FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

坊主頭とタクティクスとエロイカ

40数年前の学生の頃はゴルフには全く無縁、無知であった。
最近のような幼少期からのゴルフ英才教育もなかったであろう時代だ。
しかし、ゴルフウェアだけはいつも着用していたことを覚えている。
当時はゴルフウェアというよりブランド品として愛用していた。
(購入資金をどうやって調達していたかは定かではない)

とにかく、ワンポイント刺繍物が流行ったものだ。

ゴルフパラソルはレナウンのアーノルドパーマーであり、
ゴールデンベアは小杉産業のジャックニクラウスであり、
それらブランド名が実は当時世界のトップゴルファーの名前であったと知ったのは社会人となってゴルフを覚えてからだ。
他にも、
ペンギンはデサントのマンシングウェアであり、
クロコダイルはヤマトインターナショナル製だった。

そして、坊主頭を資生堂タクティクスで塗り、首にはカネボウエロイカを振って買いに行くショップは、
VANであり、JUNであり、TAKARAYAであった。
当然普段はカネもなく、それら整髪料がなくなりかけたら水を補給して容量を維持した。

あるとき、自宅の私の部屋に同級生が遊びに訪れた事があって、
透明の瓶に入った貴重なヘアトニックを勝手に使われたことがある。

私は激怒し、彼が帰ったあと、また水を補給すべく瓶のふたを開けながら悔し涙を流した。
「また薄くなったやんかっ・・・」
よくよく見てみると瓶の中にはおびただしいほどのカビが浮いていた。
この時は、勝手に使った同級生に対し、「はっはっはっ、ザマーミロッ!」 と思ったものだ。
悔し涙がうれし涙に変わりほほを伝う涙が虹色に光った。
(ああ懐かしいガキの頃の思い出・・・)


takute.jpg
eroi.jpg

今朝の新聞では、キングと呼ばれたゴルフ界往年のスター、アーノルドパーマーが天国へ旅立ったと報じられた。
黒人のプレーを認めさせたり、世界中で200、日本でも20ものゴルフ場の設計にも携わった。
そして300億円を上回るツアー賞金と放映権料をもたらす礎を築いた偉大な功績者でもあった。
前述の傘のワンポイントを着て見栄を張っていた時代に思い出が深い。

今日も笑えない・・・



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


再び家造り-解体3

解体も順調に進みホッと一息ついたところでひとつ問題が見つかった。
隣地のブロック塀がなんと11段も積まれていたのである。
現在では耐震上、5段以上は積むことができない。
しかも、鉄筋も入っていないと推測され今後倒壊によりこちらの建築物が損壊を受ける恐れがある。
脅かすように先ほど各地で地震も発生した。
5段より上のブロックは全て撤去させて頂き、代わりにフェンスを設置するなど対応を相談しないといけないだろう。
費用はこちら負担とならざるを得ない。
グスッ 今回の記事は笑えないわー。


DSCF3066.jpg

「なな」がやってきたYAH!YAH!YAH!

我が家にお客さんがやってきた。
マー君は、「誰が来たのよ、おれの家に」 といった顔をしている。


DSCF3036.jpg

これはこれはマー君のいとこのななちゃんではないか。
お座りができるの、おりこうさんだねえ。


DSCF3017.jpg


髭のお爺さんのようだが女の子でまだまだ4か月の赤ちゃんだ。


DSCF3016.jpg

ウサギのようにも見える。

DSCF3029.jpg

私に似て内気で照れ屋ではにかみ屋で恥ずかしがり屋のマー君は静かに背を向けひっそり身を隠している。


DSCF3047.jpg

マー君よ、
君のその人見知り(いや)犬見知りの発現は、社会性と共に感情が情動から情緒へと移動している事を示す発達の指標である。

DSCF3059.jpg

え?知るか?

(ナンジャコラー!イヌゥー!)


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします




再び家造り-解体2

解体作業も終わりに近付いてきたが、
重機による効率のいい生産性をまざまざと見せつけられた。
青の洞門ではないが、私がスコップ一つでやってたら30年はかかるだろう。
ていうか1か月後には他界している。

更地となった土地を見ながらこの97坪の土地に建物をどう配置するか考えている。
適当に決めるのではなくここは十分に検討しておく必要がある。
土地は、北西側が角地となっているが、
角地側を駐車場にすると交差点であるがために車の出し入れに用心が必要となり、
危険で疲れそうだ。
間取りについては午前中の東南の日が寝室やリビングに燦々と降り注ぐようにしたいし、
しかもリビングは海側に面して広く大きく開口し風呂も開放的に配置したい。


DSCF3015.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


重さは450兆グラム

日銀は国債や投信の保有残高を450兆円以上積み上げ膨らませている。
国債に関して言えば発行済み国債の3分の1を既に抱え込んでいるのだ。
日本の借金は1000兆円を超えているが、450兆円とは恐ろしい金額だ。
(つまり1円玉が450兆個。重さに換算すると450兆グラム。え?当たり前?)
そしてそれらの購入は金融緩和(=つまりお金の増刷)により作られたお金でなされた。

もう打つ手に乏しい日銀は今回、長期金利の目標を設定しコントロールする枠組みを導入したが、
しかし、中央銀行がマーケットを操作することは困難と言われる。
昨日の株価は300円プラスで反発したが、明日は円高と昨日の反動で大幅安かな?
住宅ローン金利に影響があるかどうかはわからないが、
そろそろ工務店を決めて着工しようかと思う。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


そんなハズは無いハズも無い事も無いハズだ

台風の上陸から一夜明けた今日、引き籠り中の私は久し振りに家の外へ出て両手を上げ深呼吸した。
とてもすがすがしい。
横目でチラッと愛車を見た。
ちょっと待て、そんなハズは無いハズも無い事も無いハズだが、

自宅の駐車場にあるハズのクルマが忽然と消えているではないか!!

アレマ。
盗難は初めてだ。ついにやられてしまった。
○| ̄|_ (ガクゼン)

女将を呼び110番へ架電を指示したところ、
3日前から焼鳥屋の駐車場に停めたままじゃないの?と言う。

代行で帰ろうかとクルマで行き、
そのクルマを忘れてタクシーで帰ってきた事が思い出された。

早く言わんか、バカタレが!
呑気モノと健忘者、どうしたもんじゃろのう。



跳ね上がった駐車料金を支払った後、建築予定地の解体現場へと向かった。

DSCF1008.jpg

ん? 壊された屋根裏の棟木に板が張り付けられ、筆で書かれた文字が見える。

DSCF1018.jpg

更に近付いて見てみると、

DSCF1015.jpg
DSCF1016.jpg

築後50年を超えている。
この建物は釣り好きなかつての著名な名士の別荘であったと聞く。
この家で繰り広げられたであろう釣り仲間との歓談の様子が偲ばれ、
解体もためらわれるのであった。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします





トンズラ母ちゃんを呼び寄せたい

東京都の豊洲市場問題。
特別公務員だからと言って月に2、3日しか出勤していなかったと言われる石原慎太郎は、
当時の都知事という監督者であったにも拘らず、、
テメエの責任を棚に上げてこの問題を都職員が腐敗している事が原因だとコイた。

彼のこのような意気地のない卑怯な人間性は置いとくとして、
そもそも環境基準や建築基準と言ったこのような専門的な事は、
やはり専門家でないとわからないというのが世の中だ。
いくら先生と呼ばれる議員や役人であってもどうにもチェックのしようがないのである。

じゃあ、どうしたらいいのか。

私に聞かれてもわからん。

一般の消費生活の上でも特に最近の商品は非常に専門的で
お店の売り手ですらわからないことがよくある。
商品を作ったメーカーの技術者、開発者でないとわからないことが本当に多いのだ。
経済的不利益を少なくするには消費者は勉強するしかない。
「今回は授業料だ」なんて言っていたら、お金はすぐに無くなってしまう。

海に面した隣地を譲って頂き、我儘な高齢の母との2世帯同居のために住居の建て替えを計画している。
(現在、本人は駅前の便利なとこにトンズラしているが)

プランの条件は、
○将来の高齢化に備えたエレベーター室床下基礎と大幅な改築が不要な間取り
○寝室とトイレ浴室との隣接
○午前中の南からの日当たりと風通しが得られ海に開いた掃出し10メートルほどのLD
○朝日が十分に差し込む寝室
○リビングと寝室に接する夜間ライトアップされた植栽のある中庭
○半畳ほどの愛犬の部屋
○視線を気にせず海が見える露天的な浴室
○視線を完全に遮りながら裸で出れるバルコニー
○ソーラーパネル搭載

上記をすべて満足できる図面がなかなか現れない中、
ある1社がひょんなことから訪問、提案して来た。
大きな建物ではないが、なんと上記の要望を全て満たしているではないか。
家は時間をかけて検討すればするほどいい家ができる。
間取りは、決められたスペースの中での一種のパズルの組み合わせゲームだ。
プランについては焦らず検討していきたいと思う。
とりあえず古屋の解体が今日から始まった。(台風が心配だが)


DSCF9149.jpg


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


オムツも一つのファッション領域にある

旬の翡翠銀杏、生たこ刺し、広島菜の細巻・・

P9090092.jpg
P9090101.jpg

昨晩は最近馴染み深くなった鮨店で少々飲み過ぎたようだ。
汚い話だが、まだまだ術後の後遺症として失禁は続いており、
特に酒を飲むと緩むので早めに引き上げた。

帰宅して、早速オムツの交換をすべく
脱衣場にあるオムツ置き場に行くとなんと新しいオムツが用意されていた。
ブルーとピンク柄で装られた清々しいデザインのオムツだ。
最近私は、オムツも一つのファッションの領域にあると捉えており、
女将のこのさりげない心遣いを嬉しく思った。


