FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

灯台下暗し

雨が上がり、午後から出漁となった。

メンバーは、指を怪我している別府さん、ショーキ君と私の3人である。
とりわけ別府さんは、オーシャンフラッシュジグを持ち込んで意気込んでいたのだったが、
結論から申し上げると、別府さん=ベラ1枚、ショー君=三振、私=5枚の釣果であった。

別府さんの指が痛々しい↓


P1050303.jpg

試合終了後、寝てしまったショーキ君。今日は負け投手となってしまった。

P1050301.jpg

これ、ぜ~んぶ、わたし。
ところで、別府さんの指包帯が抜け落ちたようだ。
みんなで探したが結局見つからなかった。
どこへ行ったんだろう。今後は船内にも救急用品として備えておく必要性を痛感した。


P1050304.jpg




P1050300.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

オバマ大統領、ごめんね

P1050297.jpg

広島へ向かうオバマ大統領の乗ったヘリがテレビの映像で流れている。
歴史的この事実に当たって色々と議論はあろうが、今回、私は実に残念でならない。
事前にホワイトハウスより内閣府を通して私に依頼があったヘリの運転は、結局断念せざるを得なかったからだ。
ヘリの運転免許証は確かに財布に入っていた。しかし、どうしても見つける事ができなかったのである。

オバマ大統領は献花後演説を行った。
トランプに対するアンチテーゼだ。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

サミットは任せた

日本で主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催された。
特に、中国の南シナ海での海洋進出については各国より懸念が示されるはずで、
釣りのポイントについてもそれが一体どの辺なのか、
エサは何がよく釣れるのか等々、
幅広く釣り談義が行われるものと思われる。

本日、我々はサミットに呼ばれなかったからとは言え、早朝より実戦の釣りに勤しんでおり、
国民の皆様には心からお詫びを申し上げたい。

ところで、このサミットに参加する女性は、唯一ドイツのメルケル首相だけであるが、
彼女は世界のリーダーの一人としての存在感を十分に見せ付けた。
因みに、「ファーストレディ」とは、国家首脳の夫人を指す言葉であるが、
メルケル首相のように国家首脳が女性でその配偶者が男性の場合は、
「ファーストジェントルマン」と言うのだそうだ。
私もその意味では「ファーストジェントルマン」であり、自分でも誇らしげに思っている。
その私の主人が、今日の釣りでもやっぱりリーダーシップを発揮した。


P1050276.jpg

ビッグなアコウだ。フックは、校門に掛かっている。

P1050271.jpg

P1050272.jpg

ビッグなマゴチだ。今度は頭に掛かっている。

P1050274.jpg

ビッグな真鯛だ。サイズはナナマルを超えている。
誰だ、首相に対して7センチと言ってるやつは。


P1050280.jpg

P1050286.jpg

P1050287.jpg

小さく痩せたカナトだ。私はこの1枚のみだった。
P1050284.jpg

いつもの鮮魚店に持って行き捌いてもらった。帰って袋を開いたらその中にカナトは見当たらず、捨てられたようだ。
選挙いや、鮮魚資金規制報告書にはカナトは当然含まれており、場合によっては第3者委員会を設置して調査したい。


P1050291.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

今日は大学講義の日

近年、数々の企業がグローバル化を促進し、また我が国の観光国化が進む中に於いて、
英語の必要性が日増しに高まってきている。

THIS IS A PEN、
今日の講義ではこのような高度なセンテンスに於けるボキャブラリーとそのエクスプレッションについて学んだ。

今までは、東京大学本社まで日帰りで通っていたが、
今年からはこちらにも東京大学博多営業所ができたことにより、通学は随分と楽になった。

THIS IS・・・・、今は、なんとかついて行っているが、これ以上難しくなれば中途退学も辞さない。

P1050267.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



あわや墜落

私は米連邦航空局でライセンスを取得したヘリのパイロットでもある。
ハワイ島のカイルア・コナ空港は「ClassD」という交通量の穏やかな空港でもあり今回の旅行でも自家用ヘリでフライトした。

