FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

誇り高き暇なスターたち

昨年を振り返れば、我々のバンド、ヒマナスターズの知名度も急速に広がりつつある中で、披露宴、忘年会、新年会に来て欲しいと、あちこちからのオファーが絶えない1年であった。但し、条件として「いくら頂けるのか」と言った要求が相手方より示される事が多い。大晦日にバンマスモーリーが締め括った剛毅な言葉に我々は、一同涙ながらに手を握り合って誓ったものだ。きっと俺たちはXジャパンを超えるのだと。バンマスは吐き捨て...

続きを読む

イルカに乗った少年

私も歳をとってしまった。町内ではドラマーとしてはトップクラスと言われるまでに登り詰めた私であるが、既に私は高木ブーを超えた。そろそろ次世代に託すドラマーを育てなければなるまい。そう考えていたところへ我がバンマスモーリーが大きな可能性を秘めた少年を紹介してくれた。我々の練習スタジオはある海岸沿いのオーシャンフロントにある。少年はイルカを桟橋に繋いで来たと言う。早速ドラムを叩いてもらう。ボーカルはせっ...

続きを読む

雪の金閣寺を見たくて

Newsweek誌は、ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNA二重鎖を切断、元に戻らない状態に損傷させてガンのリスクを大きく高めるといった研究結果を発表したと報道している。これまでもアルコールとガンの関係は言われていたが今回マウスによってはっきりと確認された。このブログの主、長兵衛氏は、早速この記事を読んで即日断酒を決定した模様だ。今後一切、酒を口にする事は無いだろう。さて、我々お笑い夫婦は...

続きを読む

京の冬の旅 1日目

新幹線車窓から雪景色を眺め、雪の金閣寺を大いに期待しながら京へと向かった。ところが、次第に雪景色もなくなってきて、到着すると当地は快晴であった。聞くところによれば昨年は降ったものの、ここ数年降雪は少ないとのことである。まずは嵐山へ向かい渡月橋を渡って華厳寺へと向かう。ここは鈴虫寺の呼び名で親しまれる。我々はここで行われているジョーク好きな和尚の鈴虫説法を聞きに来た。その後、金閣寺へ。積雪はなかった...

続きを読む

京の冬の旅 2日目

最近は高価な旅館は利用せずビジネスホテルに連泊することが多い。そして、温泉や食事は好きな所を見つけて楽しむ。酔って寝るという意識のない睡眠時間に無駄に高いお金を使いたくないのだ。今日は2日目、朝早くホテルを出て東寺まで歩いて行く。その後バスに乗り普段は拝観できないこの時期限定の特別公開重文を楽しんでいく。まずは千本鳥居で名高い伏見稲荷大社。ここの御茶屋「松の下屋」はこの時期のみ公開され棟方志功筆の...

続きを読む

京の冬の旅 3日目

京(今日)は3日目、朝の新幹線でちーちゃんもやって来た。今日からは3人でまず世界遺産である上賀茂神社、下賀茂神社を参拝し、お土産は上賀茂のすぐき漬けを「なり田」で買う。それから、30年ぶりの今宮神社へ向かう。参道にある団子屋かざりやの「あぶり餅」は日本一美味い。向かいのライバル店「いち和」でも食べた。酒がないのが辛い。祇園へ戻り散策した後、早めの夕食となるが「圓堂」へ向かい京の菜材を天ぷらで堪能し...

続きを読む

京の冬の旅 最終日

最終日の今日は国宝三十三間堂拝観から始まる。その後、養源院に入った。ここは伏見城の遺構を移した寺院で血天井が張られ、廊下には俵屋宗達の奇抜な白象や唐獅子の杉戸絵がはめ込まれている。八坂神社をお詣りし、昼になったので花見小路の豆寅で昼食を取った。昼食が終わってちーちゃんとここで別れた。彼女は更に観光へ、我々は八坂倶楽部で開催中の草間彌生展を観て帰る。京都市内は端から端までタクシーで走っても30分程度...

続きを読む

HimanaStars Concert Tour Special Site

今日、ヒマナスターズの2回目の公演が行われた。 今までは、観客も2親等以内に限られていたのであったが、今回はバンマスの地道な営業努力が実を結び、 初めて身内以外の赤の他人を前に演奏する事ができた。 老いと向き合いながら練習を重ねてきた我々の哀れな姿が大きな感動を呼んだ事は言うまでもない。 我々から「生き方」を学んだというファンも多く、読者の皆様にもぜひライブへの参加をお勧めしたい。 ところで、ライブの...

続きを読む

終活に入る

今日は親戚筋のお通夜に参列した。肺癌でステージ4まで至っており、享年68歳であった。2年前より咳が酷くなっていたそうだが検査には行かなかったという。タバコを長い間吸ってこられたようだ。ご冥福をお祈りしたい。日本人の平均寿命は最近では80歳とも言われ、従って多くの人達は70歳から90歳の範囲に収まっていくのだろう。(違ってたらすみません)私は今月還暦を迎えるが、早ければ10年後にお迎えが来ても不思議...

続きを読む

耕一丸さんからのコメント

耕一丸さんからコメントを貰った。>友人のお父さんが肺がんで亡くなられた時はショックでした。>幸い(と言って良いのか良く分かりませんが)疼痛コントロールは良かったとの事で、>ちょっとだけ安心しました。>これから先どんどん櫛の歯が欠ける事が繰り返されるんだなと思うと、>なんだか心がチクチクしてしまいます(^^;一昨日通夜に伺い、昨日葬儀に参列した。最後は苦しむ事もなく静かに安らかに息を引き取られたそうだ。...

続きを読む

初めてのふるさと納税

手始めに昨年末、ふるさと納税制度に基づく寄付を温泉地のある自治体に対し少なめにやってみた。早速今年に入って返礼品であるペア宿泊券が寄付先自治体より送られてきたのだが、調べてみるとこの宿泊代は10万円を超える金額に相当していた。そして、寄付額のほぼ全額が今期の所得税と住民税の賦課税額から差し引かれる。毎年関心はあったのだが手続きも簡単だったし早くやっていれば良かったねと思う。しかし批判として言ってお...

続きを読む

世帯主を変更した

犬は、人間の言葉がわからないとしても抑揚を聞き分け、感情や意図を認識できる。そして、視覚では人間の顔の表情を読み取り、対して喜びや悲しみを表現する。犬の遊びを見てると甘噛みと言われるような寛容な道徳的行動が明らかに認められる。犬には、遊びが本気で喧嘩にならないようにするためのルール、賢さがあるのだ。もし、ワニを飼って遊んでたら飼い主は一発で食われあの世へ行く。倅のマー君と私の合同誕生日会が本日自宅...

続きを読む

飼った小鳥に餌は与えない

会社を起こし営業を始めて間もなく、携帯電話がまだそんなに普及していない頃、ある魚市場での仲買業者の競り場に於ける小電力構内無線通信網の構築を提案していた私が、場内を管理する総務受付の年配の女性に最初のアプローチをしていた時のことだ。まずはここを突破しなければならない。商談をするときは場の空気を作る必要がありそんなときに使うのが雑談だ。窓の外を眺めながら私はこの女性ににこやかに語り掛けた。「海猫がホ...

続きを読む

晩酌を解禁致します

尿漏れはほぼ無くなっているのだが、外食時に酒を飲むと漏れている。そこで、昨年9月にアメリカ製磁気治療器がある泌尿器科へと通う事にしたのだが、遠方であり多忙も重なって通院は数回に留まっていた。最近、近所の病院に国内製の磁気治療器があるというので今日改めて診察に行ってきた。(↓画像はメーカーさんのHPより)このところ、免疫力向上のため家飲みの晩酌は控えていたが、飲酒時尿漏れ根治の為の治験の意味でこの度...

続きを読む

ついに金〇庁の検査が入る

金〇庁は29日、晩酌中に20cc相当の尿漏れを流出させたとして、私に対し改善命令を出したと正式発表した。 同庁は「特に飲酒+屁の同時偶発的発生時に於いて不適切な管理体制が常態化していた」と指摘。骨盤底筋運動やパッド対策の強化、責任の所在の明確化などを求めた。 失禁者への排尿改善命令は初めて。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓ヨイネお願いします^^...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事