FC2ブログ

ネタより調理術


昨日はフィッシングボートFR32を久しぶりに繰り出して、いつもの近場のポイントへと向かったが、途中で玉網の積み忘れに気付くといった波乱含みの船出であった。
玉網はもう一艇のトローラーに積み替えていたのだ。

まあ今日も大したものは釣れんだろうと高をくくって竿を出す。
ところが30分もすれば底で大きな当たりが出る。

今日は釣るぞ!と心に強く思えば釣れないし、1匹でも釣れれば十分と思ってたら大漁となる。
不思議だ。
何事も欲念が強ければ良い結果は出ないものだ。

さて、玉網無しでどうやって船上に取り込むのか、
世間が固唾を飲んで見守ることになる。

大鯛らしい落ち着いた当たりであった。
その後、強い力で下を向きラインが出ていく。
押したり引いたりのやり取りが始まるが、50mほどの水深なので10分ほどで決着は付く。

鯛もそうだが、エラから取り入れた海中の酸素を気化させて貯めているため、水圧の変化で海面では浮力が付いている。
胃袋を口から出して浮いてきた80センチもあろうかというこの大鯛をどうやって釣り上げるか。
先日もヒラマサを一気に竿でぶり上げようとして暴れられ、針を切ってむざむざと逃げられた。

リールを巻き上げながら対応策を考えた。
トランサムステップまで引き寄せて工具のプライヤで口をしっかり挟み、トランサムゲートより引き摺り上げるのだ。

うまくいった。

やっぱり釣りは釣り船でねーと。
そして濡れてもよい服装も必要だろう。
釣り服のコーディネートもこうでねーと。

2020052408313708b.jpeg

20200524083137c48.jpeg


その後帰港してこの魚は航進丸船長のご自宅へと奉納された。
船長宅で直ちにこの魚は練り物として上手に調理されその中から少しお裾分けしてもらった。


20200524083222f3f.jpeg

202005240832215df.jpeg


この時期の鯛は産卵後で油ものっていないし、この大きさから推定できる年齢は40歳ぐらいだろう。
しかし、調理の仕方によってはこんなにも美味しく食べる事ができるのだ。
なにも刺身だけが魚の料理ではない。
このようにおいしい料理として蘇生された鯛も、そして食べれた私も幸せであった。

今後も私にこのような老齢魚との出会いがあった時は航進丸船長にまたその再生化を宜しくお願いしたい。




にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

極め付き 長兵衛

免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

プロフィール

極め付き 長兵衛

Author:極め付き 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム