ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

自然広苑

今日は久し振り愛艇が気になって港へ行ったのであるが、別段変わった様子はなかった。帰りに宮地嶽神社裏手にある自然広苑を倅のまーくんと散策した。日本一大きいといわれる宮地嶽神社の注連縄(大しめ縄)自然広苑内には、江戸菖蒲園や福井県から移設された合掌造りの家などが4,5棟あり、初めて訪れた時はこんな所に合掌造りの家があったとは、と驚かされる。昔の家の玄関はどこもこんな土間だった。幾重にも重なる石段を降り...

続きを読む

微笑みの国タイ

ゴルフで毎年2月に行くタイだが、微笑みの国と言われている。写真の整理をしていると、去年の写真が出てきた。つい、微笑んでしまったね。...

続きを読む

御船山楽園

紅葉はまだ色づき3分程度で、1週間後が見頃だとわかってはいたが珍しくスケジュールが詰まっており、早めではあるがマー君を伴い御船山楽園へ行った。ここは、武雄北方インターからわずか8分のところにある、江戸時代に造園された名勝地だ。歴史の重みを感じさせる門をくぐり、まずは300年前に有明海から隆起して出来たという御船山を借景としたツツジ谷へ向かった。そこには、樹齢300年と言う大楠が鎮座している。春のツ...

続きを読む

THE YUZUSCO

先日行った柳川。そこで買ったYUZUSCO。九州名産のゆずとこしょうを液体にしたもの。ゆず皮、酢、こしょう(唐辛子)を絶妙なバランスで混ぜ合わせている。YUZUSCO(ゆずすこ)の名前の由来は、ゆず皮の『ゆず』、お酢の『す』、こしょうの『こ』からとっているとか。この液体ゆずこしょうだが、晩酌中、酒の肴にかけようとして間違って焼酎グラスに振ってしまったではないか。すると、これが喉を唸らせる最高のカクテルとなった。...

続きを読む

大規模災害発生に驚く

手術の後遺症により引き続き24時間紙おむつ状態だが、先日、意を決して横浜でのジャパンボートショーへ行ってきた。ランドマークタワー内にある横浜ロイヤルパークホテルに2泊し中華街や市内散策と調子に乗り過ぎて無理がたたり、パンツの中は亜熱帯的多雨、集中豪雨による洪水と土砂災害が発生し、ゴロゴロプーッッと言った落雷まで発生するという異常事態となった。それを見ていた(その屁を聞いた)横浜の街の人たちは、「自衛隊...

続きを読む

ついに旅立つ

旅立つと言えばあの世へ行ったみたいだがそうではない。旅行に行くのだ。😁そのために買ったのが、BOSEのコンパクトモバイルスピーカーだ。どこへでも持ち運べる。SOUND LINKシリーズBluetooth speakerⅢ充電式内臓バッテリーで14時間駆動臨場感あふれるサウンド、圧倒的重低音まあ、大した価格の物でもないが、やはり音楽はいい音で聞きたい。若い頃自宅で使っていたスピーカーは、ダイアトーンD...

続きを読む

ビッグアイランド1日目

デルタ機に搭乗、ウェルカムドリンクはマイタイを選んだ。因みに座席予約で希望した操縦席は今回も受け入れられていない。機内食はステーキ、私の好きなジャックのシングルバレル(日本未発売)も声を震わせながら注文した。よくバーボンと呼ばれるがテネシーウィスキーだ。制限中の酒と肉はいったん解除した。禁欲の長命か享楽の短命か、究極の選択だが旅行中は短命方式を採用することにした。帰国したら、部下の企画室長に余命の...

続きを読む

ビッグアイランド2日目

ちょっとケチって、午前中は女将とワイコロアビレッジコースを68ドルでラウンドした。セカンドショットはグリーン手前ガードバンカーへ。バンカーは砂というより小石だった。難しいバンカーショットを迫られたが、辛うじてグリーンへ乗せる事ができた。しかし、そこにはバンカーショットによって既にたくさんの小石が飛散しており、なんと一旦真横へきざむ形を取る事になったのである。パットできざんだのは私が人類史上初めてで...

続きを読む

ビッグアイランド3日目

今朝7時に起床、リゾート内をウォーキング、既に暑い。ワイコロアビレッジまで来た。ホテルの内周を電車がゆっくりと客を乗せ走っている。部屋に戻り、音楽を聴きながら本を読み、昼寝をしケンカをし、そうして夕食の時間になったので外へ出た。勃発したケンカの発端だが、「ブログが面白くなく免疫を下げている。」と目を吊り上げて指摘されたからである。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓押せば命の泉沸...

続きを読む

ビッグアイランド4日目

今日は、リゾート内にあるビーチコースをラウンドした。途中、コース越しに、妙な形をしたクルマを目にした。どうも前も後ろもボンネットになっているようだ。おそらく電車みたいに運転席も前後にそれぞれあるのではないかと推測される。・・・・と思って近づいてみると、やはりそういう事であったか。そんな車をあえて作らなくてもバックできればいいわけだから。プレイも終盤を迎え、17番ショートのティーグラウンドに立つと、...

続きを読む

ビッグアイランド5日目

朝風呂のあと、ラナイに腰かけ貿易風の心地良い風に当たりながら、毎朝欠かせない失禁抑制剤、軟便整腸剤、漢方薬その他サプリ等、8種類のクスリの味わいを楽しんだ。至福の時だ。但し、絵にはなっていない。さあて、クスリを飲んで元気も出たのでそろそろ出掛けるとする。19号線を空港方面へ南下、ハイラナニストリートより入ってミセスバリーズクッキーズへと車を飛ばした。(こうやって見ると私のおなかも随分小さくなったも...

続きを読む

ビッグアイランド6日目

女将、マリンショップにて20ドルで麦わら帽子を買う。今日は各地のハーバーやビーチへドライブした。ビーチに入ると、女将が絡まれている。「おっ、どこで買うたん、その麦わら。つばが広いやんか」左側のおっさんの大きな声が聞こえてきたので私は拳を握り締め身構えた。まん中の男は、「オレは関係ねえ」と下を向いている。私が女将を置いて逃げようとしたその時、右側のおっさんが慌てて近づき戒めた。「おいおい、やめとかん...

続きを読む

ビッグアイランド7日目

早朝にチェックアウトしてコナ空港へと向かう。ハーツへレンタカーを返還し、ハワイアン航空のチェックインカウンターで荷物を預けようとしたが、スーツケースの計測で26キロとなり、3キロオーバーのため50ドルの超過料金を払えと言われる。その場でスーツケースを開け、3キロ分をゴルフトラベルバッグへ詰め替えたが、そのとき大衆に対し下着が露呈した。その後、セキュリティゲートへ進んだのだが、人体Xレイでひっかかり...

続きを読む

あわや墜落

私は米連邦航空局でライセンスを取得したヘリのパイロットでもある。ハワイ島のカイルア・コナ空港は「ClassD」という交通量の穏やかな空港でもあり今回の旅行でも自家用ヘリでフライトした。ところが、このフライトにおいて大惨事を引き起こすほどのエンジントラブルが発生したのである。空中静止の状態を続けていたのだが、このホバリングは危険な行為である。「ドドドド」 とエンジンは振動を伴いながらすぐにでもエンス...

続きを読む

煙突に水をやって下さい

暑い。涼を求めて巨石奇石のある竜門峡へと臭い足を延ばした。石に心はなく石は冷たい。途中には、黒髪の奥座敷、美食家たちの隠れ家にふさわしい料亭「龍泉荘」がある。佐賀牛のせいろ蒸し、鯉のにぎり、今は時期ではないが鮎の背ごし、つがに等々、創作的川魚料理が楽しめる。本日は福沢さんがご欠席で、お連れしたのは樋口さん一人、野口さん一人と少数なのでまた次回伺う事とした。コーヒーを飲もうと隣にある「木もれ陽」に入...

続きを読む

山女と素麺と都知事

近くの滝へマイナスイオンを浴びに行ってきた。毎日なんとマア忙しい事か。少し落ち着きなさい、と言われそうだ。まずは、滝壺でマイナスイオンを無料で100ccほど頂こうと思う。マイナスイオンに臭いや形もなく、1cc吸ったのかも実感がないまま釣りへと移行する。アミでヤマメを釣るのだ。ヤマメはたくさんいるのだが警戒してなかなか食ってくれない。餌に近づいて来てくわえるかなと思った途端、サッとその場を離れて行く...

続きを読む

強欲の果て

この雨の中、名門のゴルフ場の前を通って温泉へと向かった。ビールの季節だが、こちらのゴルフ場もまた、泡の立て方が素晴らしく豊かな泡が長持ちしているとの評価がある。ビールの味もゴルフ場もバブルが決め手だ。増水した佐田川に沿って避難するように顔を引きつらせながら車を走らせた。次第に重苦しい雨雲は途切れ、晴れ間が出てきた。耳納連山をのぞむ朝倉市の小高い丘に、日本でさきがけのシニアタウン『美奈宜の杜』がある...

続きを読む

ローコスト避暑地での「コツン」事件

今やブルジョワジーにもプロレタリアートにも属さないただのLumpenでしかない私であるからこそ、この平日に避暑地と呼ばれる平尾台、千仏鍾乳洞まで散歩に出掛けたのである。千仏鍾乳洞に通じる階段はかなりの距離があって散歩にもほど良い。洞窟の入り口は蒸し暑さがあるが、中へ入ると次第にひんやりとした空気が漂っていてまさに別世界だ。順調に歩いていると、ある事件に遭遇した。前方から折り返して来たスラッとした学生らし...

続きを読む

ぴょんぴょんカエルを道連れに

出場予定の10m犬かき競技が種目選定から外れていた事を知り、私のリオ行きは取りやめとなった。旅先で退屈しないようにと3点にも及ぶオモチャまで用意していたのだが・・・。① ポンプ式ぴょんぴょんカエル② パチンコ(銀行強盗に使用しない事と注意書きがある)③ 竹ヒゴ飛行機それならばと、以上3点をバッグに詰め込み、そして、コンペで貰った宿泊招待券を片手に、急遽向かった先は雲仙である。創業81年の登録文化財でも...

続きを読む

コナ1日目

かねてより計画、楽しみにしていたお姉さん夫婦との旅行の日が来た。我々愛犬家としてマー君とななちゃんを日本に置いて国外へ出た極悪非道者と非難されても仕方がない。機内ではカサブランカを見ながら寝入ってしまった。理想の男性像として何度見てもいい作品である。ホノルル、ハワイアンプレミアクラブで乗り継ぎの便を待つ。コナ空港へ到着した。今回の宿泊はホームであるキングスランドだ。Charley's Thai Cuisineで昼食をと...

続きを読む

コナ2日目

2日目は朝からワイメアのファーマーズマーケットへ。 一旦部屋へ戻ってからはビストロへ出掛けトロピカルを注文してプールへ入る。 水泳教室で習っている背泳ぎを国際的に披露するチャンスがここで訪れるとは夢にも思っていなかった。 が、数メートル泳いだところで練習不足が結果として現れてしまった。 あわや国外に於いて溺死の危険に直面したのである。 夜はRu...

続きを読む

コナ3日目

今日はワイコロアビーチコースをラウンドした。この撮影のあと、アイアン紛失事件が発生した。誰もが素振りはプロ級だ。私はセルフでひとりで回るときに限り常に70台を出すことができるが、今日は3人もいたため88と書かざるを得なかった。ホールアウト後、レストランでハンバーガーを食べ部屋に戻った。夕食は、本日追って上陸された伊藤さん夫婦と合流、我々の部屋へお招きしてお姉さんの辣腕振るわれた流石と思わせる料理を...

続きを読む

コナ4日目

「自分たちは顔にボカシを入れて素知らぬ顔をしているが、オレは素顔丸見えかい」愛犬マー君はこう言っていつもこのブログに不満を露わにしていた。そこで立ち寄ったペットショップで本日犬用サングラスを買ってあげた。これ以上はこちらとしても認められん。人間じゃないんだから肖像権はない。その後、マウンテンサンダーのオーガニックコナコーヒー農園で実際の焙煎機を操作して好みのローストに仕上げ、4人の写真を貼ってパッ...

続きを読む

コナ5日目

早いもので今日で姉夫婦は一足先にななちゃんの元へと帰国する。コナ空港まで見送りをしてその後ケアウホウリゾート地区にあるコナカントリーで伊藤さん夫婦とラウンドした。昨夜の会議であれだけクラブ管理を徹底したにも拘らず今度は私と女将がクラブを紛失した。ここに隣接するマウナロアビレッジの白壁と青い屋根を見て、リゾート風に建て替えを検討している我が家もこの色使いにしようと思った。夜は伊藤さんのお部屋で手作り...

続きを読む

帰国して

コナよりホノルルへと乗り継ぎ日本へ戻ってきた。帰宅してよそへ預けていたマー君を連れ帰り、待ちに待ったサングラスを着けてあげたところ、「なにか俺に付けたか?」といった表情を示したが、その顔は鈴木雅之そのものである。(コナ空港)ここは前回問題となった身体検査室だ。前回、術後の失禁症によりオムツをしたままセキュリティゲートへ入ったところ、散々な目にあったため、今回は一時的にオムツを外して挑んだところ無事...

