FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

やはり黒くて大きい方がいい

P4260009.jpg

巨大なプードルを見た。
犬もクルマも、やはり大きい方がいいと思った。
(体長50センチのマー君には悪いが)

このところ、実利主義で買ったものの趣味性のない軽自動車に飽き飽きしていた。
そこで、早朝より関東方面のディーラーまで目当ての中古車を買い付けに出掛け、
現車を確認して先ほどトンボ帰りで戻ってきた。

外装はあまり綺麗ではないが機関や内装は非常に程度が良く申し分ない。
走行距離、僅か2万5千キロの法人ワンオーナーカーだ。
2年ごとの整備記録があり確認ができた。

リフトアップし下回りを窺い見ると、冷却水やオイルの漏れもなく、
ゴム系等に痛みもない非常にドライでクリーンな状態だった。
試乗をすると、ふわふわとした乗り心地が往年のアメ車らしさを感じさせてくれた。
22年落ちのクラシックカーだが、まだまだ十分走れそうだ。


P4260026.jpg

P4260021.jpg

P4260025.jpg


先日検討していたベージュ色も良かったが結局このクルマを買うことに。
さて、気になる価格だが実は軽の中古も買えない位の価格だ。
しかしながら、この年式では部品供給状況も不確かであり、
修理となると一定の費用と時間を覚悟しなければならない。

「壊れたら修理はせずに潔く捨てよ」
女将の容赦ない言葉を横で聞きながら契約書にサインしたのであった。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」




大臣が辞任し日本が標的となり中間検査を受け不合格となった一日

また政治家が問題を起こした。
「今回の被災地が東京ではなく東北で良かった」と発言したものだ。
この発言が復興大臣としてあるまじき行為として批判され、
本人は「発言を取り消す」と会見で述べたようだが、
結局辞任に追い込まれた。
そもそも、目で見えたものや耳に聞こえたことが、
いったい、取り消したりできるものだろうか。
超能力者でもあるまいに。
思念や魂が入っている言葉を取り消すことはできない。


そして北朝鮮だが、
明確に「日本を標的にする」との声明を出すなど地政学的リスクが高まる中、
日本政府も国民もあまり危機感を持っていないようにも見える。

さてさて話は変わるが、現在の船は進水してから早くも3年が経過し、
今日は法で定められた中間検査を受けることとなった。
沿海艇の場合、法定備品も数多くしかも有効期限がある。
うっかり屋根の上にある自動膨張式救命浮器の使用期限を失念していて、
今日は是正通知を受けてしまった。


20170425210018f3f.jpg

早速、不調なダイナモも併せ、メーカーに送って点検整備を依頼した。

20170425210016de3.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

言霊


今日の波高は1メートル。しかし風がある。
横曽根まで行き、竿を出したが船がローリングして釣りづらい。
シーアンカーを出して揺れを治めた。

20170423163853638.jpg

このシーアンカーだが、時化での遭難漂流時には必需品となる。


201704231638557a9.jpg

魚影は強く出ているのだが・・・

20170423163853aec.jpg

釣れないので女将もマー君も寝てしまった。

20170423163857ccf.jpg

マー君、もう帰ろうか。

201704231638513d2.jpg


私も諦めた。

釣りに出掛ける時にいつも心に思うこと、
「さあ、今日はたくさん釣るぞっ!」

ここに問題がある。

そもそも釣ると言う言葉の意義素が良くない。
例えば、「カネで釣る」というように、
引っ掛ける、誘い寄せる、駆る、そそる、丸め込む、引きずり込む、落とし込む、
と言ったなんとも卑劣な類語を挙げる事ができる。
このような言霊が魚に聞こえていると言えなくもない。


帰港するとオルタから異音がする。
ベルトのテンションを張ってみたが異音は止まらない。
ベアリングに問題がありそうだ。

このままでは今後出航はできない。


201704231639273cf.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

古典への誘い

さて、今日は海老蔵が5年前より始めた「古典への誘い」
公演を見に行く。
第1幕は家を出る前から既に見ることが出来た。

化粧台の前に立つ女将の厚化粧顔を観賞したら、
さあ、劇場へと出発だ。
(これが歌舞伎第一幕の始まりであった)


