FC2ブログ
  • 私の身体の一部はプロテーゼであるが、そろそろリメイクの時期に来ている。そこで、大阪にいる技工士のもとへ観光も兼ねて行くことにした。2年前、ハワイ島ではキラウエア火山の噴火に伴って渡航に注意喚起がなされ、その後に於いても今度はコロナ禍により入国制限の措置が取られており、それ以来コナを訪れることがなく、私が持つデルタ航空の蓄積マイルが消化できずにいる。そこで、そのマイルをJTBバウチャに交換し今回のGOTO... 続きを読む
  • ふるさと納税の返礼を受け今年もまた ここ へ来た。去年はツツジ、今年はサクラを見に。予約していた部屋は桜が最も美しく眺められる「山桜」。早速ビールを注文する。背後の床の間の掛け軸にはこのように書かれているようである。「初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」つまみをと菓子箱を開けるが、煎餅かな?小物入れか。庭園へ通じる勝手口から散策に出る。部屋に戻ると母親から電話が。... 続きを読む
  • 5月28日、短い間であったが帰国の途に就く。本来はいつものハワイ島行きの予定だったが急遽オアフ島に変更し6日間滞在した。数年振りのワイキキだが、やはり人や車で溢れ都会の喧騒で埋め尽くされている。対照的にハワイ島は見渡す限りの大自然の中にあってのんびりゆったりとしており、心のゆとりから生まれる安らぎを覚え、人と人とのつながりもまた深い。(日本人を含めアジア系の観光客はほとんどいない)ところで、行きの飛行... 続きを読む
  • 5月27日、最終日の今日は2回目のゴルフで締めくくる。ピックアップに来てもらいH-1を走っていると病院が見えて来た。ここでオバマ前大統領が産声を上げたという。早速ラウンドする。パールハーバー越しにダイヤモンドヘッドが見える。ラウンドも終盤に差し掛かり、ついに私は日本から持参してきたさじを3本投げた。さて、話は変わるが、今回の渡航では携帯電話を日本に忘れてきたため、初日にレンタル携帯を借り遠隔操作にて転... 続きを読む
  • 5月26日早朝のできごとである。初日、ラナイのデッキテーブルで酒を酌み交わしたパイロットたちが再び自ら飛行して私の部屋を訪ねて来た。彼らは朝食を要求したがそれを断ったらすぐに手摺から飛び立って行った。私たちは土産を買いに出掛ける事にしてサッシを閉め切って部屋を出た。出掛けた先のアラモアナで私は、日本のヴィトンショップで探しても未だ見つけることができなかったバックパックに運命的に出会う事となった。嬉し... 続きを読む
  • 5月25日、送迎付きの三流ローカルパブリックゴルフ場を予約しており、迎えを待っていたらそこへ一流の送迎車「リムジン」が現れた。私も三流選手だけあってショットは池ポチャとなる。その後、夕食の時間となったが、女将は、「疲れた、メシは作らん!」と言い出した。肉が食べたいが、RUTHS CHRIS STEAK HOUSEの予約が取れず、 仕方なく近くのCHART HOUSEへ。ドーン!!部屋に戻りソファーでうたた寝をしていたら、パールハーバー... 続きを読む
  • 5月24日、朝からラグーンタワーを出て歩きだした。外食よりも専ら部屋での自炊が多く、最近できたというWHOLE FOODSまで食材の買い出しに行った。ポキと、オリーブと、野菜、卵、鳥、肉などを買う。コメや味噌、おとなのふりかけは日本から持ってきている。部屋に戻れば早々と遊びに来た小鳥たちを相手にラナイで飲む。飲んでばかり。帰れば医者にまた怒られるのだ。病治りて医師忘る・・・。禁欲の長寿か享楽の短命か。... 続きを読む
  • 5月23日、落ち着きがなく巣にじっとしている事ができない鴛鴦たちはホノルルへ飛んで行った。ウェルカムはお決まりのマイタイとジャックシングルバレルを注文する。ラグーンタワーに到着した。チェックインが14時なのでそれまでオーナーラウンジで待機する。部屋にチェックインし買ってきたジェムソンを飲む。自慢じゃないが私一人でこれぐらいのボトルは一気に空けてしまう。ワイキキで甚平を着こなす事ができるのは私ぐらいでは... 続きを読む
