FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

再び放電

今日清掃のため船内に入りオーディオを起動させたところ、デコデコが突然ダウンした。愛艇のシステム電圧は24Vであるが電圧計は18Vを指している。昨年5月に交換したばかりのバッテリーだが再び放電させてしまったようだ。今回は一部ACCバッテリーのみであり充電を試みたところ生き返ってくれた。充電後、確認のため比重を測ったら1.250以上あり完全充電状態に戻っている。我が脳も放電しており悲しいことに今日のオチは何にもない...

続きを読む

再び瀬戸内クルージングに出る

海を愛してやまない我々ボーターは何も釣りばかりではない。愛艇でのクルージングもまたボートライフのなかでは大きな楽しみの一つである。最近では全国に167か所も展開している海の駅が強い味方としてある。しかしその実態を詳しく知っている人は少ない。海に囲まれた日本に暮らしながら子供たちが海に接することが少なく、島国日本としては深刻な現実があるのだが、ことし5月には第3期海洋基本計画に於いて海の駅を中心とした海...

続きを読む

瀬戸内1日目

幾度となく訪れたい瀬戸内だが、単に移動するだけではなく上陸先での観光やビーチ、温泉宿など多彩に楽しむことが大切だ。今後ものんびりと年に数週間滞在しながら多島美の瀬戸内を堪能したいと思う。7時間弱走って辿り着いた最初の寄港地は呉の潮待ち港として栄えた大崎下島だ。そしてこの島の小長港隣にあるヨットハーバー「ゆたか海の駅」は、海の駅第1号だ。全ての海の駅を周ろうとすればまずはここを押さえておかなければなら...

続きを読む

瀬戸内2日目

「輝きの館」コテージをチェックアウトし係留桟橋まで歩いて行くと既に予約していた給油車が待っていた。気さくな人であり20年前まで八幡製鉄所の鉄を運ぶ貨物船に乗務していたと云う。人情味溢れているといった九州の女性観などつい話し込んでしまい出航が遅れたが、なにも慌てて出ることもない。女将が私の耳元で囁いた。「いつまで喋っとんのか。日が暮れるわ」給油後、舫を解いて今回の最終目的地へと向かう途中、昼食のため...

続きを読む

まだあるある

まだクルージングの余韻が残っている。ボートで海を走っていると、時折寄せる他船の緩やかな引き波にサーフィングする事もある。波のトップからボトムへと繰り返しながら波のサーフェイスをゆったりと滑降していく。その時の心地良さはここ穏やかな海面に恵まれた瀬戸内海だけで味わえる。至福の快感だ。そして、BGMを流しながら情緒豊かになる。さて、愛艇を瀬戸内海に置き去りにした真相は次回書きたい。雄大な瀬戸大橋を通過夕...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事