DSCF9097222.jpg


そこで、このオムツを早速我が股間にセットして床に就き、
快い装着感を楽しみながら深い眠りに落ちたのである。

が、

翌朝、女将は、私が装着していたこのニューカラーのオムツに気が付き、
腹を抱えて笑っている。
確かになんとなくフィットしてない感は否めない。
その時女将はそれ以上言及することはなかった。

そして、午後から愛犬マー君と出掛けようという時になって初めて
事の問題に気が付かされたのである。















DSCF9101.jpg
DSCF9096.jpg

あのな、
犬のオムツを同じところに置くなと言いたい。





」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


セレブのお店誕生の噂が・・

9月2日には日銀が超長期国債の買入れを見送ったと報じられている。
黒田日銀総裁は、追加緩和について量の拡大もまだ十分可能であるとして
限界論を否定したが、市場参加者は、「はしごを外された」と受け止め国債の売却に走った。

いま行われている異次元金融緩和は、
国が発行する国債のほとんどを日銀が買うという異常な事態になっている。
そして民間銀行は急ピッチで国債を手放している。
また、それを放置できないのでその手放した国債をまた日銀が買うという
繰り返しになっている。

まさに自分の足を自分が食うという異状な事態となっており、
その行き着く先はハイパーインフレしかないというのが経済学者らが説くところだ。

果たしてハイパーインフレともなれば物価が著しく上昇し
お金の価値が恐ろしいほど下落する。
たとえて言うならば、「100円ショップ」が「100万円ショップ」となることを意味する。

誰もが行ってみたくなるセレブのお店100万円ショップ

しかし、セレブって100万円持って買い物など行かぬよう忠告しておく。
店頭に並ぶ商品は今売られている100円の商品ばかりなのだから。
くれぐれも誤解の無いようお願いしておきたい。
(わかっておればそれでよろしい)


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします




今夜接近に大きく募る不安


強い勢力を保ちながら我が家に接近中の母ちゃん(近所で一人暮らし中)は、
先ほどの私との電話口論で記録的な大声を発するなど引き続き猛威を振るっている。
先日の病院での聞き違えの事で本日改めて再び口論となってしまい、
「今から行くけん待っとれーッ!」
と言われて電話をブチぎられたのである。

交通機関の運休が相次ぐ中、19時現在母ちゃんは南南西2キロの陸上にあって時速4キロで我が家に進んでいる。
極めて気性が激く暴風域を伴って30分後には我が家へ到着する恐れがある。
気性庁は、横殴り、放水、フライパンの散乱など災害に十分警戒するよう呼びかけている。

私は、ため息をつきながらふっとベランダを見やった。
そこには台風接近中の暗雲の中、幻想的なサンセッットを見ることができた。
本当に景観のいい家だ。しかし、ここに住むのもあと1年ほどだ。
こんな喧嘩ばかりしている母ちゃんだがそろそろ面倒を見ていこうかと思っている。
今のこの家では手狭なので売却し新たに2世帯住宅を設計中だ。

たった今避難勧告が発せられた。ブログどころではない。避難する。


DSCF9076-1.jpg


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


本当に蝉だったのか芭蕉に聞きたい。

朝からセミの大合唱で目が覚めた。
「ミーミーミーミーミー・・・」

「少しうるさい気もするがこれが夏の風情だ。なあ、オカミ」、と同意を求めると、
「セミはいま鳴いていない。アンタ不思議ね」、と言われた。

どうも最近悩まされている耳鳴りが原因のようだ。
恐らくドラムで耳を悪くしたのだろう。

閑かさや岩にしみいる蝉の声・・・

芭蕉は本当に(蝉の声)を詠んだのだろうか。
セミの声を聞きながら閑かとは矛盾するではないか。
結局、彼も耳鳴り持ちであったと私は推断したのである。

朝食を終え、母を病院へと連れて行った。
食欲旺盛により足回りに対して過積載重量超過となっており股関節がかなり傷んでいる。
明らかな道交法違反であり、検問に引っ掛かる事など無きよう十分注意をお願いしたい。

病院の待合室で待っていた母は、マイクで呼ばれた自分でない人の名前に、「はいっ!」、と大きな声で答えた。
「母ちゃん、今呼ばれた人は男性の名前だったでしょうが!」
同じく耳が悪くなった母ちゃんを私は温かいまなざしで見守りながらも震えるこぶしを握りしめていた。
そして、今、武田鉄矢のあの歌を思い出しながらこのブログを書いている。

「♪ いばぼ、聞こえる、あのーお袋の声、僕にジンシェイをおそえてくれたーあー、優しいオフクロ~♪」

いや、まだご健在である。
ここが終われば二人仲良く雁首揃えて次は耳鼻科に行ってみよう!^^


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


| ホーム |


 ホーム