FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

榎津港を出港、平戸港へ

午前中の観光が終わり、13時いよいよ平戸港へ向けて出航する。
14時に、平戸尾上島灯台を通過、14時50分平戸大橋通過し無事平戸港に到着。
平戸瀬の海上はざわめいている。
初日のルート生月大橋を通過したところではさらに波立ち、私の好奇心を満足させてくれた。
このような瀬の上のざわつきや弁天灯台回り、西海橋下の渦巻き程度なら景観も爽快で
操船も面白いが、10年ほど前に高浜のマリーナから42フィート艇を回航してきたときのこと、三河湾から串本に出て紀伊水道に入るのだが、そこでは本当に恐ろい波浪に出会った。
艇体が一瞬ねじれたのがわかった。




台風の影響もなく今回は最終日までベタ凪だった。
海は、穏やかで最高の気分にしてくれたり、大荒れとなって死ぬほどの恐怖に落とし込まれたり、海は自然の最たるものだ。
港を出るとき、長崎県警の警察艇が係留されていた。
写真ではわかりづらいが、船尾に船名とともに「東京」と表記されている。
一度、警察艇の船内を外から見せてもらったことがあるが、「所有者 内閣府」と金看板で大きく表記されていた。
(注:悪いことはしてましぇん念のため^^)
それはまさに畏怖の念(?)を抱くものだった。
実は、全国の警察艇は、内閣府が一括して調達し都道府県各警察に配備されている。




平戸に入港すると、いつもお願いしているニューポートさんで給油してもらい、
今回も平戸温泉旗松亭を手配して頂き、露天で疲れを癒した。
(写真をクリックして拡大すると我が愛艇を見い出すことができる)




このホテルへ来たときは必ず土産コーナーでアゴの開きを買う。





夕食もまたいつもの居酒屋桃源郷をニューポートさんに予約してもらい、ほろほろ酔ってしまった。






その後、すぐ近くの白浜港まで氷を買いにワンメーターにてタクシーで行き、クーラーボックスを氷で満たした。
コンビニ、スーパーで買えば1キロ250円だが、漁協の自動販売機なら10円だ。
25分の1だね。20キログラム買って締めて200円。
今日は平戸に泊まり、明朝、釣りを予定、壱岐経由にて母港へ帰る。
今日の書き込みはこのくらいにして明日また続きを書くことにしマウスを置く。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事