ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

再検査の結果


PSA検査は、前立腺癌を診断するだけでなく、治療経過観察中の再燃・再発を見つける上で精度の高い非常に有効な検査であるが、前立腺を全部摘出し前立腺組織が無くなれば理論的に検出はされない。
しかし私の場合、切除断端に癌細胞が顔を出し存在していたので将来再発し検出される可能性はある。
それでも術後の定期検査の結果は連続して測定限界値以下でありその状態で1年半経過してきたのであったが、今年5月の検査でいきなり0.088と大幅上昇していた。
それから2か月後の昨日は、いつもと違って再上昇を覚悟して挑んだ再検査日であった。
追加放射線療法の勉強も自分なりにやって心の準備もできており、早朝より血液を採取してもらって主治医の診察を待った。
今回、0.2に近づけば再発確定となり追加治療が必要だ。
そして2時間ほどして呼び出され再検査結果の数値が明らかになった。




「今年に入ってからの数値~急上昇~本日の数値」は以下の通りだ。


1月PSA=0.0081.jpg

3月PSA=0.008 (これは他機関での健診によるもの)3.jpg

5月PSA=0.088 (2か月の間で0.008から大幅上昇)5.jpg

今回PSA=0.008 (測定限界値以下に戻る)
7.jpg

これは一体、どういう事だろう。
経過観察中であり、特別なことはやっていない。
精度も極めて高い検査であり単に誤差と言われても理解に苦しむ。
実はSOで受けた都内の複数の医師からはこの上昇値を見て誤差ではなく「再発」と断定されていた。
私にとってこのようなPSA数値の変動に捉えきれない部分が多いのであるが、
一旦上がった数値が急に下がったり、ある一定の数値でとどまり悪さもせずそのまま落ち着くこともあるのかもしれない。
例えば癌は存在しないけれども正常な前立腺組織が残っていてそれが数値として現れているケースがある。
また、切除断端陽性と言っても顔出した癌が他組織に着床するにもなかなか苦労しているのかも知れない。
そして彼らは免疫で駆逐されていると・・・(根拠はないがそう思っておきます^^)

もう、今後の検査結果は無視!知らん!
考えるだけ損じゃ。

ここのところ、いろいろなことが重なった。
一つこの件が一旦解決し(してないか^^)、
グラス、おかきを片手に明日の受験勉強に突入する。
(今回は根拠なき自信あり)


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓他にも


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。