ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

煙突に水をやって下さい

暑い。涼を求めて巨石奇石のある竜門峡へと臭い足を延ばした。
石に心はなく石は冷たい。


1.jpg

P1050889.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

途中には、黒髪の奥座敷、美食家たちの隠れ家にふさわしい料亭「龍泉荘」がある。
佐賀牛のせいろ蒸し、鯉のにぎり、今は時期ではないが鮎の背ごし、つがに等々、創作的川魚料理が楽しめる。
本日は福沢さんがご欠席で、お連れしたのは樋口さん一人、野口さん一人と少数なのでまた次回伺う事とした。


13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

コーヒーを飲もうと隣にある「木もれ陽」に入る。ここには岩盤浴もある。

17.jpg

18.jpg

19.jpg

ミスブラジルと佐賀牛のキッシュも注文する。

20.jpg

レジで野口英世さんを差し出して支払いを終え、「木もれ陽」を出た。

それから黒牟田窯通りに向かい、利休窯でお皿を買おうと車を降りたとき、窯の煙突が見えた。
その煙突のてっぺんにはなんと草木が大きく育っている。
そのような状態の煙突を見て、ああ、ここは既に閉鎖してるのだな?と思い、他の窯元を探すことにした。
この通りには窯元が20件ほどある。


22.jpg

ところが、あちらこちらの煙突も同じように草木が生えた状態だった。
なんと不思議な光景だろう。なにか、ジブリ映画でも見てるようだ。


23.jpg

24.jpg

25.jpg

実は、それらの煙突はマキと石炭を使っていた昔の頃の煙突で、現在では使用していないとの事であった。
現在では別の窯でガスを使っていると言う。
今ではそれら昔の煙突は、それぞれの窯元の立て看板代わりになっているのであった。


26.jpg

とんだ早とちりであった。早速、利休窯へ戻り、気に入ったお皿を購入したのであった。
ここで、樋口一葉さんともお別れした。
そして、皆いなくなった。明日からどうやって生きていけばいいのだ。


21.jpg

27.jpg

今からは益々夏に向けて暑くなる。
最後に各窯元にお願いしておく。
煙突には1日3回欠かさずに水やりをお願いしたい。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。