ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

私の素性を明らかにしたい

このブログの読者数も既に全国で十数人といった極めて大きな規模となっており、そろそろ私の素性も明らかにしなければならない時期に差し掛かったようである。実は、私は、歌舞伎役者 なのである。本日は嘉穂劇場に出演、力強い演技ができており自分でも大変納得のいくものだった。今回の公演も前売り券はほぼ100パーセント売れ残っており、誰一人観客を見出す事はできなかった。と言いますのは冗談で、ここ嘉穂劇場で4月に行...

続きを読む

懐かしい、玄太

1980年からテレビ放映されたドラマだが、今日BSでスペシャル版が放送された。松木ひろし脚本、西田敏行主演の笑いと涙のハートウォーミングドラマ、この40年弱の間、その松木さんをはじめキャストであった多くの素晴らしい俳優さん達がこの世を去った。宇野重吉長門裕之松尾和子三浦洋一坂口良子主題曲は、西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」挿入歌は、杉田かおる「鳥の詩」であった。」」」」」」」」」」」」」」」」」」...

続きを読む

古典への誘い

さて、今日は海老蔵が5年前より始めた「古典への誘い」公演を見に行く。第1幕は家を出る前から既に見ることが出来た。化粧台の前に立つ女将の厚化粧顔を観賞したら、さあ、劇場へと出発だ。(これが歌舞伎第一幕の始まりであった)今日の演目は、喜劇の「身替座禅(みがわりざぜん)」。今回で見るのは3回目となる。恐妻家の大名右京(海老蔵)が奥方の玉ノ井(市蔵)、家来の太郎冠者(九團次)と織りなす舞踏劇だ。右京は奥方...

続きを読む

高齢化社会の一端を覗かせる

エアコンが効いた寝室のベッドからマー君もなかなか起きて来ようとしない。人間も犬も本当に暑い。犬はこんな真夏に毛皮のコートを着ているからなお暑い。こんな暑い日は映画館がいい。映画館のあるここショッピングモール内ではあちらこちらの休憩用のソファーに高齢者の方々がくつろいでいる光景が目に入る。ある長居をされているように見受けられる方にインタビューをしてみると、「家の電気代節約よ」と言った切実な声も聞かれ...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。