ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

全国亭主関白協会について

かつてトランプ氏は、大統領に就任した場合日本の核兵器保有を容認する考えを示したが、日本には言うまでもなく、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という三つの原則からなる日本の国是「非核三原則」がある。トランプ氏の発言はいかがなものか。話は180度変わるが、私は、全国亭主関白協会の歴とした正真正銘の正式な由緒正しい会員である。しかも4段なのだ。その証↓「そもそも関白とは、天皇に次ぐ2番目の位であって...

続きを読む

持ち込み禁止条例

リオデジャネイロオリンピック競技大会に向け、本日、チラシを見て近くのスィミングスクールへ体験入学した。そのプールに、個人的物品を持ち込んだところ、規則違反であるとして厳しいお叱りを受けてしまった。普段の生活で使い慣れている愛用品であっても、施設によっては持ち込みを禁止しているところもある。反省し、以後気を付けたい。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓押せば命の泉沸く↓押せば免疫力が...

続きを読む

楽しいオッサンの会

一昨日はまったく面白くないゴルフであったが、昨日はボート仲間と楽しく飲むことができた。やはりボートやヨットの話しとなると盛り上がってついつい遅くまで飲んでしまう。昨日は2時間半程度の和気あいあいとした語らいであったが、その前の集まりの時は、4時間という長丁場の議論を戦わせたものだ。^^(但し何をそんなに話したのか、ほとんど皆記憶がない)次回は航進丸船上にて宴会を行うことを議決して散会した。ところで、...

続きを読む

安心して自然界へ戻る

PSA(前立腺特異抗原)検査では前回と数値に変わりがなく、ほっと胸を撫で下した。癌治療に関しては、仮に「完治した」と言われたとしても、100%安心ということはなく、5年後10年後もっとそれ以降にも癌が再発するという可能性がゼロではない。それゆえ、癌を患った人にとっては、癌との闘いは一生続くといった現実に折り合う必要がある。いつもはお山生活をしている私だが、検査のために久しぶりにこの都会へ出掛けてきた。病院...

続きを読む

人生の密度(1)

近所の若手二人を連れて釣りに出掛けた。今からの社会を担う頑張り屋の二人だ。次第に釣れなくなったので大島へ上陸し喉の渇きをいやした。この暑さに、その後、海に飛び込もうかとなった。気持ちがいいのか、いつまでもこの若手二人は船に上がろうとしない。私にとってはボーッとした無駄な時間であり、ついに彼らを海上へ置いて帰ることにした。サヨナラ~最近は若い人とあまり交流がなかったが、こうやって一日一緒にいると彼らの動...

続きを読む

人生の密度(2)

今日は太刀魚釣りへ。こんな錆びたフックを使うから当然大物をたくさんバラした。7トンもの船を動かし、結局、このスレンダー1匹だけだったがこれで晩飯にはちょうど良い。経営を離れ釣りばかりやっているが引退してもう8年が過ぎた。年を取って過去を振り返ると、時間が早く感じられる。先日の話の続きであるが、本川達雄先生は著書の中で、「時間とは、その流れの中にいる時と後から振り返って思い出す時では感じる速さが逆に...

続きを読む

1円パゲがツルッとできた

この鬱陶しい季節、空に立ち込める暗雲、ジャングルのような草いきれ、陸の蒸し暑さ、そして、象の声・・。いきなり朝から、100デシベルをゆうに超えたと思われるような象の声、「パオーン」が聞こえて来た。「耳の後ろあたりに1円玉大のハゲがツルッとできてるよーーっ!」女将が指さし、症状に気が付いた。やはり剥げたか。最近の情勢に於いて、安保法制と改憲論議の行方を強く懸念していたため心労が絶えなかった。参院選の...

続きを読む

ここにも円形脱毛症が

昨日のラウンドのパートナーはMさんご夫妻だったが、ゴルフ場へ着くや否や、一瞬自分の目を疑わざるを得なかった。そのMさんと私は上から下までまったく同じ色合わせ、出で立ちだったのである。ザたっちみたいだ。このゴルフ場は、先般プレイフィを値上げし客足の激減を招いているゴルフ場である。ゴルフ場で生活する芝の皆様方の心痛もいかばかりかと察した。よく見るとこちらの芝もまた円形脱毛症を患っていたのであった。ゴル...

続きを読む

酒ときれいな女

今日は、船釣りは初めてというヨットマン高原氏を誘い、かっこいいところを見せてやろうと釣行に挑んだ。釣りから戻り、その晩、私は約束していた旧友やまちゃんと飲みに出掛けた。お店では彼がキープしていたボトルがテーブルへと運ばれ、今日はこれを飲む事にした。二次会は近くのカラオケスナックへと場所を移し久しぶりに歌った。歌い終わると、頭上のディスプレイに表示された採点画面は38点を示し、いきなり波乱の展開とな...

続きを読む

自動運転による飲酒運転?

最近ではゴルフ人口も益々減ってきたように思う。どこへ行っても高齢者ばかりだ。高齢者にとって楽しいゴルフとなれば、やはりエージシュートが期待できるような易しいゴルフ場が今後は望まれる。池は埋め立て、バンカーはボールが入っても弾いてくれるようにモルタルで固めておく。グリーンはスリバチ型に改造、グリーンにボールが乗ったら自動的にカップインする構造とする。ショートホールでは、ワンオンしたら即ちホールインワ...

続きを読む

ロシアのコーチ、トイプーチン

先日も書いた通り、リオ五輪10メートル犬かきに表彰台が期待されている私であるが、更に技術力を強化するためコーチを招き、ボートを出して静かな海域に入水した。コーチはさすがに本場の大ベテランであり、その指導力も大いに期待できるものだ。ところが、なんとコーチは、「やっぱり帰る」 と言い出した。もう私もやる気を失い、船上は深いため息に包まれた。ようやく日本の犬かき競技が目覚めつつあるのに、これでは近代五輪...

続きを読む

佐賀の七つの島巡りへ

大島方面へ進む航進丸を遠くより見送って、佐賀の7つの島々を巡る日帰りクルージングへと出発した。まずは、宝くじの島、高島へ。七つの万葉の碑で知られる神集島へ。七ツ釜へ寄る。昔は鯨、今はイカの小川島へ。民宿小川島へ。2本目。3本目。おひとりで4本お召し上がりになられた。 触らぬ神に祟りなし。百済の武寧王生誕の加唐島へ。女将は安息の闇へ深い眠りに入った。全島民がキリスト教徒と言われる松島へ。かつての馬の...

続きを読む

海にネズミはいないという事だけは理解してほしい

最近はJiが悪化しており座り辛い。そこで思い立ったのだ。左手に大島、右手に勝島を見ながらその先、地ノ島へと向かった。↓勝島地島が見えてきた。ここ倉良瀬は、暗岩、洗岩が多く、航行には非常に危険な難所だ。泊港へ入港する。泊港東側から陸に向かっては暗岩によって白く波立っており、ここを通れば座礁する。港はタコ壺だらけだった。本能によりタコ壺の中に入ろうとしたら女将が止めた。「ヤバイぞっ!」あわや、住居不法...

続きを読む

無念の釣り

今日は長潮前日、最後の小潮。早朝4時より数人の仲間と小呂島へ向かう。この潮では釣果はあまり期待できないが、それでもやはり少しは期待している。真夏ということもあり場所によっては小潮と言えども潮が大きく動く。風はそれほどでもなく、シーアンカーも出してはいるのだが、重いヘッドですらラインは真横に流れていく。それでも少しずつアタリは出ており、何とか今晩のメインディッシュを高級魚で飾れそうな感触は得ていた。...

続きを読む

ローコスト避暑地での「コツン」事件

今やブルジョワジーにもプロレタリアートにも属さないただのLumpenでしかない私であるからこそ、この平日に避暑地と呼ばれる平尾台、千仏鍾乳洞まで散歩に出掛けたのである。千仏鍾乳洞に通じる階段はかなりの距離があって散歩にもほど良い。洞窟の入り口は蒸し暑さがあるが、中へ入ると次第にひんやりとした空気が漂っていてまさに別世界だ。順調に歩いていると、ある事件に遭遇した。前方から折り返して来たスラッとした学生らし...

続きを読む

彼は最上位捕食者オカアチャンに飲み込まれる

この時期らしいベタ凪だ。今や、浮浪的無産者であるワタクシは、会社経営していた頃に働いてもらっていた社員を同行して今日も釣りに出掛けた。その社員は、2時間ほどで船酔いし今日は早々と撤収せざるを得なかった。(バカチーン、昔から相変わらず段取りが悪いやっちゃ。酔止めくらい飲んどかんかい!).このような彼は10センチのアラカブ1匹のみにとどまるといった貧しい釣果であった。当然リリースさせたのだが、「え?マジスカ?」と...

続きを読む

都民の男性諸君へお悔みのコトバ

今回の都知事選では初の女性都知事が誕生しようとしている。この選挙では、石原慎太郎による「大年増の厚化粧の女に任せるわけにはいかない」発言に驚いた方も多いのではないか。過去の「女は閉経してしまったら子供を生む能力はない、ババアは悪しき弊害」発言も記憶に新しい。こういった女性蔑視の発言が彼女の当選を後押ししている。果たしてこの老人は若い頃から女にフラれてばかりのモテない男ではなかったのかと思いを馳せて...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。