201704221510263e3.jpg

201704221510244c9.jpg

今日の演目は、喜劇の「身替座禅(みがわりざぜん)」。
今回で見るのは3回目となる。
恐妻家の大名右京(海老蔵)が奥方の玉ノ井(市蔵)、
家来の太郎冠者(九團次)と織りなす舞踏劇だ。


右京は奥方玉ノ井に隠れて恋人の花子と会いに行きたい。
そこで「夢見が悪いので仏詣に出掛けたい」と玉ノ井に申し出るが、
怖い顔をした玉ノ井は外出を許さない。

であればと、右京は一夜の座禅の許しを得る。
右京は屋敷の持仏堂で家来太郎冠者に座禅衾を頭から被せ、
「顔を見せるな、ものを言うな」と念を押して花子の許へと向かった。

その後、玉ノ井に太郎冠者が身替りとなっている事が知れ、
玉ノ井は激怒して太郎冠者と代わり、衾をかぶって待っている。
そうとも知らず、千鳥足で帰ってきた右京は、
衾を被った玉ノ井の前で一夜の甘く楽しかったひと時の逢瀬を
巧みな踊りで語って見せる。

その様子を衾の下で怒りに震えながら聞いている玉ノ井と、
それに気づかぬ右京の浮かれ振りの対比が実に面白く、
海老蔵の表情が多くの笑いを誘っていた。

奥さんの病状も心配な中で、海老蔵の凛としたこのような仕事振りには
1級の歌舞伎役者としての立派な職人気質(かたぎ)を感じずにはいられない。
明日で千穐楽。愛する家族が待ちわびてることだろう。


20170422151024fbf.jpg

劇場のすぐ近くには寛永7年に創業した「千鳥屋本店」がある。
少し買って帰るか。


20170422151048814.jpg

2017042215102684c.jpg

2017042215104727e.jpg
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

白黒を付けようじゃないか

今日もいつものバンドメンバーが集まった。
「題名のない音楽会」 と言うよりは、
「目的のない音楽会」 の方が言い当てている。
(もう誰もプロを目指してはいない)

久しぶりに大先輩である「我らがバンマス」も参加され、
早速我々は怯えながら夫々の奇妙な音を放ったのである。

今日もまたリハーサル曲数は延べ4曲にも及び、
その後はいつものように当たり障りのない世間話に
延々と2時間ほどが費やされた。
16時になって、全員、管理者であるオカアチャンの待つ自宅へと帰還した。


20170421185120d82.jpg

帰りの車内テレビでは福岡での3億8千万強奪事件について盛んに
報道されていたが、犯人も真相も未だ明らかとなっていない。

この事件に対しては警察は捜査を尽くし、
しっかり白黒を付けて欲しいものだ。

途中、車窓から犬を見た。


20170421185122e86.jpg

この犬は見事に顔を白黒にして決着を付けている。




」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

そんなつもりは毛頭なかった。

ゴルフラウンド中にお客さんと出会った。

2017042017512748e.jpg

201704201751259e7.jpg

ハクビシンだ。狸とは違う。


20170420175228750.jpg

近付くと側溝に逃げ隠れた。


2017042017513246f.jpg

暗闇の中で目だけが光っている。^^


20170420175128072.jpg

誰が鍋にすると言った。
そんなに怖がらなくても良い。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ウサギとカメとイノ

「体育の日」は10月にある。
運動会の時季は秋と思う人が多いかもしれないが、
最近は春に運動会を開催する学校が多い。

その理由は、熱中症と天候への対策と言われる。
9月10月はまだ残暑厳く、熱中症も心配だ。
また秋は台風や豪雨なども多く
天候が崩れがちだが、
春は比較的穏やかな天候が多い。

あんなに寒かったのに、
このところ20度を超える暑さだ。
桜の開花時期が異常に早くなっており、
ほのぼのした春の暖かさを感じる間もなく
東京でも連日、夏日となってしまった。
秋は年々紅葉時期が遅くなっているし、
12月になっても葉が落ちないケースも
当たり前となった。

まるで日本の四季は春と秋が消えて二季になりつつある。

クサガメだろうか。近くの神社畔で泳いでいた。


IMG_3119.jpg

IMG_3117.jpg

マー君のジャンプ力には目を見張るものがある。
ウサギみたいだ。
猪に飛び掛っている。
境内には注意書きもあるというのに。

IMG_3163z.jpg

IMG_3164.jpg

IMG_3165.jpg

今日はウサギとカメとイノのお話しであった。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

この女、許せん

術後7キロ減った体重は現在では再び元に戻っており、
ここにきて改めて健康に対する懸念が浮上して来た。


2017041620332825b.jpg

しかし、ここ10数年来、私は風邪を引いていない。
風邪だと思ったら30分おきに緑茶でうがいをする。
そしてたくさん食べ、たくさん着込んで寝る事だ。

そんな中、先日女将が風邪を引いてしまった。
体温計はちょうど38度を示していた。

もし、38度を超えると世界的に大問題となるところであった。
いわゆる北朝鮮問題である。

第2次大戦で敗北した日本の朝鮮植民地支配は終了し、
日本軍が撤退すると入れ替わりに38度線を境にして、
直ちに南部にはアメリカ軍が、北部にはソ連軍が進駐した。
こうして、韓国と北朝鮮という分断国家が独立することとなった。
そしてその後の朝鮮戦争は米ソの代理戦争であったと言える。
今日の北朝鮮問題は米ロの動向から目が離せない


今日も女将と居酒屋で少し飲み過ぎた模様だ。
タクシーを拾い、自宅前で料金を払う時になって
女将の口から出た言葉は極めて衝撃的で、
違和感を伴うものであった。

「運転手さん、百円足らないので少し待って下さい。家から持って来ます。ダンナを置いておきますから。」

(おれは100円の人質か)

このような挑発行為を繰り返すなどの出方次第では
私も抗議の構えを辞さないが、
この女は武力行使に踏み切る可能性もあるとみて警戒を強めている。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


土方となった女将

今日は晴天に恵まれ、友人とゴルフに興じた。

どうしたのか、女将が身を屈めて平伏している。


IMG_3072.jpg

IMG_3074.jpg

大きな不幸を引き起こしており、何度も脱出を試みる姿は誠に痛ましい。

学生時代の土方アルバイトを思い出さずにはいられなかった。

IMG_3075.jpg

その後、志賀島へ短い足を伸ばす。


IMG_3084.jpg

上野市兵衛商店へ。
店主はゴルフの上手な三代目。先日は見事に負けた。
たくさんの種類の一塩魚と干し魚が絶妙な塩加減でその日のうちに作られ、
店頭に所狭しと並んでいる。
いつ行ってもお客さんが絶えない老舗だ。


IMG_3083.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

名古屋入り

今回の名古屋行きは1時間ほどの面談のためだ。
日帰りの予定で新幹線で行くことにして最安の往復料金を調べた。

博多-名古屋間「のぞみ」指定席は往復割引で3万5千円ほど。
IC早得なら約3万円となるが早めに予約しないと売り切れで取れないことも多い。
今回は3日前の購入となるため適用は往復割引のみで二人で7万円となる。

ところが、このような場合、賢い買い方がある。
「新幹線ホテルパック」という旅行会社のプランを買うのだ。
1泊ホテル朝食込み指定席往復で一人2万5千円、二人でなんと5万円だ。

朝食付きホテルに泊まれてしかも更に2万円も浮くのである。
これで、夕食と土産まで十分に買える計算になる。
博多名古屋間に限ったことではなく、良く調べて旅行資金は有効に使いたいものだ。


さて、面談も終わり、夕刻よりその浮いたお金で名古屋コーチンを堪能した。^^


IMG_2996.jpg

IMG_3006.jpg

身は筋肉質で油がない・・・

IMG_3007.jpg

翌日は、ホテルで遅めの朝食を取りチェックアウト、
歩いて数分の名古屋ボストン美術館へ。


IMG_3010.jpg

歌川広重 東海道五拾三次展が開催されている。

IMG_3012.jpg

IMG_3033.jpg

IMG_3020.jpg

我々はどこから来たのか?
我々は何者か?
我々はどこに行くのか?

