FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

お祭り騒ぎ

現役時代に25年間付き合いのあった取引先社長が最近に於いて手作りによるガレージ建築を企画したと言う。ところが工事が進むにつれ次第に趣向が変わっていき出来上がればキッチン付き隠れ家となっていたのだそうだ。今では彼は旧友だが昨日招待を受けたので落成記念のお祝いにその隠れ家にお邪魔した。彼の上手な手料理に舌鼓を打ちながら、持ち込んだドラムでお祝いの演奏をして差し上げた。女将も慣れないベースを弾きながら熱...

続きを読む

飲めばやっぱりスラスラ書ける。

バブル崩壊後、公共事業の積み増しを繰り返してきた我が国だが、人口減が見込まれる中で老朽化した社会資本の更新は大変難しいと言わざるを得ない。私が係留している公営マリーナでも同様で、係留者の老いも年々進み70歳以上で過半に迫っており、毎年の台風による桟橋の損傷もここ数年放置されたままである。そのような高齢者のおひとりから「俺のボートでちょっと行くか」と声を掛けられ近場のポイントまで釣行となる。搭乗する...

続きを読む

かあちゃん、心配するな

母親の認知症も緩やかにグレードアップしており、^^ヘルパーさんにお願いする生活援助も増えつつある。今までは自分でやっていた下着の洗濯などもヘルパーさんにお願いするようになり随分と助かっているのだが、最近では自分の下着なのに他人の下着だと主張する事があるようだ。そのような時はヘルパーさんも対応に困っており何か対策を考えないといけない状況に来ている。下着に名前を書き込むか、カメラで記録しておくか、それで...

続きを読む

仕事疲れか

実は私にはある霊媒師の友人がいる。そんな彼の息子より相談があった。このところ、父は大好きだった酒もあまり飲めなくなっているという。「最近、お父さんが仕事から帰って来ても元気がないんです」私は早速アドバイスした。「お父さんは仕事で憑かれてんだから、そっとしておいてあげなさい」にほんブログ村...

続きを読む

マリーナに忍び寄る広域経済圏構想

マリーナのポンツーンでのんびりとマリナステイしていると、隣のボートオーナーのもとへ船底シートが運ばれてきた。先日私が設置した船底シートを見て自分も購入したのだという。ボートの長さほどの大きさなのでいくつかに分割し陸上のトラックから搬入されている。何度もトラックとボートの間を往復しながら荷物を降ろしては不要な梱包材を積み込むといった作業の繰り返しである。積んじゃ降ろす、このことから、ひょっとしてこの...

続きを読む

胃袋の中に胃袋を納める

これはカンパチの胃袋である。塩焼きで食べるのだがコリコリとした食感はたまらない。一カ月近くに及ぶメンテ作業で身体のあちらこちらの筋肉が痛む。こんなものでも食わにゃ身がもたないのだ。これまでに行った作業は、船底の塗装、家具の組み付け、汚水タンクとスタンウィンチの徹去、オーディオの設置、電気系の整端、アイソレータの増設、清水タンクの移設更新、生簀クーラーとライブウェル配管新設、各海水濾し器・エアコンポ...

続きを読む

繰り返す駄文記事

住んでいる田舎町から電車に乗り、盛り場へ出た。目的地はアップルストアだ。よく言われることだが果物屋ではない。落下させて画面割れしたiPadの修理のためだがこれで4回目となる。(アホかいな)早めに着いたので近くのバーでティーリングのロックを飲みながら予約時間まで時間を潰した。今回も全損扱いで新品交換となったが費用負担はなく、これもアメックスのショッピングワイドプロテクションのおかげだ。このあと足早に焼鳥...

続きを読む

キャッシュレス社会の一員として

キャッシュレス化が叫ばれる昨今であるが、早くから私もアメックスプラチナ会員としてヒスも長かったものの数年前にそれを解約してデルタカードに変更している。ところが、よく使う路線のデルタ直行便が最近廃止となったことからゴールドメダリストとしてのメリットも減少し先日再びプラチナカードに戻したのであった。現在ではプラチナカードはプラスチックではなくズッシリと重量感のあるメタル製となっていた。意匠的なものなん...

続きを読む

事故に遭う

昨日は駐車場から飛び出したクルマに私の軽の真横をぶつけられるといった交通事故に巻き込まれた。相手は若い女性であったがブレーキとアクセルを踏み間違えたと言う。これは近年のオートマ車の弊害かもしれない。昔のマニュアル車では徐々にクラッチを繋ぐ操作が必要でオートマのようにいきなりアクセルを踏み込み飛び出すような事はなく、このようなアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は基本的にクラッチを踏む動作が絡む...

続きを読む

見事に当たった!

やるじゃないか。ついに女将が引き当てた。日頃の行ない宜しく神様は彼女を選んでくれたのだ。私は運悪く残念ながら今回は逃した。 ...

続きを読む

お金を食べる

今は株はやっていないが、松井証券が日本で初めてオンライントレーディングサービスを始めた頃は私もよくデイトレードをしていたので、マーケットは少々気になって見ているが、今日の株式市場はザラ場でも終値でも今年の最安値を下回り2万割れまであと393円となった。GPIFの平均取得価格は1万7千円とも聞かれ (よくわからないが直近では更に上昇しているかも)、2万円割れともなると状況は一変する。米中貿易戦争が覇...

続きを読む

若い頃、好きだと言われ

若い頃、大勢の女性からとても好きだと言われていたことを思い出す。1990年代だからもう30年近くも前の話だ。歳を重ね、私の中でそう言われるような事はもう諦めてはいたが、なんと世界を見渡せばまだまだ世の中には存在していたではないか。GIVENCHY 初期のXERYUS 1990 EDTだ。女性たちが好きだと言ったのはこのオードトワレの香りのことだ。私のことではない。私が身に振りかけていたこの香りは大勢の(特に中洲の)...

続きを読む

自宅警備員として (最終勤務日)

午前中はお袋より派遣要請があり直ちに出動した。これも警備員に与えられた任務だ。そのうち寝てしまったので静かに退出する。今日で6日目、いよいよ主人の帰国の日を迎えた。自宅警備員の業務には警備、介護の他にも冷蔵庫内の在庫整理と清掃があるが、台所と洗濯機は洗い物の山、清掃は殆ど手付かず寧ろ荒れ放題の様相を呈している。バーゲンで格安のベースとアンプがあったのでこれを購入しご機嫌取りを試みようと防音室に置き...

続きを読む

自宅警備員として(5日目)

そろそろ独身生活も侘しくなってきた。やっている事といえば、冷蔵庫を開けたり閉めたりする事ぐらいであるが、さすがに庫内の食材も枯渇している。それでも冷凍室の奥の方に刺身用タコを見つけたが、賞味期限は遥か昔であった。退屈していたらようやく設計事務所より新たなプランがメールで届いていた。晩年はお袋と同居しようと数年前より2世帯住宅への建て替えを計画、設計を進めてきたがプラン後にお袋の気が変わり間取りも白...

続きを読む

自宅警備員として (4日目)

お袋の状態は不安定だがハンドリング不能な問題は特になく、自宅警備員として淡々とした日々が続く。午前中はドラムの練習を数時間やるが11月18日の発表会に間に合いそうにない。全く足が言うことをきかないが、16ビートで躓くのも自分としても感心しないので頑張るしかない。発表会は観客をできるだけ多く連れてくる事が条件とされているが聞いてくれそうな人も見当たらず大変気が重い。お袋でも連れていくか。午後はスティック...

続きを読む

自宅警備員として (3日目)

私は恥ずべき疚しい事を行ったからと言って黙って隠しているような事ができない人間である。実は、女将の留守中の白昼に於いて私は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ...

続きを読む

自宅警備員として (2日目)

現地でこのブログを見た女将は、自身の名誉を棄損させる記事が書かれていた事について毅然とした対応を取ると連絡して来た。更にこのブログに対し、これはフェイクブログだとトランプの言葉を引用し厳しく切り捨てた。(反省シマス)滞在中のビラから見せつけるように写真が送られてきた。(もう許してクダサイ)写真はドトール農園と思うが楽しそうじゃないか^^;昨夜は1人で晩酌にも熱が入り飲み過ぎて酩酊しクダらないブログを書いたよ...

続きを読む

自宅警備員として(1日目)

昨夕、極右ポピュリストとして名高い女将がハワイへと旅立ち、我家も爽やかな朝を迎えた。8時マー君に起こされ、朝食にドッグフードを共にしてその後散歩に出掛けることにした。今まで私一人で犬の散歩などやった事はないが、今日から1週間はこういう事が日課となる。ところがマー君は私と歩調を合わせた散歩を頑なに拒み、忽ち家へ戻ろうとする。(家にはまだボスがいるとでも思っているのだろう)外面は良いが主婦独裁政権を賛...

続きを読む

家を出た女将

残念だが仕方がない。愛艇が私の手を離れ、私もまた女将の手を離れた。夕刻となり、大きなスーツケースと共に家を出た女将は暗い声でこう言い残して行った。「私は家を出ます。あなたも元気で暮らしなさい」「マー君は置いて行きます。朝と夕方は必ずウンコさせて下さい」・・・・・本当に行くのか。私は生まれてこの方、ご飯も炊いたことがない。一体、どうやって生きて行けというのか。保育所にでも預けてほしかった。とにかく手っ...

