ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

先輩を訪ねる(1日目)

十数年会っていない中津の先輩が前立腺生体検査が必要な状況になったと聞いて私も心配になり訪ねる事にした。
先輩宅まで車で走ろうと考えていたが天気も良く海況も良いので船を出した。
本当に身近に前立腺患者が多い事にびっくりさせられる。


DSCF8653.jpg

現在大規模補修中の関門橋下を通峡し、周防灘 部埼(へさき)灯台先を右舷に折れて中津港へと向かった。


DSCF8658.jpg

この部埼灯台は日本灯台50選に選ばれているAランク灯台である。
灯台の下には僧清虚の像がある。
彼は若き頃相撲の事故で友人を死なせ仏門に入る。
そして60才の時この地で海難が絶えないことを知り74歳で亡くなるまで焚火を燃やし続けたそうである。
その後、灯台が建設された。
彼の像は灯火を灯しながらここ周防灘を睨んで今でも海難を防止している。  


DSCF8664.jpg

出航して3時間弱で中津港へ入港する。
県土木事務所へ浮き桟橋の係留許可を予め取ってある。1泊260円ほどだ。


DSCF8682.jpg

港まで迎えに来ていただき、初めて伺う自宅へ案内されると敷地内には15mほどの大きなプールがあった。
次回はビキニパンツを持参する。
奥に離れの1軒建て浴場が見える。
DSCF8689.jpg

その離れに入ると冷水温水用と浴槽が二つあり、それぞれひとつの石をくり抜いて作られている。


DSCF8749.jpg

昼食を「朱華」でごちそうになり、その晩は近くのこがね山荘に宿泊して操船の疲れを癒し寛いだ。

DSCF8697.jpg

八面山黄金温泉の洞窟風呂


DSC_0393.jpg

部屋に入ると囲炉裏があり、懐かしく落ち着いた空間があった。

DSC_0374.jpg

隠し事が好きな私は、夕食に出かける前に早速金庫の鍵を隠したのであるが夕食から戻ってみると大変なことになった。
隠し場所を忘れてしまっているのである。
それからいろんなところを探すこと数十分、
鍵を隠した場所はなんと囲炉裏の灰の中であった。


DSC_0415.jpg

今後はどこに隠したか忘れないように隠し場所はメモにしっかり書いておこう。
そして、そのメモも盗まれないようにちゃんと隠しておくようにしておきたい。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。