FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

淡路島1周クルージングへ


先月岡山に置き去りにしてきた愛艇と会うため一路新幹線で向かった。
そして、鳴門・明石両海峡それぞれの大橋下を通過して淡路島を一周する。
I氏も操船及び撮影、洗艇のボランティアとして参加してくれた。

DSCF0220.jpg



鳴門海峡を通過。

DSCF0278.jpg

DSCF0309.jpg


恰好付けてはいるが後ろを向いてオシッコをした後だ。

DSCF0325.jpg



高さ30mにも及ぶ斧状の奇岩、上立神岩を左舷に見ながら沼島東側を通過する。
この岩の周りをまわりイザナギノミコトとイザナミノミコトが婚姻を行ったといわれる。

DSCF0351.jpg


初日は南欧のリゾート地をイメージさせる洲本、サントピアマリーナで1泊した。
東洋一の規模といわれるヨットハーバーを中心に600mの人口運河がある。

DSCF0385.jpg

DSCF0397.jpg

DSCF0420.jpg

DSCF0407.jpg



翌朝、誰かの発するサウンドにて目が覚めた我々は女将を疑いつつ早めに出航して大阪湾を明石海峡へと向かう。
途中、海峡手前、淡路島釜口にある高さ100mの平和観音像が見える。
現在は廃墟となっており倒壊の危険があるとして先日テレビでも放映されたので記憶に新しい。

DSCF0472.jpg


明石大橋下を通り抜ける。

DSCF0519.jpg

DSCF0530.jpg


姫路市南西18kmの播磨灘にある家島諸島の中心島、家島本島を通過する。
ここにはミシュランガイドにも掲載された割烹旅館「志みず」があり、次回は訪れてみたい。

DSCF0535.jpg


母港としている玄界灘は、冬のこの時期は低気圧がよく通るので急に荒れたり北西の季節風が強く吹きつけて荒波が立つなど甚だ厳しい海の難所である。
従ってこの時期は年中穏やかな瀬戸内のマリーナに愛艇を艇置き保管し快適に釣りやクルージングをここで楽しむ事にしている。

↓応援お願いします
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事