にひどい。痰はウィルスをからめとって体外に捨てるための粘液物だが、痰はその都度吐き出した方が良い。くしゃみや咳は大きくやると喉に炎症を起こすので出来るだけ小さく収め...

続きを読む

食物連鎖のピラミッド頂点

新年、釣りあげましておめでとうございます。我ながらおめでたい。先日書いたように、マリーナを出港して大勢の釣り人がいる島 (ポイント情報は非公開、つー程でもないが) の防波堤付近まで船で近づき、竿を出したところ見事にヒラメが上がった。防波堤の釣り人が投げ入れる撒き餌に集まった小魚を食べようと集まったヒラメを食べようと我々も集まった。ん?人間は頂点捕食者?いやいや主食は植物であるから底辺?どうでもいい...

続きを読む

久しぶりに落とし込み

久しぶりの落とし込み、ここはある漁港前の浅場だが、釣り人が防波堤からコマセを撒くからベイトが集まり大物も集まる。誰かカネを撒いてくれたら私は行く。鯛ラバにはエイが。せんちゃん、また乗せてな。(しかし君の船はよう叩くわ。気分悪なった)どこで釣ろうが、釣れようが釣れまいが、海へ出る事は楽しくてしょうがない。明日の昼飯はマリーナの剛友たちと今日のサカナでまたまた止めどもない船談義だ。↓応援お願いしますに...

続きを読む

家より船

現役の頃から馬鹿の様に度々船も乗り換えてきたが、15年程前にMAINSHIP37という船を一時所持していたことがある。この船はアフトデッキ下にヤンマーを2基掛け搭載していたものの船足遅くキャビンが船底にあるため窓が頭上となって外がまったく見えないといったタイプで、結局それらが嫌ですぐに手放した。実は今思えばそれがトローラーであった。歳をとって嗜好も変わってきたのか、一転、最近ではこういったトローラータイプ...

続きを読む

残りのボート人生

今日はマリーナ勤務だがこんな暮れも押し詰まった日には流石に来場者も少ない。唯一空路お見えになったお客さんに、「事務所でお茶でも」 とお誘いしたが、「年の瀬にそんな暇はない」 と言って再び飛び去って行ってしまった。管理事務所で今日は特にする事もなく、頭の中は次の船、トローラーの事ばかり・・・。私のボーター人生もあと10~15年ほどであり、残りのボートの楽しみ方もマリーナステイなどののんびりゆったりと...

続きを読む

浮気する

愛艇のフィッシングパワーボートはこのシーズンオフの間、瀬戸内に係留している。よって、これまでの身近なマリンライフからは当面遠ざかった事になったわけだが、いまボートについて思う事は、果たして今後もパワーボートのままでいいのか?ということである。離れていると、愛艇(彼女)のえくぼもあばたとして見えてくるのだ。そして、新たなオンナとの出会いの予感もある。パワーボートのいいところはやはり船足が速いという事...

続きを読む

お金を食べる

今は株はやっていないが、松井証券が日本で初めてオンライントレーディングサービスを始めた頃は私もよくデイトレードをしていたので、マーケットは少々気になって見ているが、今日の株式市場はザラ場でも終値でも今年の最安値を下回り2万割れまであと393円となった。GPIFの平均取得価格は1万7千円とも聞かれ (よくわからないが直近では更に上昇しているかも)、2万円割れともなると状況は一変する。米中貿易戦争が覇...

続きを読む

爆発を恐れて

狭心症の疑いがあり、本日予約をしていた大学病院で検査を受けた。まずは血液検査室に呼ばれ、腕を差し出した。毎回のことだが決まっていくつかの質問を受ける。「アルコールで拭きますが大丈夫ですか?」私は頷きながら答える。・・・「次の質問どうぞ」素早く注射針が打たれた。「痺れはないですか?」・・・「次の質問どうぞ」そして針が抜かれた。「気分悪くないですか?」・・・「次の質問どうぞ」しまいには看護師に白目をむ...

続きを読む

明日への提言【無責任論】

企業業績も過去最高と言われ景気拡大期はいざなぎ景気を超えると報道されている。ところが、日銀による緩和は相変わらず続いているしこれまで一度も金融引き締めを行えずにいる。大方の予想通り今後景気が腰折れしたら緩和はさらに大きく拡大させるつもりなのだろうか。そうなるともう訳のわからない世界だ。私感だが、これだけ経済対策によりメリットを与えてきたのだから今こそ大企業の法人税を上げてプライマリーバランスを改善...

続きを読む

我ながら厚かましい

今日はマリーナ勤務日だ。さて、ここのマリーナのクレーン桟橋だが、なぜか開業当初からバーレルフェンダーが無かった。そこへ、どんぶらこどんぶらこと、発泡フェンダーが漂着したではないか。早速、その桟橋にて保管繋留する。これにより、ボートの緩衝と併せ、クレーンビームに対し平行に上架する事が安易となった。平行に上架する事は船台への搭載時に於けるスムーズな位置合わせに重要だ。尚、発泡フェンダー所有者の方、発見...

続きを読む

立小便+優勝+敢闘賞+横綱+隠し撮り

本日の月例競技会場となったゴルフ場の池の畔には小さな鳥居がある。そこはマナーの悪い客によって頻繁に立小便が行われるというスポットであり、その忌避のために設置されたものであった。それはどうでもいい。成績だが女将はベストスコア100を叩き出しネット66で優勝、私は113で敢闘賞を得た。ホールアウト後の表彰式には参加せず、お袋のところへ様子を伺いに直行する。ところが、お袋の話しといえば嫌味なことばかりで...

続きを読む

淡路島1周クルージングへ

先月岡山に置き去りにしてきた愛艇と会うため一路新幹線で向かった。そして、鳴門・明石両海峡それぞれの大橋下を通過して淡路島を一周する。I氏も操船及び撮影、洗艇のボランティアとして参加してくれた。鳴門海峡を通過。恰好付けてはいるが後ろを向いてオシッコをした後だ。高さ30mにも及ぶ斧状の奇岩、上立神岩を左舷に見ながら沼島東側を通過する。この岩の周りをまわりイザナギノミコトとイザナミノミコトが婚姻を行った...

続きを読む

アナログの逆襲

連日の映画鑑賞となった。今日の「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」の評価であるが、本当に我々日本人の笑いがとれるような作品と言えるのかどうか、これについて私の論評からたどってみたい。はっきり言って、前作「気休めの報酬」はまあまあ笑えたが、今回は笑えなかった。従来の欧米型笑わせ法を踏襲しており、オチが安易に予想できるのだ。そのジョニー演じるローワンアトキンソンだが、カルロスゴーンに顔が瓜二つ...

続きを読む

懐かしいクイーン

アマゾンプライムビデオで普段は満足しているが、やはり時には映画館にも足を運びたい。今日は、ボヘミアンラプソディーを見てきたのだが・・・。...

続きを読む

口走り料とは

「やっちゃた! ニッサン」ゴーン氏不正事件に伴う株取引についてだが、私なりには、日産は今回の事件をきっかけに氏を解任する事によって企業体質が改善され業績向上が寧ろ見込まれるのではないかと思い、つまり、逆張りを考えてマーケットを見ていたのである。しかし、やはりそのような見方もあってかストップ安までは下げていない。ストップ安まで下げ切れば後日一旦大きくリバウンドするはずだ。明日はバンド練習日でもあり博...

続きを読む

発表会

今日はドラム教室の発表会。なんと、練習期間もわずか三ヶ月であったが、16ビートを完璧にこなし、スタンディングオベーションとなって会場を大いに沸かせた。その最大級の賛辞を受け満場総立ちにさせたのはこの子であった。私は右足が引きつってしまい、バスドラがぐちゃぐちゃになってしまった。その子とは対照的に大きなブーイングが起きた事は言うまでもない。自信は、悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観と共に崩れ消えて行く...

続きを読む

ドック検査結果

毎年受ける人間ドックに行ってきた。リピディルにより中性脂肪は減少したものの悪玉コレステロール値が増化している。これが馬鹿にならない。CT画像では左冠動脈と腹部大動脈に石灰化が見られ(その上にある粥状プラークは映らない)、また、頸動脈のプラークの性状はエコー検査により粥状と診断された(オーコワッ)確かに油断をして最近では運動せず、高コレステロール食材の摂取や飲酒量も少しずつ歯止めが利かなくなってきており、数...

続きを読む

若い頃、好きだと言われ

若い頃、大勢の女性からとても好きだと言われていたことを思い出す。1990年代だからもう30年近くも前の話だ。歳を重ね、私の中でそう言われるような事はもう諦めてはいたが、なんと世界を見渡せばまだまだ世の中には存在していたではないか。GIVENCHY 初期のXERYUS 1990 EDTだ。女性たちが好きだと言ったのはこのオードトワレの香りのことだ。私のことではない。私が身に振りかけていたこの香りは大勢の(特に中洲の)...