壁面にはゴーギャンが。


IMG_3036.jpg

この美術館は米国ボストン美術館との契約満了により来年閉館となる。
IMG_3034.jpg

広重を楽しみ、時間となったので帰りの新幹線に乗車した。
ほどなくして、トイレに行こうと席を立ち通路に出ると、
目の前にはグラマラスな女性客室乗務員が腰を振り歩いている。
私は彼女について行く形となり、車両のドアまで二人はたどり着いた。
自動ドアが開き、
彼女は振り向いて客室に向かってゆっくりとお辞儀をした。
彼女の真正面には私がいる。
私はどうしていいのか見当もつかず、
思わず彼女に対しゆっくりとお辞儀を返した。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



大分経由名古屋へ行く

名古屋で人と会うための所用が出来、急遽新幹線で向かう事となった。

割引が限られる新幹線の利用に当たっては徳な利用方法がある。
おかげで宿泊、料亭での外食、翌日の朝食、お土産代も事実上すべて無料となった。
これについては後日書きたいと思う。

名古屋へ出ようとした三日前に大分の先輩から電話があった。
いい食材が入ったので直ぐに来なさいとのことであった。
奥さんの素晴らしい手料理は忘れていない。
二つ返事で行きますと答えた。

先ずは予定の1日前に大分へ向かう。
満開の桜も予想された雨で散ってしまいそうだということで、
日中は名勝巡りとなり青の洞門、羅漢寺、深耶馬渓と散策した。
街中の路上に於いても桜の数が半端ではない。
紅白咲き分けの梅もあちらこちらで見ることができる。

夕食はテラスで BBQ、その後、石をくり抜いたお風呂に浸った。
浴室は母屋から出て別棟にあり一般的な一軒家分の広さがある。
明日、小倉駅から新幹線で名古屋へと向かう。

20170411145046e4a.jpg

201704111641015f0.jpg

2017041114501671e.jpg

2017041114501056f.jpg

2017041114501237f.jpg

2017041114511549a.jpg

20170411145116271.jpg

2017041114511820f.jpg

20170411145120298.jpgl

20170411145151f60.jpg

2017041114520656f.jpg

20170411153444db2.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


メンテナンス作業2日目

前回残したメンテナンス作業を今日行う。

20170407214152cad.jpg

リバースギアオイルの汲み上げ。

20170407214320315.jpg

201704072143227b2.jpg

ギアオイルの注入

20170407214323751.jpg

ギアフィルターの交換


20170408093448daf.jpg

クーラントの排水

IMG_2733.jpg

クーラントの注入

IMG_2734.jpg

なんとなくエンジン音も滑らかに聞こえるようだ。



夕刻、どこからか大きなヨットがビジターバースに着岸した。
作業が終わって御来訪の挨拶に向かったが既に誰もいなかった。


20170407214152171.jpg

20170407214325345.jpg

2017040721432453c.jpg

2017040721415105e.jpg

こんな幅広の大型ヨットを目にしたのは久しぶりだ。
ポンツーンから船尾がはみ出して収まらない。

きっとこのヨットのオーナーは、別荘を持ち高級外車も数台所有してエレキもこなし、
見た目もスラッとして背の高い俳優のような方ではないかと想像できる。

そういえば、最近、中☆さんからの音沙汰がない。



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

メンテナンス作業1日目

今日は1年ぶりに艇のメンテナンスを行った。
今月は進水して初めての中間検査も控えている。

交換に必要な消耗品は、

1、 さびガード
2、 エンジンオイル
3、 オイルフィルタ
4、 バイパスフィルタ
5、 クランクケースベンチレーションフィルタ
6、 燃料プレフィルタ
7、 燃料ファインフィルタ
8、 エアーフィルタ
9、 海水ポンプインペラ
10、クーラント
11、エンジン犠牲アノード
12、艇体犠牲アノード
13、リバースギアオイル
14、リバースギアフィルタ
15、ワイパー
16、ワイパーアーム