ところが、このフライトにおいて大惨事を引き起こすほどのエンジントラブルが発生したのである。
空中静止の状態を続けていたのだが、このホバリングは危険な行為である。

「ドドドド」 とエンジンは振動を伴いながらすぐにでもエンストしそうな状況であって、
次第に高度を落としオートローテーションで何とか着陸させようと懸命に努力していたのだが、

次第に意識も朦朧となってもはやこれまでと思ったまさにそのとき、


heri.jpg

愛犬のマー君が足で首を掻いている姿がおぼろげに見えてきた。



P1050215.jpg

P1050247.jpg


私が寝てるベッドの上でマー君が首掻きをした事によって、「ドドドド」 とベッドが揺らされ、私は完全に夢から目が覚めた。

私はすぐにベッドから飛び起きて足をもつれさせながらバッグのあるところまで飛んで行き、
財布の中身をひっくり返して探したが、ヘリのライセンスはそこにはなかった。
あるのはビックカメラのポイントカードと病院の診察券だけであった。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



ビッグアイランド7日目

早朝にチェックアウトしてコナ空港へと向かう。
ハーツへレンタカーを返還し、ハワイアン航空のチェックインカウンターで荷物を預けようとしたが、
スーツケースの計測で26キロとなり、3キロオーバーのため50ドルの超過料金を払えと言われる。
その場でスーツケースを開け、3キロ分をゴルフトラベルバッグへ詰め替えたが、そのとき大衆に対し下着が露呈した。

その後、セキュリティゲートへ進んだのだが、人体Xレイでひっかかり、拘束される。
オフィサーまでが出てきて、ダブルチェックすると言う。
どうしてダブルチェックの必要があるのかと聞くと、
Xレイによって映された股間に異常な膨らみが見られ、何か隠していると疑っている。
横では女将が笑っている。

全身をさんざん触られまくった後、ちょっと部屋まで来いと言われ、3畳ほどの部屋へ入れられた。
笑っていた女将が不安顔に変貌した。
私も、ここまでくると少し抗議の準備を始めなければならない。
しかし、昨今の世情も鑑みるとこのような厳格なチェックも致しかたなかろう。
私は、病気である事を告げた後、彼らの不意をついて突然パンツをドーンと下げ、思いっきりブツを露出させた。
そこには、恥ずかしそうに身を隠していた秘境の尿漏れパッドが初めておおやけにさらされた。


P1050205.jpg

それを見た検査官たちは大きくうなずき、OKと言ってこの国家的ミッションを完遂させたのである。
一方、私は多少の被害者感情を示しておきたく、この尿漏れパッドを手に取って匂いそして笑って見せた。
検査官たちは怪訝そうな顔をして目を背け、これが私のささやかなる抵抗であった。
ハハハ、ザマミロッ


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ビッグアイランド6日目

女将、マリンショップにて20ドルで麦わら帽子を買う。
今日は各地のハーバーやビーチへドライブした。


P1050041.jpg

P1050122.jpg

P1050119.jpg

ビーチに入ると、女将が絡まれている。
「おっ、どこで買うたん、その麦わら。つばが広いやんか」
左側のおっさんの大きな声が聞こえてきたので私は拳を握り締め身構えた。
まん中の男は、「オレは関係ねえ」と下を向いている。
私が女将を置いて逃げようとしたその時、右側のおっさんが慌てて近づき戒めた。
「おいおい、やめとかんかい」
トラブルは回避された。

(絡まれる女将↓)


P1050150.jpg
P1050164.jpg
P1050169.jpg
P1050123.jpg

ここは、マグロ釣りのメッカだ。

P1050130.jpg

先ほど因縁を付けられたこともあって、むしょうに腹が立っており、誰かに八つ当たりしたくなった。
コイツに言ってやろう。
「ハゼ、釣れた?」


P1050152.jpg

やはり、言えなかった・・・。

帰る途中、マウナケアコースのゴルフショップに立ち寄って、キャスター付きトラベルバッグを買った。

P1050162.jpg

P1050117.jpg

予約の時間になったので、コールズレストランへ行き、アナエホマル湾のサンセットを見ながら夕食を取った。

P1050183.jpg

P1050189.jpg

買ったトラベルバッグへキャディバッグと衣服などの荷物も詰め込んだ。
今まで使ってたものは2輪であったが、これは4輪だ。ラクチンだろう。
早いものであっという間に時が過ぎた。明朝の飛行機で帰国する。