続きを読む

ゾンビとなった私

日本で最も来場者の多いテーマパークはディズニーランドである事に疑いはない。そして、2番目は阿蘇クマ牧場、3番目はスペースワールドであると認識していた私は、ここ大阪のUSJを訪れて、ここが日本で2番目だと認識を改める事になったのである。この日10月31日の世の中は一般的に言えば月末だ。このような全国的・全社的に大変忙しい時に、当地USJではハローウィーンの仮装カーニバルがマッピルマから行われている。来...

続きを読む

石川五右衛門

新作歌舞伎、安土桃山時代の大泥棒演じる海老蔵を見に博多座へ。演目は「石川五右衛門」、テレビでも現在放映中だ。いなかなので最前列中央の席がすんなり取れた。お母様もお見えだ。握手してるようにトリックで見せようとしたがカメラの遠近法によりうまくいかなかった。序幕では伊賀での修業時代と大盗賊としての五右衛門の姿が描かれる。そこを出た五右衛門は秀吉の側室であるお茶々の心をも奪いそして恋仲に。その後、彼女の懐...

続きを読む

沖縄観光1日目

機内では早速かつお節をつまみに焼酎を飲むが、噛めばダシが出るものの口内ではすぐにダシガラとなって不愉快極まりない。1日目は美ら海水族館へ。マナティもいる。その後、北部の離島、古宇利島へ。島へとつながる約2キロの古宇利大橋を社員と語らいながらクルマで走った。橋の上から見渡すエメラルドグリーンの海は大変美しい。「ここの海は綺麗だね。どうしてこんなにもエメラルド色しているか君は分かるかね?」私の質問に社員...

続きを読む

沖縄観光2日目

2日目は首里城へ。ハイビスカスに見惚れながら正殿へと進む。守礼門の守礼とは礼節を守るという意味で、琉球は礼節を重んずる国である。...

続きを読む

沖縄から帰ってきて

今や日本は北海道から沖縄までどこへ行っても中国人観光客であふれている。沖縄のあるアウトレットモールでは来場者の9割が中国や韓国人とのことだ。そしてシューズショップ店員の話として、「商品の殆どがメイドインチャイナなのだが・・」といった辛辣^^なコメントも聞く事ができた。ところで日本では、中国人の訪日観光は団体観光の形式のみ許可され、添乗員なしの自由行動は認められていない。しかし最近外務省では沖縄県数次...

続きを読む

大分経由名古屋へ行く

名古屋で人と会うための所用が出来、急遽新幹線で向かう事となった。割引が限られる新幹線の利用に当たっては徳な利用方法がある。おかげで宿泊、料亭での外食、翌日の朝食、お土産代も事実上すべて無料となった。これについては後日書きたいと思う。名古屋へ出ようとした三日前に大分の先輩から電話があった。いい食材が入ったので直ぐに来なさいとのことであった。奥さんの素晴らしい手料理は忘れていない。二つ返事で行きますと...

続きを読む

名古屋入り

今回の名古屋行きは1時間ほどの面談のためだ。日帰りの予定で新幹線で行くことにして最安の往復料金を調べた。博多-名古屋間「のぞみ」指定席は往復割引で3万5千円ほど。IC早得なら約3万円となるが早めに予約しないと売り切れで取れないことも多い。今回は3日前の購入となるため適用は往復割引のみで二人で7万円となる。ところが、このような場合、賢い買い方がある。「新幹線ホテルパック」という旅行会社のプランを買うの...

続きを読む

高野山へ

日頃は神も仏も拝んだ事のない無信心の私だが、苦しい時や災難にあったりした時にだけちゃっかりと神仏の加護を請うことがある。これを世間では、「困った時の神頼みをする困った人」と言う。先般私は、取得した資格を十分活用できる就職先を見つける事ができ喜んでいたが、世間からは、「そんなメタボな体でちゃんと仕事ができるのか!?」といった疑問も呈され人々を驚かせている。私も正直自信があるわけではない。あると言えば...

続きを読む

熊野三山へ

旅館の朝食を終え、熊野本宮大社へと向かう。杉が生い茂る森の石段を登り詰めると3本足の八咫烏が目を引き付ける。熊野三山は、熊野古道によって互いに結ばれている。次は熊野速玉大社へ。そのメインルートである中辺路を女将に支えられながら歩き、三社目最後の那智大滝をご神体とする熊野那智大社へ。途中、大門坂茶屋では平安衣装を貸し出しており、それを着てこの参拝道を歩くことができる。「どうだ、せっかくだから記念に着...