  • 米国が日本との2国間協定に意欲を示す中、私はふるさと納税制度を利用して得た竹林亭宿泊券を使い、早速、ふくおかからちくりんていへあそびに行ってきた。あまり大きな声では言えないが、いわゆる日米自由貿易協定(F・T・A)に基づくものである。(我ながらくだらんわ)竹林亭は御船山楽園の敷地内にあり、今回は、12室あるその内の「梧竹」に泊まる。それぞれの部屋で趣が全く異なる。風呂は部屋にもあり掛け流しとなっている... 続きを読む
  • 最終日の今日は国宝三十三間堂拝観から始まる。その後、養源院に入った。ここは伏見城の遺構を移した寺院で血天井が張られ、廊下には俵屋宗達の奇抜な白象や唐獅子の杉戸絵がはめ込まれている。八坂神社をお詣りし、昼になったので花見小路の豆寅で昼食を取った。昼食が終わってちーちゃんとここで別れた。彼女は更に観光へ、我々は八坂倶楽部で開催中の草間彌生展を観て帰る。京都市内は端から端までタクシーで走っても30分程度... 続きを読む
  • 京(今日)は3日目、朝の新幹線でちーちゃんもやって来た。今日からは3人でまず世界遺産である上賀茂神社、下賀茂神社を参拝し、お土産は上賀茂のすぐき漬けを「なり田」で買う。それから、30年ぶりの今宮神社へ向かう。参道にある団子屋かざりやの「あぶり餅」は日本一美味い。向かいのライバル店「いち和」でも食べた。酒がないのが辛い。祇園へ戻り散策した後、早めの夕食となるが「圓堂」へ向かい京の菜材を天ぷらで堪能し... 続きを読む
  • 最近は高価な旅館は利用せずビジネスホテルに連泊することが多い。そして、温泉や食事は好きな所を見つけて楽しむ。酔って寝るという意識のない睡眠時間に無駄に高いお金を使いたくないのだ。今日は2日目、朝早くホテルを出て東寺まで歩いて行く。その後バスに乗り普段は拝観できないこの時期限定の特別公開重文を楽しんでいく。まずは千本鳥居で名高い伏見稲荷大社。ここの御茶屋「松の下屋」はこの時期のみ公開され棟方志功筆の... 続きを読む
  • 新幹線車窓から雪景色を眺め、雪の金閣寺を大いに期待しながら京へと向かった。ところが、次第に雪景色もなくなってきて、到着すると当地は快晴であった。聞くところによれば昨年は降ったものの、ここ数年降雪は少ないとのことである。まずは嵐山へ向かい渡月橋を渡って華厳寺へと向かう。ここは鈴虫寺の呼び名で親しまれる。我々はここで行われているジョーク好きな和尚の鈴虫説法を聞きに来た。その後、金閣寺へ。積雪はなかった... 続きを読む
  • Newsweek誌は、ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNA二重鎖を切断、元に戻らない状態に損傷させてガンのリスクを大きく高めるといった研究結果を発表したと報道している。これまでもアルコールとガンの関係は言われていたが今回マウスによってはっきりと確認された。このブログの主、長兵衛氏は、早速この記事を読んで即日断酒を決定した模様だ。今後一切、酒を口にする事は無いだろう。さて、我々お笑い夫婦は... 続きを読む
  • 今日は朝から雨が降っており予定のゴルフを中止してキングスショップでショッピングとなった。ショッピングと言っても買うものもなくお店のマネキンと遊んでばかり・・・。その後、雨も収まってきたので、のみりんと二人でプールへ。彼もまだまだ元気だ。息も絶え絶え戻って来た。^^早いもので明日は帰国の途につく。ヨイネ押して下さい^^↓押せば免疫力がアップします... 続きを読む
  • ハワイ諸島の中でホノルルに次ぐ第2の都市HIROへは、ワイコロアからサドルロードを時速55マイルで走って1時間半で到着するが、ローカルタウンが続くワイメア一般道経由だと速度制限により所要時間は2倍となる。ロコモコはハワイ島ヒロの「カフェ100」が発祥の店であり、ワイメアはアメリカ最大級の牧場があってここがカウボーイ発祥の地と言われる。最近では骨盤底筋の運動能力も改善しており今日もパンツにパッドは装着していな... 続きを読む