続きを読む

自宅警備員として (最終勤務日)

午前中はお袋より派遣要請があり直ちに出動した。これも警備員に与えられた任務だ。そのうち寝てしまったので静かに退出する。今日で6日目、いよいよ主人の帰国の日を迎えた。自宅警備員の業務には警備、介護の他にも冷蔵庫内の在庫整理と清掃があるが、台所と洗濯機は洗い物の山、清掃は殆ど手付かず寧ろ荒れ放題の様相を呈している。バーゲンで格安のベースとアンプがあったのでこれを購入しご機嫌取りを試みようと防音室に置き...

続きを読む

自宅警備員として(5日目)

そろそろ独身生活も侘しくなってきた。やっている事といえば、冷蔵庫を開けたり閉めたりする事ぐらいであるが、さすがに庫内の食材も枯渇している。それでも冷凍室の奥の方に刺身用タコを見つけたが、賞味期限は遥か昔であった。退屈していたらようやく設計事務所より新たなプランがメールで届いていた。晩年はお袋と同居しようと数年前より2世帯住宅への建て替えを計画、設計を進めてきたがプラン後にお袋の気が変わり間取りも白...

続きを読む

自宅警備員として (4日目)

お袋の状態は不安定だがハンドリング不能な問題は特になく、自宅警備員として淡々とした日々が続く。午前中はドラムの練習を数時間やるが11月18日の発表会に間に合いそうにない。全く足が言うことをきかないが、16ビートで躓くのも自分としても感心しないので頑張るしかない。発表会は観客をできるだけ多く連れてくる事が条件とされているが聞いてくれそうな人も見当たらず大変気が重い。お袋でも連れていくか。午後はスティック...

続きを読む

自宅警備員として (3日目)

私は恥ずべき疚しい事を行ったからと言って黙って隠しているような事ができない人間である。実は、女将の留守中の白昼に於いて私は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ...

続きを読む

自宅警備員として (2日目)

現地でこのブログを見た女将は、自身の名誉を棄損させる記事が書かれていた事について毅然とした対応を取ると連絡して来た。更にこのブログに対し、これはフェイクブログだとトランプの言葉を引用し厳しく切り捨てた。(反省シマス)滞在中のビラから見せつけるように写真が送られてきた。(もう許してクダサイ)写真はドトール農園と思うが楽しそうじゃないか^^;昨夜は1人で晩酌にも熱が入り飲み過ぎて酩酊しクダらないブログを書いたよ...

続きを読む

大きな人災が訪れる

世界景気のリスクが増している中、朝方の日経平均は前日の米国株安につられるかとも思ったが4日ぶりに大きく反発した。業績予想に慎重な見通しから一転ソニーが過去最高益を記録するなど主力銘柄に買いが入っている。ショートカバーに加え国内年金の買いも入っているようだ。このように企業業績は過去最高益を更新するなど依然高水準であるが、物価はなかなか上がらない。日銀は紙幣を増刷し続け、やけくそのように財政は弛緩し、...

続きを読む

自宅警備員として(1日目)

昨夕、極右ポピュリストとして名高い女将がハワイへと旅立ち、我家も爽やかな朝を迎えた。8時マー君に起こされ、朝食にドッグフードを共にしてその後散歩に出掛けることにした。今まで私一人で犬の散歩などやった事はないが、今日から1週間はこういう事が日課となる。ところがマー君は私と歩調を合わせた散歩を頑なに拒み、忽ち家へ戻ろうとする。(家にはまだボスがいるとでも思っているのだろう)外面は良いが主婦独裁政権を賛...

続きを読む

家を出た女将

残念だが仕方がない。愛艇が私の手を離れ、私もまた女将の手を離れた。夕刻となり、大きなスーツケースと共に家を出た女将は暗い声でこう言い残して行った。「私は家を出ます。あなたも元気で暮らしなさい」「マー君は置いて行きます。朝と夕方は必ずウンコさせて下さい」・・・・・本当に行くのか。私は生まれてこの方、ご飯も炊いたことがない。一体、どうやって生きて行けというのか。保育所にでも預けてほしかった。とにかく手っ...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事