続きを読む

素業不良と言われても仕方なかろう

今日明日の両日はマリーナ勤務だ。このところ、台風や雨でなかなか船を出す事が出来ずストレスが蓄積している。しかも日頃の行い極めて不良で勤務日に限って凪となる。そこで本日、出勤前の5時出港7時帰港という短時間釣行に挑んだ。ポイントまで往復1時間なので釣りも1時間1本勝負だ。なかなか当たりがなかったが納竿直前に一匹タモに収めた。この時期の早朝の海は最高だ。沖合いで船を止め、アフトデッキでデッキチェアに深...

続きを読む

やっぱり酒はやめられん

昨日は宮古島の珍しい泡盛を旅行のお土産としてバンマスより頂き、早速カラダに注ぎ込んだ。まことに旨い。宮古島へは私も数年前に行った事がありその時はアラマンダに泊まった。アクティビティはカヤックで行く洞窟探検を体験した。もう忘れかけていたが思い出させて頂いた。(思えばこの頃は何の悩みもなかったなあ^^)ウマズラハギの塩焼きはあまり聞かないと思うがお試しあれ。これもマリーナのお客さんから頂いた釣魚だ。↓押...

続きを読む

心はオトコ

私自身、健康に不安を抱える中、遂に母親に対する老老介護が始まろうとしている。今月に入り、独居中である母の心身の様子が急変、連日寄り添っている。父親も40代で亡くなっており私も若い頃から昼夜通して商売にかかりっきりではあったが、母は1人でも元気に生きて来られた。だが、彼女も80をとうに過ぎてそろそろ手助けが必要な年齢となっている。しかし性格は変わらない。今でも男のような性格で私と向き合うが本当にこの人は...

続きを読む

見えない鎖

今日は依頼している設計事務所さんを食事にお誘いし公私境なく楽しく談笑した。ところで、先日、別の会食の折りに電池切れのガラケーをどこかに置き忘れてしまい、その翌日から出掛けた渡航先でレンタル携帯を借り受ける羽目となり現地で1万3千円もの出費を強いられた。その失くした電池切れガラケーだが、帰国後、自宅寝室のベッドの下から愛犬マー君によって探し出されている。その後この教訓から、置き忘れ物探索タグ「tile」と...

続きを読む

あわや溺死か

昨日から目に鈍痛が走りステロイドを点眼して一旦落ち着いたが、翌朝も症状が改善せず眼科へ駆け込んだ。ところが目には異常はなく数日後の耳鼻科受診を指示された。副鼻腔に何かありそうだが大したことはなさそうである。帰宅して佐川氏の証人喚問中継にテレビの前で釘付けとなるが、与党と安倍寄り維新は茶番としても野党側は追及不足で消化不良の感が否めない。やはり政党が多すぎて時間配分が限られてしまうからで、根源は政党...

続きを読む

要人の動向

10日、自主申告納税制度に基づく確定申告も無事終わった。自主納税制度は納税者の義務と言うより権利だ。戦前のお上による賦課課税方式が改められ、国民による自主申告が制度化された。前期に未払金として残っていた車の修理代の一部が値引によって支払免除となったため、早速私は正直に今期の雑収に振替えるといった権利を行使した。(アホか)その後、アカデミー作品賞受賞のシェイプ・オブ・ウォーターを観た。冷戦時代の米極秘...

続きを読む

なんてかキサーン

一糸乱れぬパシュート選手たち。彼女たちの日頃の努力は並大抵のものではない。私も負けずに1日5分と決めて取り組んだステッパーだが、今日はテレビを見ながら30分やり通した。今日1日で6日分やったことになる。ステップ数は800を超えた模様だ。やれば出来るのだ。、、、、、、、、、、、、、キッチンからは女将であろうか、「チッ」といった舌打ちに似た音に続いて言葉が発せられた。「明日から6日間休むつもりだなコイツ...

続きを読む

笑わば笑え

毎日5分。やると決めたらやる。 ...

続きを読む

飼った小鳥に餌は与えない

会社を起こし営業を始めて間もなく、携帯電話がまだそんなに普及していない頃、ある魚市場での仲買業者の競り場に於ける小電力構内無線通信網の構築を提案していた私が、場内を管理する総務受付の年配の女性に最初のアプローチをしていた時のことだ。まずはここを突破しなければならない。商談をするときは場の空気を作る必要がありそんなときに使うのが雑談だ。窓の外を眺めながら私はこの女性ににこやかに語り掛けた。「海猫がホ...