  • コナからヒロまでの車での所要時間は従来3時間と言われていたが、ダートなサドルロードが最近整備された事により現在では1時間半で行ける。とは言っても今朝の私は大幅な朝寝坊をしてしまい、本日は目的地をカイルアコナへと変更しヒロへは明日行く事になった。部屋を出ると玄関口では鮮やかな色をしたヤモリが我々を見送った。ここのファーマーズマーケットでオーガニック食材を仕入れておく。ここでも彼がお出迎えだ。行きずり... 続きを読む
  • 今日は追って到着した義兄夫婦と無事合流できた。夕食は友人も更に合流してメリマンズへ。朝はビール、昼はスコッチ、夜はワインと1日飲みっ放しだ。体内の免疫細胞軍の士気を落とし軍事力を低下させたのではなかろうか。明日は早朝よりヒロへと向かう。さて、出国前日に期日前投票を済ませているが結果が気になるところだ。野党の結束が乱れ自民党優勢は間違いないと言われているが果たして結果はどうか。ヨイネ押して下さい^^↓... 続きを読む
  • 今日のゴルフはハリケーン並みの強風の中で強行す。昴で有名な山、マウナケアが見える。場内の鳥たちは人によく懐いている。土中にくちばしを突き刺し上手にミミズを捕食している。最近のミミズの水揚げ(いや、土揚げか)はどうですかと聞いてみたが言葉は通じない。夕食では静岡出身のミュージシャンTomi Isobe と出会った。ヨイネ押して下さい^^↓押せば免疫力がアップします... 続きを読む
  • 空路、思案した結果、転職についてはもう少し様子を見ようとの結論に達した。管理事務所には他に3人が所属しており彼らとの相性がまだ見極めきれていない。もし全員が嫌な奴ばかりであるならばそこで初めて辞めたい理由が五つ揃う事となるから、その時まで辞表提出は私の腹の中で留保しておく。コナ空港を降りる。いつものハーツでレンタカーを借りワイコロアへ。まずは食材の買い出しに向かう。相変わらずなんにもない島、ビッグ... 続きを読む
  • 正式名称は「神宮」と言われるお伊勢さん。内宮、外宮の両正宮を参拝した。内宮は天照大神をおまつりする我が国で最も尊いお宮だ。両側に反り返った屋根が付き横棒が突き出て中央に神社の名前が入った額付きのよく見る鳥居とは違って、伊勢鳥居は素朴な神明鳥居であり、神武天皇陵、靖国神社の大鳥居も同じ形式だ。20年周期で、お宮を隣の敷地に新たに建て替える式年遷宮を行い神様にお移り願う。(写真の右側敷地が次回の建て替... 続きを読む
  • 昨日は熊野三山参拝の後、瀞峡へ。巨大な滝が自らの落下の勢いで少しづつ岩を削って滝壺を後退させて行き、31Kmにも及ぶ峡谷美を作りながら浸食は今も続く。瀞峡の断崖絶壁の上に凛然と佇む食堂・喫茶「瀞ホテル」。以前は宿泊施設だったのでこの名を残しているという。ウォータージェット船で巡った秘境のエメラルドグリーンに移る自然はあまりにも美し過ぎる。昨日泊まったホテルは、「中の島ホテル」。部屋、食事は少々期待... 続きを読む
  • 旅館の朝食を終え、熊野本宮大社へと向かう。杉が生い茂る森の石段を登り詰めると3本足の八咫烏が目を引き付ける。熊野三山は、熊野古道によって互いに結ばれている。次は熊野速玉大社へ。そのメインルートである中辺路を女将に支えられながら歩き、三社目最後の那智大滝をご神体とする熊野那智大社へ。途中、大門坂茶屋では平安衣装を貸し出しており、それを着てこの参拝道を歩くことができる。とにかく暑い。>今日はこのあと、... 続きを読む
  • 高野山、熊野三山、伊勢神宮を観光する。1日目は高野山奥の院へ。表参道に入ると、皇族、大名、政財界人をはじめ約20万基の墓がある。橋を渡ると燈籠堂がありさらに地下に降りると弘法大師の住まいである御廟があり影の姿を見る事ができる。その弘法大師に1日2回食事を運ぶのが生身供で1200年毎日かかさず続いている。そして56億7千万年後に弥勒菩薩と共にこの世に下生される。 神道信仰と仏教信仰とが融合した神仏習... 続きを読む
  • 今回の名古屋行きは1時間ほどの業者面談のためだ。日帰りの予定で新幹線で行くことにして最安の往復料金を調べた。博多-名古屋間「のぞみ」指定席は往復割引で3万5千円ほど。IC早得なら約3万円となるが早めに予約しないと売り切れで取れないことも多い。今回は3日前の購入となるため適用は往復割引のみで二人で7万円となる。ところが、このような場合、賢い買い方がある。「新幹線ホテルパック」という旅行会社のプランを買... 続きを読む
  • 名古屋で人と会うための所用が出来、急遽新幹線で向かう事となった。割引が限られる新幹線の利用に当たっては徳な利用方法がある。おかげで宿泊、料亭での外食、翌日の朝食、お土産代も事実上すべて無料となった。これについては後日書きたいと思う。名古屋へ出ようとした三日前に大分の先輩から電話があった。いい食材が入ったので直ぐに来なさいとのことであった。奥さんの素晴らしい手料理は忘れていない。二つ返事で行きますと... 続きを読む
  • 今や日本は北海道から沖縄までどこへ行っても中国人観光客であふれている。沖縄のあるアウトレットモールでは来場者の9割が中国や韓国人とのことだ。そしてそこのシューズショップ店員の話として、「商品の殆どがメイドインチャイナなんですがね・・」といった憐れむコメントも聞く事ができた。これは、私が沖縄で買い物をした時にお釣りとしてもらった小銭だが、500円玉に似た台湾硬貨が混在していた事に気付いた。ヤラレタ!店員... 続きを読む
  • 2日目は首里城へ。ハイビスカスに見惚れながら正殿へと進む。守礼門の守礼とは礼節を守るという意味で、琉球は礼節を重んずる国である。... 続きを読む
  • 機内では早速かつお節をつまみに焼酎を飲むが、噛めばダシが出るものの口内ではすぐにダシガラとなって不愉快極まりない。1日目は美ら海水族館へ。マナティもいる。その後、北部の離島、古宇利島へ。島へとつながる約2キロの古宇利大橋を社員と語らいながらクルマで走った。橋の上から見渡すエメラルドグリーンの海は大変美しい。「ここの海は綺麗だね。どうしてこんなにもエメラルド色しているか君は分かるかね?」私の質問に社員... 続きを読む
  • 新作歌舞伎、安土桃山時代の大泥棒演じる海老蔵を見に博多座へ。演目は「石川五右衛門」、テレビでも現在放映中だ。いなかなので最前列中央の席がすんなり取れた。序幕では伊賀での修業時代と大盗賊としての五右衛門の姿が描かれる。そこを出た五右衛門は秀吉の側室であるお茶々の心をも奪いそして恋仲に。その後、彼女の懐胎を知った秀吉と五右衛門が対面するところは眼目の一つだ。やがて、満州の城主ワンハンが現れ、日の本の花... 続きを読む
  • 日本で最も来場者の多いテーマパークはディズニーランドである事に疑いはない。そして、2番目は阿蘇クマ牧場、3番目はスペースワールドであると認識していた私は、ここ大阪のUSJを訪れて、ここが日本で2番目だと認識を改める事になったのである。この日10月31日の世の中は一般的に言えば月末だ。このような全国的・全社的に大変忙しい時に、当地USJではハローウィーンの仮装カーニバルがマッピルマから行われている。来... 続きを読む
  • コナよりホノルルへと乗り継ぎ日本へ戻ってきた。帰宅してよそへ預けていたマー君を連れ帰り、待ちに待ったサングラスを着けてあげたところ、「なにか俺に付けたか?」といった表情を示したが、その顔は鈴木雅之そのものである。(コナ空港)ここは前回問題となった身体検査室だ。前回、オムツをしたままセキュリティゲートへ入ったところ、散々な目にあったため、今回は一時的にオムツを外して挑んだところ無事通過できた。オレは... 続きを読む
  • 早いもので今日で姉夫婦は一足先に帰国する。コナ空港まで見送りをしてその後ケアウホウリゾート地区にあるコナカントリーで伊藤さん夫婦とラウンドした。ここに隣接するマウナロアビレッジの白壁と青い屋根を見て、リゾート風に建て替えを検討している我が家もこの色使いにしようと思った。夜は伊藤さんのお部屋で手作りの夕食に誘って頂いた。あまりの美味しさに撮影を忘れてしまった。今日寝ると明日早朝我々もいよいよ帰国の途... 続きを読む
  • 「自分たちは顔にボカシを入れて素知らぬ顔をしているが、オレは素顔丸見せかい」愛犬マー君はこう言っていつもこのブログに不満を露わにしていた。そこで立ち寄ったペットショップで本日犬用サングラスを買ってあげた。これ以上はこちらとしても認められん。人間じゃないんだから肖像権はない。その後、マウンテンサンダーのオーガニックコナコーヒー農園で実際の焙煎機を操作して好みのローストに仕上げ、4人の写真を貼ってパッ... 続きを読む
