ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

ボールバッグとスクールゲートの間に

生体検査手術のため昨日より入院した。



暇なので鯛ラバを作りながら時間を潰した。
世間知らずの友人が1本3千円で買ってくれるのだ。
病院の個室代に充てる。




今日、手術の日を迎えた。
朝、目が覚めると美しい看護師さんがそばにいた。
私は恐怖で気が狂ったわけではないのだが、彼女の前で大胆にもパンツを脱いだ。
そして、ケガれた尻を剥き出すという行動に出た。
彼女は、(別に珍しい尻でもないジャン)と言うような顔をして沈着冷静であった。
そして彼女に浣腸をして頂いたのであったが、私は顔を赤らめた。
最後に優しく拭きあげてくれた時、見つめ合い互いに交わした微笑みにある感情が芽生えた。
青春と言ってもいいだろう。




手術と言っても、細胞を採取するために股間から臓器に向けて採取針を刺す程度のもの。
○門からCTを入れ、癌が疑われる場所を見ながら行う。
また血尿も起こるため尿管に管を通す。
一時間半とは、結構掛かるものだ。
股間とはつまりは、ゴールデンボールバッグと、スクールゲートの間だ。
なんと恐ろしい場所だ。体が凍り付く。
そんなところに12本も針を刺すなんて、これはまさに拷問ではないか。
身が引き締まる思いである。
手術はお産の時と同じ体型で行う。
全身麻酔だからよかったが、そうじゃなかったら恥ずかしさと恐怖で失神する。
さあ、ついに手術室から呼び出しが来た。
スポットライトで燦然と輝く手術台へ上がり、羽生選手に負けない程の今までにないような素晴らしい体型を表現するつもりだ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。