201704051821313b0.jpg

まずは、最も簡単なエアフィルタの交換

20170405182136b96.jpg

吸入口よりエンジンオイルを汲み上げる。

20170405182134121.jpg

吸引は強力なオイルポンプで行う。

20170405182132f11.jpg

オイルフィルタの交換

20170405182206452.jpg

ベンチレーションフィルタの交換。
排出規制の厳格化により必要となったブローバイフィルタ。


2017040518220543b.jpg

エンジンオイルは20リッター

2017040518220942e.jpg

5回に分けてエンジンオイルを注入

20170405182217c22.jpg

燃料フィルタの交換と分水センサのチェック

20170405182257085.jpg

プレ燃料フィルタ底の水と汚物の排出

20170405182258164.jpg

プレ燃料フィルタの交換

201704051822599ad.jpg

2か所あるエンジンアノードの交換

20170405191708d01.jpg

元のサイズの3分の1以下で交換だ

20170405182357d80.jpg

海水ホースとポンプハウジングの清掃。
ここにはグリセリンを塗布する。石油系は厳禁だ。


20170405182356419.jpg


インペラの交換。これがメンテ最大の重労働。なかなか外れない。
Oリングが断線しており漏水の恐れがあった。


201704051823599b0.jpg

劣化ワイパーの交換。今回アームは注油で済ませ交換しない。

20170405182332f58.jpg


今日はさび止めの塗布と、クーラント、ギアオイルの交換作業まで手が回らず後日に行う事とした。
帰宅して風呂に入り、労働に感謝してビールを飲む。

ああ、神よ、
犬の散歩の他にも、
再び私に何か仕事を与え給え。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」





再び浮浪的無産者となる

創立5周年を迎える節目に、
発起人である専務と共同で設立した会社を3月末で退任した。
当初は例にもれず人材育成や組織作りに苦労したが、
なんとか順調にここまで来て今では組織も確立し安定軌道に乗った形だ。
振り返れば、専務は気を遣っていたのか私にあまり相談事もできなかったようだが、
彼としても随分と悩みや苦労を抱えながらの試行錯誤の連続だったのではないか。
今では隙のない盤石な礎が築けたと思う。
晴れてこの日が迎えられ前途有望な彼へ無事に社長をバトンタッチできた事は感慨深い。


IMG_0292.jpg

みなさん、大変お世話になりました。
今後は新社長と社員の皆さんの活躍と会社の発展を陰ながら見守っています。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=

↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


虫が騒ぐ

欲求が掻き立てられて落ち着かなくなり、
気がハヤって居ても立ってもいられなくなってきた。

いやいや、女性を求めているのではない。

以前、少しの間乗っていたキャデのコンコの事だ。
リアのホイルハウスのスカートがたまらなくいい。
20年経ってまたこのクルマが欲しくなってきた。

キャデはロールスロイスやベンツと並び世界を代表する高級車ブランド(であった)。
90年代のキャデらしく、堂々たるフルサイズであり、
乗車定員は6名で室内は広く足下の広さも特筆ものだ。
アメ車特有の乗り心地だが柔らかでふんわりとしてハンモックで揺られているようだ。
(最近のクルマは足回りが固いので腰が痛くてしょーがない)

搭載エンジンは4.6L V8DOHC、アルミ製ノーススターであり、
ステアリングは非常に軽く、動き出しも軽やかであり、
エンジンブレーキがかからないので走行中アクセルを離しても、
ガラスの上の氷のようにスーッと滑らかに走る。
まさに夢心地の気分になれる。

果たして今の世の中、
現行車でこういった独特の世界観を持ったクルマが存在するのだろうか。 


あまり、大きな声で(字で)は 言えないのだが(書けないのだが)、

「乗り心地」をキーワードにAV検索していたところ、
程度の良い極上中古車がヒットしたのである。

96年製ヤナセディーラー車、僅か2万5千キロ走行、78万円也。
3.4メートルの愛車タントを売って、
一転5.4メートルのキャデラックへと乗り換えたい。

(背が高くなったので、クルマも大きくしなきゃね)




kyadeu (2)

kyadeu (1)

kyadey.jpeg

kyadet.jpeg


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

| ホーム |


 ホーム