  • 今日はワイコロアビーチコースをラウンドした。この撮影のあと、アイアン紛失事件が発生した。ホールアウト後、レストランでハンバーガーを食べその後部屋に戻った。夕食は、本日追って上陸された伊藤さん夫婦と合流、我々の部屋へお招きして姉の辣腕振るった流石と思わせる料理を堪能し話しにも花が咲いた。↓押せば命の泉沸く↓押せば免疫力がアップします... 続きを読む
  • 2日目は朝からワイメアのファーマーズマーケットへ。 一旦部屋へ戻ってからはビストロへ出掛けトロピカルを注文してプールへ入る。 水泳教室で習っている背泳ぎを国際的に披露するチャンスがここに訪れる。 が、数メートル泳いだところで沈んでしまった。 夜はRuth's CHRISで夕食を取った。 」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」 ↓押せば命の泉... 続きを読む
  • かねてより計画、楽しみにしていた姉夫婦との旅行の日が来た。機内ではカサブランカを見ながら寝入ってしまった。理想の男性像として何度見てもいい作品である。ホノルル、ハワイアンプレミアクラブで乗り継ぎの便を待つ。コナ空港へ到着した。今回の宿泊はホームであるキングスランドだ。Charley's Thai Cuisineで昼食をとる。Pueo's Osteriaで夕食、その後、水着を買いに。買うのは何十年ぶりだろう海水パンツなんて。最近のデザ... 続きを読む
  • 退屈しないようにとオモチャを用意し旅に出る。① ポンプ式ぴょんぴょんカエル② パチンコ(銀行強盗に使用しない事と注意書きがある)③ 竹ヒゴ飛行機それら3点をバッグに詰め込み、そして、コンペで貰った宿泊招待券を片手に、向かった先は雲仙である。創業81年の登録文化財でもある雲仙観光ホテルに泊まる。かつて昭和天皇お泊りの205号室。別の部屋を案内されたが静謐な佇まいの客室であった。近代名建築による洋館らしい... 続きを読む
  • 今やブルジョワジーにもプロレタリアートにも属さないただのLumpenでしかない私であるからこそ、この平日に避暑地と呼ばれる平尾台、千仏鍾乳洞まで散歩に出掛けたのである。千仏鍾乳洞に通じる階段はかなりの距離があって散歩にほど良い。洞窟の入り口は蒸し暑さがあるが、中へ入ると次第にひんやりとした空気が漂っていてまさに別世界だ。順調に歩いていると、ある事故に遭遇した。前方から折り返して来たスラッとした学生らしい... 続きを読む
  • 雨の中、温泉へと向かった。途中に名門のゴルフ場がある。ビールの季節だが、こちらのゴルフ場もまた、泡の立て方が素晴らしく豊かな泡が長持ちしているとして評価がある。ビールの味もゴルフ場もバブルが決め手だ。増水した佐田川に沿って顔を引きつらせながら車を走らせた。次第に重苦しい雨雲は途切れ、晴れ間が出てきた。耳納連山をのぞむ朝倉市の小高い丘に、日本でさきがけのシニアタウン『美奈宜の杜』がある。『美奈宜の杜... 続きを読む
  • 近くの滝へマイナスイオンを浴びに行ってきた。毎日なんとまあ忙しい事か。少し落ち着きなさい、と言われそうだ。まずは、滝壺でマイナスイオンを無料で100ccほど頂こうと思う。マイナスイオンに臭いや形もなく、どれほど吸ったのかも実感がないまま釣りへと移行する。アミでヤマメを釣るのだ。ヤマメはたくさんいるのだが警戒してなかなか食ってくれない。餌に近づいて来てくわえるかなと思った途端、サッとその場を離れて行... 続きを読む
  • 暑い。涼を求めて巨石奇石のある竜門峡へと臭い足を延ばした。石に心はなく石は冷たい。途中には、黒髪の奥座敷、美食家たちの隠れ家にふさわしい料亭「龍泉荘」がある。佐賀牛のせいろ蒸し、鯉のにぎり、今は時期ではないが鮎の背ごし、つがに等々、創作的川魚料理が楽しめる。本日は福沢さんがご欠席で、お連れしたのは樋口さん一人、野口さん一人と少数なのでまた次回伺う事とした。コーヒーを飲もうと隣にある「木もれ陽」に入... 続きを読む
