FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

JA主催全米オープンに参加して


先日は農協主催全米オープンゴルフに参加したがタイムアウトで予選落ちした。
主因はボールに寄り添って来たクワガタ虫だ。
一瞬、ゴキブリかと思った。
大会では前代未聞だ。

IMG_4673.jpg


さて、こちらもまたネガティブな話となるが、俺の話を聞いてくれ。
2分だけでもいい🎵
脳血管疾患・心疾患の年間死亡者数についてだが、
これらの数は癌と同水準と言われ、4人に1人が動脈硬化を一因とする疾患で亡くなっている。
動脈硬化は糖尿病や脂質異常により自覚症状なく密かに進行していくものであり心筋梗塞・脳梗塞にでもなれば突然死や生涯寝たきりも余儀なくされる程の怖い病気だ。

ところで、私が罹患した前立腺癌の療法の一つにホルモン療法があるが、
その有害事象として男性ホルモンの低下による脂肪の増加、インスリン感受性が低下する等による糖尿病や冠動脈疾患のリスクが指摘されている。

不覚にも先日の健診に於いて血管内壁にプラークが蓄積し頸動脈高度狭窄と診断された今こそ思うことだが、
私の場合、もし前立腺癌初期治療時よりホルモン療法を受けていたとすれば、その後の有害事象としての糖尿病悪化、動脈硬化促進の可能性は十分にあった。
もしそうなれば結局死因も前立腺癌と言うよりは脳梗塞、心筋梗塞などに変わっていたかもしれない。

(血管を輪切りにした画像を見たが、血管径がビール瓶の大きさとすると血流径はその口ほどの細さであった)



振り返って、予後がハイリスクと言われた私の前立腺癌初期治療としては当時は「長期ホルモン療法併用放射線治療」と「全摘」の二つの選択肢があり結局「全摘」を選択したわけだが結果的には断端陽性とはいえ2年半もの間、PSAは測定限界値以下を保ち現在経過観察のみの無治療状態であり私の場合は全摘でよかったのかもしれない。(まだ予断を許さないが)


とにかく前立腺癌の事は今は頓着しておらず関心は動脈硬化だ。
血管閉塞やプラーク破裂によって血栓が脳に飛んで行くような事がないように注意していかないといけないのだ。

年を取るといろんなところの老化、悪化が進行して行き、命を脅かす。
特に私の場合、若い頃の不摂生によるところが大きい。^^





にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事