P1050201.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


ビッグアイランド5日目

朝風呂のあと、ラナイに腰かけ貿易風の心地良い風に当たりながら、
毎朝欠かせない失禁抑制剤、軟便整腸剤、漢方薬その他サプリ等、8種類のクスリの味わいを楽しんだ。
至福の時だ。但し、絵にはなっていない。


P1050021.jpg

さあて、クスリを飲んで元気も出たのでそろそろ出掛けるとする。
19号線を空港方面へ南下、ハイラナニストリートより入ってミセスバリーズクッキーズへと車を飛ばした。


P1050039.jpg

(こうやって見ると私のおなかも随分小さくなったもんだ)

P1050037.jpg

その後、私のセカンドハーバーであるホノコハウマリーナへと向かった。
毎年ここで行われるハワイアンインターナルビルフィシュトーナメントへ参加しているため、
ここに私の大型クルーザーを係留している。
久しぶりに愛艇と会うことができたが何事もなく安心した。
豪華クルーザーなので日本にいても心配が絶えない。


P1050047.jpg

ハーバーに併設しているレストランで昼食を取る事にした。

P1050050.jpg

P1050052.jpg

店へ入るや否や、何やらTシャツを着た4人の御仁が並んで座っていた。
私もTシャツが好きなので親近感を覚え、一言、声を掛けようとしたが、
「背中を見ておけ。何も言うな」 という無言の主張が感じられ、
「かしこまりました」 と心の中で返事した。


P1050055.jpg

レストランからは仲間たちのフネが見える。
私の自慢のクルーザーも紹介しておきたい。


P1050062.jpg

P1050094.jpg

愛艇のスケールの大きさには我ながら目を見張るものがある。
無事も確認できたため、次はカイルアコナへと短い足を延ばす。


P1050080.jpg

Kailua Pierにて

P1050093.jpg

アリイドライブを望む。


P1050091.jpg

夕暮れ前にベイクラブへと戻ってきた。

P1050106.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



ビッグアイランド4日目

今日は、リゾート内にあるビーチコースをラウンドした。
途中、コース越しに、妙な形をしたクルマを目にした。
どうも前も後ろもボンネットになっているようだ。
おそらく電車みたいに運転席も前後にそれぞれあるのではないかと推測される。


P1040938.jpg

・・・・と思って近づいてみると、やはりそういう事であったか。
そんな車をあえて作らなくてもバックできればいいわけだから。


P1040939.jpg

プレイも終盤を迎え、17番ショートのティーグラウンドに立つと、グリーン横に作業車が見えた。
驚いた事に、私が打ったティーショットでアクシデントが発生したのである。
やっぱりね。見事に予感的中、打球は左にそれ作業車に当たったようだ。


P1040966.jpg

コツーンッ!という音が太平洋中に響き渡った。
カートで近づき作業員に球の行方を聞いてみると、インサイドカラーと言う。
おう!ラッキー!球は作業車に当たった後、グリーンのカラーまで弾かれたのだろう。^^

ところが、女将が言うには今の彼の発音はインサイドカラーではなく、インサイドカーではなかったかと。
聞き直したらやはりそうであった。しかも荷台の中の機材に紛れ込んでどこにあるのか見い出せないと言うではないか。
結局、紛失罰も加えダブルペナとなっちまった。

とにかく、ここの職員には、機材の整理整頓と英語の発音練習だけはよくしておくようにと言っておきたい。
ホールアウト後、レストランでBLTを食べ、一旦部屋へ戻って寝た。
ところで、女将はここでもビールを2杯。昼夜関係なくよく飲む女だ。


P1040969.jpg

目が覚めて午後からシャトルでキングスランドへ向かう。途中、ゴティーたちと出会う。

P1040986.jpg

P1040991.jpg

ビストロラウンジでまたマイタイを頼む。
ここのマイタイはへヴィーなのでほどほどにしてあとは女将が飲んだ。
後ほど排水処理が行われる。


P1050003.jpg

まだプールは見るだけにしておこう。

P1040998.jpg

P1050007.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



ビッグアイランド3日目

今朝7時に起床、リゾート内をウォーキング、既に暑い。

P1040877.jpg

ワイコロアビレッジまで来た。
ホテルの内周を電車がゆっくりと客を乗せ走っている。


P1040905.jpg

部屋に戻り、音楽を聴きながら本を読み、
昼寝をしケンカをし、そうして夕食の時間になったので外へ出た。


P1040919.jpg

勃発したケンカの発端だが、「ブログが面白くなく免疫を下げている。」
と目を吊り上げて指摘されたからである。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



ビッグアイランド2日目

ちょっとケチって、午前中は女将とワイコロアビレッジコースを68ドルでラウンドした。

P1040823.jpg

P1040824.jpg

P1040834.jpg

セカンドショットはグリーン手前ガードバンカーへ。
バンカーは砂というより小石だった。
難しいバンカーショットを迫られたが、辛うじてグリーンへ乗せる事ができた。
しかし、そこにはバンカーショットによって既にたくさんの小石が飛散しており、
なんと一旦真横へきざむ形を取る事になったのである。
パットできざんだのは私が人類史上初めてではないか。


P1040845.jpg

術後の後遺症による失禁は現在ではずいぶんと改善されている。
ナイスショットの時には驚きと気の緩みによってモレを自覚したが、それ以外では出ていないようだ。
従って、おしめはそんなに濡れてはいなかった。
(ナイスショットが少なかったと言われればそれまでだが)

部屋へ帰って寛いだのだが、なぜかサンダルも履かずにお気に入りの靴下を履いたままバルコニーへ出た事に気付き、
いつも紳士的で礼節にうるさい私がそのようなうっかりした行動を取ってしまった事に対し自分を恥じた。


P1040816.jpg

今日のゴルフの敗戦処理を行い、夕方からワイメアにあるMerriman'sに個人のお金でディナーに行った。

P1040858.jpg

P1040869.jpg

なんと、頼んでもいないのに出て来た食後のデザートに、祝福を意味するようなキャンドルが立っている。
どうも、誰か他のお客さんと間違ってるようだ。
シメシメと手を合わせ一気に胃袋へ収めたのだが、しっかり勘定に入っていた。


P1040866.jpg

お店を出ると報道関係者が集まっており、私の疑惑の件で会見を求められた。
私は素直にそれに応じ、その件について否定的コメントを行うと共に苦言も呈した。


「公用車ではなくレンタカーで来ました。会議もしてません。政治資金は使ってません。オークションもしてません。喰うただけですっ。」

会見は無事終了したのであるが、東京の誰かと間違ってないかキミタチ。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」




ビッグアイランド1日目

デルタ機に搭乗、ウェルカムドリンクはマイタイを選んだ。
因みに座席予約で希望した操縦席は今回も受け入れられていない。


P1040753.jpg

機内食はステーキ、私の好きなジャックのシングルバレル(日本未発売)も声を震わせながら注文した。
よくバーボンと呼ばれるがテネシーウィスキーだ。
制限中の酒と肉はいったん解除した。
禁欲の長命か享楽の短命か、
究極の選択だが旅行中は短命方式を採用することにした。
帰国したら、部下の企画室長に余命の残高を再計算、シミュレーションしてもらうつもりだ。


P1040757.jpg

ホノルルより乗り継いでコナ空港へ。

P1040768.jpg

レンタカーを借りてまずマウナラニへ。

P1040795.jpg

P1040791.jpg

P1040799.jpg

その後、BAY CLUBへチェックイン。

P1040803.jpg

ベッドルームにはバスタオルで形作られたいつものクラウンが。
仲の良さとハートの形も表されている。


P1040805.jpg

今までに飲んだ事のない銘柄をいくつか買ってみた。

P1040815.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ついに旅立つ

旅立つと言えばあの世へ行ったみたいだがそうではない。旅行に行くのだ。😁
そのために買ったのが、BOSEのコンパクトモバイルスピーカーだ。
どこへでも持ち運べる。


P1040748.jpg

SOUND LINKシリーズ
Bluetooth speakerⅢ
充電式内臓バッテリーで14時間駆動
臨場感あふれるサウンド、圧倒的重低音
まあ、大した価格の物でもないが、
やはり音楽はいい音で聞きたい。

若い頃自宅で使っていたスピーカーは、ダイアトーンDS90Cだった。
当時1本20万、36回払いのローンでよくぞ買ったものである。
大きさもデカくて、2本で150㎏ほどの重量物だったが、その後どうやって運んで一体どこへ消えたものやら定かではない。
(おそらくは質屋ではないか。当時はヤフオクもなかったし。)
この時も茶漬け生活が3年続いた。


ds-90c.jpg

そして、アナログプレーヤーのピックアップは、オルトフォン MC20だった。
(手荒に扱うから針が折れるたびに何度消沈したことか)


mc20.jpg

旅先では、Caro EMERALDのアルバム、The Shocking Miss Emerald をのんびり聞くのだ。

car.jpg

昨年からいろいろと悪い事ばかり重なり、疲れた。
おしめをそばに置き、ゆっくりと自分を癒して来たい。

舛添氏を見た

今日は友人の(友人と言っても大先輩の)宮田さんと釣りに出かけた。
彼は6人兄弟の3番目。父親を早くから亡くし母親に女手一つで育てられ
食べる物にも大変苦労されたそうだ。
学業もままならず集団就職で精錬所へ。夜間は学校へ通いある人との出会いがあって商社へ転職しNo.2まで登りつめた方だ。ずいぶん苦労をしたがいい人生だったと振り返られた。また、経済も成長期であり時代も良かった。75歳だがお年を感じない。

と言って、釣りが上手とは限らない。

今日の釣果は二人で僅か4匹だ。船上で鱗を落としたので皮が白っぽい。


P1040741.jpg

今日の釣りのポイントより大島白灯台とその周辺の別荘をテレスコープで望む。

P1040739.jpg

別荘で、灯台のように明るさを放っているのがそう、舛添氏である。

オーダーのマイバッハが届いた。

初代マイバッハの販売は、直営の六本木ショールームが新設されてそこで行われた。
訪問には事前予約が必要で、
日本に3人のみの専任の販売員が担当し通常、商談は原則1日1組であった。
最高級のオーダーメイドを組んだ場合は1億円にもなるといわれ、「マイバッハ・ランドレー」の価格は1億4,200万円からであった。
車両の購入にあたっては、代金を全額銀行振り込みとすることと、任意保険の加入条件に於いて保管場所の要件が厳しかった。
納車の際は、顧客の指定した時間と場所まで、専用のトランスポーターで運ばれる。
そして、オーダーして待ち遠しかったそのマイバッハがついに私の家へ納められた。


これがサーティフィケイトカードである。

P1040727.jpg

マニュアルのトップページ。 これも意味不明。

P1040729.jpg

納められたのは、実はマイバッハ・アイウェアー。

P1040737.jpg

P1040734.jpg

P1040735.jpg

今まではTOHOシネマズで100円で購入した3Dメガネ↓を愛用していたが、
やはり安っぽい印象は免れず、ついには清水の舞台からこの3Dメガネを掛け飛び降りる勢いで買い替えたのであった。
また、明日から茶漬けだ。


P1040736.jpg

北陸へ向けて出航!

本日、北陸方面へ向けて航進丸は出航した。

P1050625.jpg

安全航海を祈念している。

P1050621.jpg

と、思いきや、すぐに航進丸は戻ってきた。
一体、どうしたというのだろうか。


P1050623.jpg

切り裂く海面の粗さからは少々急いでいる様子も伺える。

P1050622.jpg

忘れ物なのだろうか、あるいはトイレなのであろうか、
船長の身震いも垣間見える。


心配になって、船長に聞いてみたところ、

「いえいえ、船底の汚れを落とすための定期的なメンテナンス走行ですよ♪」
という事であった。


P1050626.jpg

確か、北陸へ行かれるとの事であったが、とんだ私の思い込みであった。
おそらく、新幹線または飛行機で行かれるものと思われる。
気を付けて行ってらっしゃい。お帰りをお待ちしています。^^

