FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

瀬戸の花婿ツアー3日目


3日目。
ホテルで朝食を終えチェックアウトして送迎車でマリーナへ戻る。
到着すると、水上飛行艇がマリーナに附設する格納庫より点検のためか2艇出て来た。
空へは飛びたくないが、海上の滑走はまた船とは違った楽しさがありそうで一度は乗ってみたい。



202008212003527ee.jpeg

20200821200351234.jpeg


20200821200353733.jpeg

さて愛艇機関室の出航前点検ののち、9時に出港、周防大島へと折り返しの針路をとって走る。
トローラーなので船足は遅いが、鏡面のような海面をのんびりゆったりと進んでいく。
折り返しのルートは日本三大海峡の一つ来島を通峡する。



202008212003584a8.jpeg


2020082120035687f.jpeg



4時間後の13時周防大島安下庄に入港する。



202008212004011b7.jpeg


20200821200403ecb.jpeg


すおうおおしまあげのしょう桟橋に付けると周囲の海面には夥しいゴミが漂っている。
これが海の駅かと思えるほどで、海の駅というよりゴミの駅だ。
この島は瀬戸内海に7百以上ある島の中でも3つ目に大きな島なのだがあまりにもお粗末過ぎる。
係船料も安いとは言えない。もうこの港に来ることはないだろう。








202008212004056f6.jpeg



役場前の岸壁で給油のあと、近くの竜崎温泉ちどりより迎えに来てもらい入浴し食事をとるが、このご時世なのでガラガラの状況だ。



20200821200402040.jpeg



20200821200859669.jpeg


ここ周防大島(屋代島)は、むかし6千人弱という移民をハワイへ送り出しており、その帰国者たちによって生まれた「ハワイ移民の島」というもう一つの側面もあって、「瀬戸内のハワイ」とも呼ばれている。

この島中央東側には久賀港があって、安心して利用できる公的ビジター向け浮き桟橋が最近新設されたという。
その久賀港から車で10分の所に、周防大島の姉妹島であるハワイ州カウアイ島をモチーフとした「グリーンステイながうら」という滞在施設がある。次回はこちらを訪れてみたい。


この日の夜はここ安下庄で船中泊の予定であったが地域特性上、瀬戸内は干満差が大きい。
この桟橋は到底信頼できるものではなく、停泊地を安全な浮き桟橋に変更すべく、食事後に急遽室津港へと向かった。



そして、トラブルが発生する。


航行中、微妙な船体の振れを感じ取ったため速力を落としながら入港。直ちにペラの点検のために潜水して見ると、コックボードの海水流出口を塞ぐほどに、たくさんのナイロンロープがシャフトに巻きついている。

ゴミだらけのあげのしょうで絡んだことは強く推断できる。そしてそれらはおそらく魚網ロープの端綱だろう。
幸いペラには巻いていなかったので今回は左程大きな振動もなく航行できたわけだが、水中作業は容易ではなく、用意していた鎌で巻き付いたロープをすべて解き切るのに1時間要した。

操船中に於いては音、振動、臭い、速力・回転数の変化など微小な現象であっても十分な点検を要する。
「あれ?今のは何だ? ま、大したことはないだろう。」
これが大きなトラブルを招くこととなる。

この船にはペラ点検口がなく、今後対策が必要だ。
そして、海水パンツを常備しておくことも求められる。
今回、お気に入りのビキニパンツでの作業を強いられ、周りの堤防の釣り人達の鋭い眼差しを受けたことは反省点の一つだと言える。


20200824082648393.jpeg


お陰で運動不足も解消し、この日は船中で熟睡できた。

明日は大分姫島へ立ち寄り一泊する。



いかがなものかと↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

<< 瀬戸の花婿ツアー4日目 | ホーム | 瀬戸の花婿ツアー2日目 >>


コメント

大変でしたね。浮遊物はボートにとっては大敵で、命取りにもなりかねません。これの早期発見、確実な避航という観点からは、操船場所はやはりFBが最適ですね。保針はオーパイに任せて見張りに専念、というのがシングルハンドの基本かなと思っています。何はともあれ無事のご帰還をお祈りします。

早々のコメントありがとうございます。
すでに帰還しておりますが疲れによりブログも追いついておりません。
2日遅れですが明日、明後日と投稿したいと思っております。
今後もご贔屓のほど宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム