FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

共謀の罪

犬が嬉しさの感情が高まった時におもらしする事を俗に「うれション」と言う。
これは排泄が我慢できずに漏らす事とは異なり、甘えと服従を意味する行動だ。
幼犬によく見られ、成長と共に治る場合がほとんどなのだが、
マー君には一向に治る気配が無い。

犬は飼い主に似るとはよく言われたもので、
飼い主である私もマー君同様、術後1年半経過した現在でも後遺症としての尿漏れが続いている。
普段生活上は概ねコントロールできているのだが、楽しい時や飲んでいる時はしっかり漏れてしまう。
医者によれば術後1年過ぎても改善無き場合は完治困難との事であった。
まずは酒の量を減らしていこうと思う。


IMG_3840.jpg

今日、注文していたボート用の海水汲み上げポンプが届いた。
航行中、プロペラにロープや漂流物が引っ掛かった時に船底の点検口を開けカマで取り除くのだが、
その時、海水が喫水面まで上昇してきてそこに溜まる。

201705101559245e6.jpg

2017051015592363b.jpg


先日の長距離の航行では絡んだ海草除去をなんと5回も余儀なくされ、
海水の排出に大変時間を要した。
このポンプは1分間に100リットルの排水能力がある。


20170509202904d3e.jpg

逆止弁というホースに接続するバルブがある。
ポンプを停止し船底から持ち上げた時に水が逆流して戻らないように、
逆方向の流れを閉じるための弁が付いている。


gya4111.gif

マー君と私は局部へのこの逆止弁の接続について密かな共同謀議を企てているのであった。

またまたトイレの中から奇妙な音と共に女将の声が聞こえてきた。
「あんたたち、気持ちは分かるけどそれはおもらしに何の効果も無いんじゃないの?」


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

コメント

No title

男の排出機能は、出力、切れ、しまり、弁、5115すべてにわたり経年劣化は避けられず、結果としてといれが長くなるのは私も同感です。
逆流弁はいいアイデアでいずれ開発されるでしょうが、それまでもつかどうかです。笑
ところで、池さんの帰港祝賀会は来週あたり計画しますかね。
直後は、ご本人も骨休めと家族との対面などに追われることと思いますので、どうでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事