Jun's Gallery

ジュン君は凛々しい。マー君とは少し育ちが違うようだ。グヤジー
これは、ジュン君のギャラリーです。


P1040601.jpg

P1040602.jpg

レンズを向けると、飼い主がポーズを取ろうとしたので上半身カットした。
これはジュン君の写真集である。理解を得たい。


P1040604.jpg

P1040613.jpg

P1040614.jpg

P1040615.jpg

この人もそうだ。いい顔で写ろうと笑顔を作るが、引きつって見るに堪えない。
こちらも顔はカット。
これはジュン君の写真集っちゅーのに!何度言ったらわかるの、キミ。


P1040611.jpg

ボディーの塗り替え(全塗装)

購入してからまだ3年目であり、ボディーに色褪せやこれと言った傷も特に無いのであるが、
現在のブラック色にもそろそろ飽きが生じ、ホワイト色にして気分を変えてみようと思い、
近くの自動車修理工場へ全塗装を依頼した。


P1050617.jpg

そして、ボディー全体を真っ白に塗り変えられたマー君が修理工場から戻ってきた。
白もなかなか似合ってるじゃないか、マー君!


P1040612.jpg

と言うのはまたまた冗談で、この可愛いホワイト犬は航進丸所属クルー(警笛担当)ジュン君(オス2才)だったのです。
彼の警戒心の強さと勇敢なる警笛(ワンワン)による威嚇には船長も全幅の信頼を置いている。

警戒中のジュン君↓
私が近寄ると即座に警笛を鳴らした。


P104060ひみ0.jpg

無事に自船の警戒任務を終え、船長にだっこをせがむジュン君

P1040605.jpg

↑ところで、マー君は船長の足の臭いを嗅いでいる(バカモーン!)

チャンポンとコーヒー

憐れは神の知らぬ情で
しかも神に尤も近き
人間の情である

「草枕十章」から


申し訳ないが、私には意味不明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漱石も立ち寄った、高良山に鎮座する厄除・延命長寿のご利益で名高い高良大社。
本日参上、みんなの健康祈念をさせて頂いた。
階段数、130段。息切れも甚だしい。既に長寿に疑問が生じた。


P1040552.jpg

当大社は修復中であった。
なんとなくこの写真は、「起工祈念の儀」のような感じになってしまった。


P1040566.jpg

P1040564.jpg

祈念の後、階段下の茶屋に立ち寄る。


P1040551.jpg

名物のトコロテンを頂き、下山することにした。

P1040548.jpg

下山しながら高野山登り口に(チャンポン・コーヒー)と書かれた看板を掲げたお店がある事に気付いた。
この組み合わせに身の引き締まる思いであった。


P1040572.jpg

このお店は自らがパイオニアとなって、
例えばフレンチレストランに於いても、
「白波をロクヨンで、」、「富の寿を熱燗で、」、「デザートはタクアンで、」 
と言えるような世の中にすべく、厳しく世に問うているのである。

早速絡んで来たな

今日は釣り。早朝よりボートを出してポイントへ向かう途中、かすかな振動が発生した。
船舶の航行に当たっては、振動、音、臭い等、僅かなものでも十分に気を付けなければならない。
このような時は 必ずと言っていいほど重大となる何かしらの問題が潜んでいるからである。
先日のこのブログで、「漂う海藻」について苦言を呈していたが、
その「漂う海藻」がペラに絡んでいることが判明した。


P1040511.jpg

点検口を開け、鎌で取り払う。シャフト側アノードにもグルグルと大量に巻き付いている。


P1040521.jpg

完全に取り払えた。

P1040526.jpg

吃水線まで上がった海水をビルジポンプで吸い出し排出する。

P1040528.jpg

その後、ポイントへ到着、しばらくすると50センチ級ボッコがヒット!

P1040533.jpg

P1040535.jpg

P1040541.jpg

12時になったので納竿した。

P1040540.jpg

帰路、再び海藻に絡まれた。同じ作業をまた繰り返す。

P1040520.jpg

| ホーム |


 ホーム