続きを読む

瀞峡へ

昨日は熊野三山参拝の後、瀞峡へ。巨大な滝が自らの落下の勢いで少しづつ岩を削って滝壺を後退させて行き、31Kmにも及ぶ峡谷美を作りながら浸食は今も続く。瀞峡の断崖絶壁の上に凛然と佇む食堂・喫茶「瀞ホテル」。以前は宿泊施設だったのでこの名を残しているという。 ウォータージェット船で巡った秘境のエメラルドグリーンに移る自然はあまりにも美し過ぎて君が怖い。【野口五郎談】昨日泊まったホテルは、「中の島ホテル...

続きを読む

お伊勢さんへ

正式名称は「神宮」と言われるお伊勢さん。内宮、外宮の両正宮を参拝した。内宮は天照大神をおまつりする我が国で最も尊いお宮だ。両側に反り返った屋根が付き横棒が突き出て中央に神社の名前が入った額付きのよく見る鳥居とは違って、伊勢鳥居は素朴な神明鳥居であり、神武天皇陵、靖国神社の大鳥居も同じ形式だ。20年周期で、お宮を隣の敷地に新たに建て替える式年遷宮を行い神様にお移り願う。(写真の右側敷地が次回の建て替...

続きを読む

1日目ワイコロア

空路、思案した結果、転職についてはもう少し様子を見ようとの結論に達した。管理事務所には他に3人が所属しており彼らとの相性がまだ見極めきれていない。もし全員が嫌な奴ばかりであるならばそこで初めて辞めたい理由が五つ揃う事となるから、その時まで辞表提出は私の腹の中で留保しておく。コナ空港を降りる。いつものハーツでレンタカーを借りワイコロアへ。まずは食材の買い出しに向かう。相変わらずなんにもない島、ビッグ...

続きを読む

2日目ワイコロア

今日のゴルフはハリケーン並みの強風の中で強行されたのである。昴で有名な山、マウナケアが見える。場内の鳥たちは人によく懐いている。土中にくちばしを突き刺し上手にミミズを捕食している。最近のミミズの水揚げ(いや、土揚げか)はどうですかと聞いてみたが言葉は通じない。今日はスタート前に苦手なバンカーの練習も怠らず熱心ぶりを見せつけたが、結局、本日のドル円相場並みの数値を伺うほどにスコアは過熱した。夕食では...

続きを読む

3日目ワイメア

今日は追って到着した義兄夫婦と無事合流できた。夕食は友人ご夫婦も更に合流してメリマンズへ。朝はビール、昼はスコッチ、夜はワインと1日飲みっ放しだ。体内の免疫細胞軍の士気を落とし軍事力を低下させたのではなかろうか。明日は早朝よりヒロへと向かう。さて、出国前日に期日前投票を済ませているが結果が気になるところだ。野党の結束が乱れ自民党優勢は間違いないと言われているが果たして結果はどうか。ヨイネ押して下さ...

続きを読む

4日目カイルアコナ

コナからヒロまでの車での所要時間は従来3時間と言われていたが、ダートなサドルロードが最近整備された事により現在では1時間半で行ける。とは言っても今朝の私は大幅な朝寝坊をしてしまい、本日は目的地をカイルアコナへと変更しヒロへは明日行く事になった。部屋を出ると玄関口では鮮やかな色をしたヤモリが我々を見送った。ここのファーマーズマーケットでオーガニック食材を仕入れておく。ここでも彼がお出迎えだ。行きずり...

続きを読む

5日目ヒロ

ハワイ諸島の中でホノルルに次ぐ第2の都市HIROへは、ワイコロアからサドルロードを時速55マイルで走って1時間半で到着するが、ローカルタウンが続くワイメア一般道経由だと速度制限により所要時間は2倍となる。ロコモコはハワイ島ヒロの「カフェ100」が発祥の店であり、ワイメアはアメリカ最大級の牧場があってここがカウボーイ発祥の地と言われる。最近では骨盤底筋の運動能力も改善しており今日もパンツにパッドは装着していな...

続きを読む

6日目キングスショップ

今日は朝から雨が降っており予定のゴルフを中止してキングスショップでショッピングとなった。ショッピングと言っても買うものもなくお店のマネキンと遊んでばかり・・・。その後、雨も収まってきたので、のみりんと二人でプールへ。彼もまだまだ元気だ。息も絶え絶え戻って来た。^^早いもので明日は帰国の途につく。ヨイネ押して下さい^^↓押せば免疫力がアップします...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。