  • 私は米連邦航空局でライセンスを取得したヘリのパイロットでもある。ハワイ島のカイルア・コナ空港は「ClassD」という交通量の穏やかな空港でもあり今回の旅行でも自家用ヘリでフライトした。ところが、このフライトにおいて大惨事を引き起こすほどのエンジントラブルが発生したのである。空中静止の状態を続けていたのだが、このホバリングは危険な行為である。「ドドドド」 とエンジンは振動を伴いながらすぐにでもエンス... 続きを読む
  • 早朝にチェックアウトしてコナ空港へと向かう。ハーツへレンタカーを返還し、ハワイアン航空のチェックインカウンターで荷物を預けようとしたが、スーツケースの計測で26キロとなり、3キロオーバーのため50ドルの超過料金を払えと言われる。その場でスーツケースを開け、3キロ分をゴルフトラベルバッグへ詰め替えたが、そのとき大衆に対し下着が露呈した。その後、セキュリティゲートへ進んだのだが、人体Xレイでひっかかり... 続きを読む
  • 女将、マリンショップにて20ドルで麦わら帽子を買う。今日は各地のハーバーやビーチへドライブした。ビーチに入ると、女将が絡まれている。「おっ、どこで買うたんじゃ、その麦わら。つばが広いくていいのう」左側のおっさんの大きな声が聞こえてきたので私は拳を握り締め身構えた。まん中の男は、「オレは関係ねえ」と下を向いている。私が女将を置いて逃げようとしたその時、右側のおっさんが慌てて近づき戒めた。「おいおい、... 続きを読む
  • 朝風呂のあと、ラナイに腰かけ貿易風の心地良い風に当たりながら、毎朝欠かせない失禁抑制剤、軟便整腸剤、漢方薬その他サプリ等、8種類のクスリの味わいを楽しんだ。至福の時だ。但し、絵にはなっていない。さあて、クスリを飲んで元気も出たのでそろそろ出掛けるとする。19号線を空港方面へ南下、ハイラナニストリートより入ってミセスバリーズクッキーズへと車を飛ばした。こうやって見ると私のおなかも随分小さくなったもん... 続きを読む
  • 今日は、リゾート内にあるビーチコースをラウンドした。途中、コース越しに、妙な形をしたクルマを目にした。どうも前も後ろもボンネットになっているようだ。おそらく電車みたいに運転席も前後にそれぞれあるのではないかと推測される。・・・・と思って近づいてみると、やはりそういう事であったか。考えてみればそんな車をあえて作らなくてもバックできればいいわけだから。プレイも終盤を迎え、17番ショートのティーグラウン... 続きを読む
  • 今朝7時に起床、リゾート内をウォーキング、既に暑い。ワイコロアビレッジまで来た。ホテルの内周を電車がゆっくりと客を乗せ走っている。部屋に戻り、音楽を聴きながら本を読み、昼寝をしケンカをし、そうして夕食の時間になったので外へ出た。勃発したケンカの発端だが、「ブログが面白くなく免疫を下げている。」と目を吊り上げて指摘されたからである。言われなくともわかっとる。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」... 続きを読む
  • ちょっとケチって、午前中は女将とワイコロアビレッジコースを68ドルでラウンドした。セカンドショットはグリーン手前ガードバンカーへ。バンカーは砂というより小石だった。難しいバンカーショットを迫られたが、辛うじてグリーンへ乗せる事ができた。しかし、そこにはバンカーショットによって既にたくさんの小石が飛散しており、なんと一旦真横へきざむ形を取る事になったのである。グリーン上、パットできざんだのは私が人類... 続きを読む
  • デルタ機に搭乗、ウェルカムドリンクはマイタイを選んだ。因みに座席予約で希望した操縦席は今回も受け入れられていない。機内食はステーキ、私の好きなジャックのシングルバレル(日本未発売)も声を震わせながら注文した。よくバーボンと呼ばれるがテネシーウィスキーだ。制限中の酒と肉はいったん解除した。禁欲の長命か享楽の短命か、究極の選択だが旅行中は短命方式を採用することにした。帰国したら、部下の企画室長に余命の... 続きを読む

極め付き 長兵衛

免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

プロフィール

極め付き 長兵衛

Author:極め付き 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム