FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

白昼の恋愛遊戯

早朝より釣りへ。
きょうこそは。


20170730194458c35.jpg

常々、釣れないのは船長のせいだと同乗者から責を問われている私だが、
(どうしてだと言いたい)
今日は新たにいいポイントを見つけた。


20170730194500d19.jpg

エソを最後に納竿したが今日は大物を取り込み寸前で逃してしまった。
先日クレーン免許に合格した私としては昨日に続き今日が2日目の仕事であったがいきなり吊り上げ荷重オーバーで落下させてしまい、まだまだ見習補佐レベルだと痛感するに至った。
物理的要因もある。仕掛けの針の結びが弱かったのだ。
タダで頂いた製造元(友人)には苦情の電話を入れておいた。


2017073019450229f.jpg


帰港して見た岸壁の光景には思わず目を背けざるを得なかった。

人間関係(鳥関係)を一定距離に保ちながら集団生活を営む彼らだが、
白昼堂々、恋愛遊戯にふけっている者がいたからだ。


201707301945043d4.jpg

201707301945074d9.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ついに来た

陸から遠く離れた沖合にトンボの不思議。

20170729145451e87.jpg

こんなに暑くては釣りどころではなかろう。
海水の温度も非常に高い。

何とか釣り上げたイトヨリだが既に煮魚となっていた。


201707291454451d8.jpg

先般トランサムステップ上部に設置した手すりだが、本日有効活用される運びとなったので報告しておきたい。

IMG_5032[1]

最前の煮魚を釣り上げたのち一服して飲んだ氷水が災いしたのか、
次第にお腹が痛くなって自然からのお呼びがかかった。


201707291454503e3.jpg

この手すりは高齢者にとって大きな支えとなっている。
そして、安全無事に用件を終えようとしたその時、


20170729145457a16.jpg

その時だ!

突然、漁船が私のボートのすぐうしろを勢いよく通り過ぎたのだ!

ついに来た!

ここ当地に!

私の面前に!

ついに訪れたのだ!

言うまでもなく、この漁船によって大きな引き波が発生した。

そして、

数年に一度と言われる最大のビッグウェーブが目の前に現れたのだ!

そして、私の臀部のワンポイントを強く時に優しく撫でながら洗い流して行った。

私はこの時を待っていた。

人工ではない自然によるナチュラルウォシュレットの恩恵を本日紛れもなく受けることができたのである。
身の引き締まる思いであった。



aho
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

高齢化社会の一端を覗かせる

201707251514498dc.jpg


エアコンが効いた寝室のベッドからマー君もなかなか起きて来ようとしない。
人間も犬も本当に暑い。
犬はこんな真夏に毛皮のコートを着ているからなお暑い。

こんな暑い日は映画館がいい。
映画館のあるここショッピングモール内ではあちらこちらの休憩用のソファーに高齢者の方々がくつろいでいる光景が目に入る。
ある長居をされているように見受けられる方にインタビューをしてみると、
「家の電気代節約よ」と言った切実な声も聞かれた。

最近の映画は50才を超えると1100円で見させてくれる。
そしていつも空席だらけでガラガラだ。
毎回見るパイレーツオブカリビアンだが、
今回も期待通り楽しめた。


20170725151456a31.jpg

青海島3日目


民宿で目覚めた朝、窓の外を見ると日の出が美しい。

20170723164928a3b.jpg

朝食は500円、両者3杯食べる。
なぜか、旅先の朝食ではよく食べる。

20170723164930076.jpg

エンジンルームをチェックし、舫いを解いて母港へと走り出す。

20170723164931c64.jpg

響灘は玄界灘に負けず劣らず男らしく荒々しい海況を見せた。
昨夜に波高1mと確認していた天気予報を改めて確認したが高潮警報が発表されていた。
青海島深川湾を出て角島先まではこの時期の大潮と重なり波高が高く減速せざるを得なかった。

「響灘って大っキライ!」

運転拒否の意思表示と共に吐き捨てるような女将の言葉を聞いて、
世間の1級船舶操縦士のライセンス価値はどれほどのものなのだろうか、
そしてまた、その免許所持者の心中はいかばかりか、
と思った。
女将に免許を与えた国土交通省には猛省を促したい。


20170723164934697.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

青海島2日目


翌朝はバスで係留場所まで戻り乗船するや否やこの暑さに思わず海に飛び込んだ。

20170723063245dea.jpg

今日は萩まで行く。
途中、遊覧船が海岸線に沿って客を乗せ走っている。
我々も後を追ったがそれでもやはり岩々の間を走る職人技にはちょっと怖くて及ばない。

201707230632534b5.jpg

201707230632470c9.jpg

マリーナ萩に立ち寄って、

201707230712334d8.jpg

萩港に到着、着岸する。

20170723063244792.jpg

20170723063249e1b.jpg

ここで昼食を取る。

20170723063253194.jpg

再び青海島へ戻り給油のあと仙崎蒲鉾を買う。

2017072306324308a.jpg

20170723063242830.jpg

夕食の後、民宿へ。
松山が気になりあまり眠れないかもしれない。
優勝の快挙があればゴルフ業界もまた賑わうはずだ。


2017072307130641c.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

青海島1日目

青海島へ。
初心者マークも付けず新米ドライバーが運転した。
私も手取り足取り教えようとしたが素直に聞くような女ではなく、
結局、足と足とのやり取りに終始した。
(蹴るな、バカタレが!)

20170722100509c5c.jpg

途中、角島大橋まで接近してみる。

20170722100508e87.jpg

通過する事は可能だが、干潮時水深は2、3メートルしかない。

20170722100506314.jpg

そういった度胸はなく、角島を沖へ大回りする。
そして、青海島が見えてきた。

2017072210050692b.jpg

保安庁の巡視艇のあとを付いて入港する。
(注: 先導されて何処かへ連れて行かれているわけではない)

20170722100503c0c.jpg


係留して、30年振りの大谷山荘へ向かう。

20170722100551fce.jpg

20170722103139efd.jpg


130年の歴史を持ち、当代で4代目だ。

20170722100548d19.jpg

201707221005478f2.jpg

20170722100545c48.jpg

201707221005427d3.jpg

毎年安倍首相の新春の集いがここで行われている。
プーチン大統領も訪れたホテルだ。
天皇陛下お泊まりのお部屋に宿泊したそうだが、
皇族出身の私もその部屋を指定したものの身なりで否定され叶わなかった。
そしてまた隣でその顛末を見て、
思わず下の緩んだ秘境から短いクラクションを鳴らしながら女将が笑った。
「アンタ、皇族って…、海賊でしょよ」


トイプーチンも飲んだと言う東洋美人↓

20170722100544d4f.jpg

20170722100542a09.jpg

夕食後はアイリッシュ定番ジェムソンを。すぐに床についてしまった。
明日は萩までペラを廻す。

(何回転廻すかは私はわからない。池さんなら計算するかもしれないが)

20170722100541e7c.jpg

船舶免許証を片手に喜びは今だけ


病院の検査も国家試験も無事終了し生活に落ち着きを取り戻した。
あとは就活だ。
免疫力向上のためには肉体労働が望ましい。
但し月1週間程度のパートがいい。

たかから誘いの電話が掛かって来そうだ。
「社長、今夜はパート行きましょうパートっ!」
(中洲には行かないしもう社長じゃないってばワタシは)

話が逸れたが就職先としては、
海が好きなので港湾関係はどうだろう。
今回取得を目指したのはそのために必要な資格だ。

但し体力はない。
口先と指先はよく働く。

さあ、このブログを書き終えればそろそろ出航だ。
突然思い立った青海島、萩方面へと気ままに走ってみる。
(あまり北上すると領海内と言っても中国船と出会うから気をつけたい)

「おまえも車の免許以外に何か国家資格を持つべきではないか?」
私の話に乗せられて自費で取らされた船舶運転免許証を片手に初めて今日女将が運転する。
往復160マイル約8時間のクルージングだ。

IMG_4732[2]

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

いざ行かん


2度目の挑戦。
さあ、二日酔い状態だが受験票を持って試験会場へ

いざ行かん。

IMG_4729[2]
(マスクだらけでどこかのお役所の開示情報のようになってしまいましたが)

試験問題は中学生レベル。学生時代を思い出しながら・・・
・・・とは言っても、当時勉強してないから思い出すことはできないのであった。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓他にも


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

寄せられる期待


災害現地では災害ボランティアが不足し支援要請に対応しきれない深刻な状況となっている。



IMG_4671[2]

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓他にも


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

恥ずかしい事ばかりだ・・

PSA値の上昇が確認されてから早や2か月が経過し精神的にも少し落ち着きを取り戻している。(もともと落ち着きはないのであるが・・)

聞くところによれば、再発する場合は術後20か月以内が最も多く、
最初の数値上昇は一般的に0.01~0.02程度の穏やかなピッチのようだが、
私の場合、短期間でいきなり0.1に達するほどの急上昇だった。
それから更に2か月経ちそして来週はいよいよ主治医の下で再検査を受ける。
誤差や変動があるため0.2を2回超えた時に再発と確定診断される。

全摘後に救済的放射線治療を行う場合には0.5を超えて行うと予後は比較的悪く、
0.2よりもさらに低い時点での照射が望ましいと言われる。
私は、再発確定診断後に放射線治療を受けるべきか、
或いは再発予防を目的としてこの時点で照射すべきか迷っている。

だけど、この病気だが、(と言うより年配者の老化現象?)
そんなに心配する病気でもない。
病期がT4であっても、たくさんの人たちが様々な治療の恩恵を受けながら長生きしている。
そして更に効果のある薬剤や治療も今後急速に進展して行くことだろう。
ただ、私の場合、若いということで進行が心配なわけだが、
いろいろ悩んでみても体内の状況が変化するわけでもなく、
ひょっとしたら女将の有難い給餌療法によって免疫力強化が促され数値も下がり安定する可能性もある。
どんな時でも希望を捨てないことが大事だ。
(この程度のことで恥ずかしい限りだが^^)

今日、先日不合格となった学科試験の正式な結果通知書を受け取った。
その中には得点状況も書かれており、なんと、1点及ばずの結果であった。
最後に書き直したあの一つの問題、後から調べてわかったが書き直す前の答えが正解であった。

来週また挑むことになったが、合格率40%台の大した試験ではないし、
コップを片手に1日15分ほど勉強に力を入れている。

一体何の資格かって?今は恥ずかしくて言えねえ。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓他にも


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


○| ̄|_ ←土下座の絵


著しく緊張してしまい、
昨日の実技試験では1回目で見事に不合格となった。(指導員の想定通りデス)
試験開始から僅か30秒経過した時点に於いて早くも失格事項に抵触してしまい、
「自害」 といった恐ろしい言葉が心中をかすめた。
その後、補習再試験を3回重ね、試験官の情により(?)ようやく合格と相なった。

当日は15名が受験、私を除き全員が20才代、私との年齢差は40歳弱あり私以外は全員が一発合格であった。
私も若い頃、自動車学校に通わずとも試験場で実技共に一発合格という実績を持っているのだが、
(その証拠に免許証番号の末尾は2である)
今ではやはり年と共に動作の鈍さを感じている。

引き続き今日、自信をもって挑んだ学科試験の結果発表が行われた。
昨日は実技試験に無事合格しており安堵の中で拝見した学科試験の合格発表であったが、
安易に軽く考え、高を括り甘く見て楽観し呑気に構え勉強もせずに挑んだ結果、
不合格であった。○| ̄|_

来週、他県に試験場を変えての再挑戦だ。



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

愛します!守ります!日本の海!

私の就活の謎もそろそろ佳境を迎え真相が明らかになりつつある。

明日はチャレンジ中の国家資格の実技試験だ。
「非常に厳しい感触がある」、最後の教習日の今日、私は指導員にはっきりとこう言われた。
既に受けた学科試験結果の発表は明後日だが、これもすがすがしいほど自信が無い。

だけど、巡視艇の水鉄砲を操るためにはこの資格がどうしても必要なのだ。



IMG_4657[2]


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

クルマの窓から首を出してクルクル回らないこと


ガソリンスタンドで不思議なお客さんを見かけた。
クルマの窓から首を出して給油機の周りをクルクル回っているのだ。

そう言えば、
ガソリンスタンドで給油する際、
給油口の位置が右側か左側か、迷ったことはないだろうか。

教えてあげましょう。
実は、運転席にいながらにして、ひと目で給油口の位置を知ることができるのである。
それは燃料メーター付近に表示されている給油機マークの隣の三角印の位置、
これが左に表示されていれば、給油口はクルマの左側にあるのであーる。

クルクル回るのは寿司だけで結構。


20170709201251c9f.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

心はパステルカラーに


免疫力向上についてはこのブログでも大きなテーマとして取り扱われている。
そのために大事な事としてあげられている事の一つは「運動」であろう。
それは誰もが重々理解しているのであるが、しかし、
しかしだ、

風呂で身体を洗ったり、犬の散歩や糞拾い、庭の草むしり、女将の指示によるトイレ掃除、
とりわけジムに通ったりしたからと言って、
一体誰が表彰してくれたり対価を支払ったりしますか。

このような肉体的労働に何の名誉的経済的対価も得られない事に私は至極納得がいかないのである。

ジムに会費を払いそこで汗水流してそのジムの売り上げに貢献しているとしたら当然そこの事業主は賃金という対価を私に支払うことが必要だろう。
こう思うのは果たして私だけであろうか

私だけである。

このような観点から私は極秘にある国家資格を取得しまさにブルーカラーとなって肉体的労働力を「対価とした貨幣」に変換しようと考えているのであった。

(最近ではIT関係も労働条件が厳しく、デジタル土方と言われているようだが、、)

さて、どのような資格を取り一体どういう分野で何をしようとしているのかはまだ自分としても謎である。

何れにしても、心ウキウキとしているのが今の私であり、
仕事はブルーカラーでも、
その心はパステルカラーに染まって晴れ晴れとしているのであった。


20170707131409a78.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓あがとござます


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

真夏日の厳寒

台風が接近中だ。
先送りしてきた船台のリノベーションを行う。
緩衝材として使っている木材は腐食している。
ついでに一部Cチャンを溶接し補強した。
この暑さでクタクタとなった。


20170702122714010.jpg

20170702122716c27.jpg

帰宅したら早速コマンドが発せられ、私は気をつけをして身構えた。

「早く食べな」




寒風吹きすさぶ凍てつくような寒々とした言葉であった。


201707021645277df.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

| ホーム |


 ホーム