続きを読む

初めてのふるさと納税

手始めに昨年末、ふるさと納税制度に基づく寄付を温泉地のある自治体に対し少なめにやってみた。早速今年に入って返礼品であるペア宿泊券が寄付先自治体より送られてきたのだが、調べてみるとこの宿泊代は10万円を超える金額に相当していた。そして、寄付額のほぼ全額が今期の所得税と住民税の賦課税額から差し引かれる。毎年関心はあったのだが手続きも簡単だったし早くやっていれば良かったねと思う。しかし批判として言ってお...

続きを読む

耕一丸さんからのコメント

耕一丸さんからコメントを貰った。>友人のお父さんが肺がんで亡くなられた時はショックでした。>幸い(と言って良いのか良く分かりませんが)疼痛コントロールは良かったとの事で、>ちょっとだけ安心しました。>これから先どんどん櫛の歯が欠ける事が繰り返されるんだなと思うと、>なんだか心がチクチクしてしまいます(^^;一昨日通夜に伺い、昨日葬儀に参列した。最後は苦しむ事もなく静かに安らかに息を引き取られたそうだ。...

続きを読む

終活に入る

今日は親戚筋のお通夜に参列した。肺癌でステージ4まで至っており、享年68歳であった。2年前より咳が酷くなっていたそうだが検査には行かなかったという。タバコを長い間吸ってこられたようだ。ご冥福をお祈りしたい。日本人の平均寿命は最近では80歳とも言われ、従って多くの人達は70歳から90歳の範囲に収まっていくのだろう。(違ってたらすみません)私は今月還暦を迎えるが、早ければ10年後にお迎えが来ても不思議...

続きを読む

年末の節約考

毎年やろうとして多忙で(?)できずにいたふるさと納税だが、今年は確定申告も早めに準備が進み凡その納税額も推計できたため今年こそはやってみたい。期限まではあと2日だ。自治体ごとに返礼品は多種に渡って豊富に用意されている。これを貰わない手はない。また、決して安いとは言えないNHK受信料だが、家族割半額制度があるものの世間ではあまり知られていない。別世帯の親や子の口座で合算引落にすれば同一生計とみなされ一方...

続きを読む

不要家族からの脱却

国家資格であるクレーン免許試験に無事合格し、本日東京労働局長より免許証が送られて来た。早速、履歴書の作成にとりかかる。会いたいと思わせる履歴書の書き方が重要であり、学歴・ 職歴や志望動機のまとめ方はもちろん、見落としがちなポイントにも注意し、万全を期して就職活動を行って参りたい。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓押せば命の泉沸く...

続きを読む

いざ行かん

2度目の挑戦。さあ、二日酔い状態だが受験票を持って試験会場へいざ行かん。(マスクだらけでどこかのお役所の開示情報のようになってしまいましたが)試験問題は中学生レベル。学生時代を思い出しながら・・・・・・とは言っても、当時勉強してないから思い出すことはできないのであった。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓他にも...

続きを読む

○| ̄|_ ←土下座の絵

著しく緊張してしまい、昨日の実技試験では1回目で見事に不合格となった。(指導員の想定通りデス)試験開始から僅か30秒経過した時点に於いて早くも失格事項に抵触してしまい、「自害」 といった恐ろしい言葉が心中をかすめた。その後、補習再試験を3回重ね、試験官の情により(?)ようやく合格と相なった。当日は15名が受験、私を除き全員が20才代、私との年齢差は40歳弱あり私以外は全員が一発合格であった。私も若...

続きを読む

心はパステルカラーに

免疫力向上についてはこのブログでも大きなテーマとして取り扱われている。そのために大事な事としてあげられている事の一つは「運動」であろう。それは誰もが重々理解しているのであるが、しかし、しかしだ、風呂で身体を洗ったり、犬の散歩や糞拾い、庭の草むしり、女将の指示によるトイレ掃除、とりわけジムに通ったりしたからと言って、一体誰が表彰してくれたり対価を支払ったりしますか。このような肉体的労働に何の名誉的経...

続きを読む

オナラの償い

環境問題に於いて世間様にご迷惑をお掛けしてきた事への償いをさせて頂きたいとの思いがつのり、このたび、国家試験に挑む事とした。今後はこの分野に於いて世の中で必要とされる人材となりたい。みなさん、さようなら。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓あがとござます...

続きを読む

やはり黒くて大きい方がいい

巨大なプードルを見た。犬もクルマも、やはり大きい方がいいと思った。(体長50センチのマー君には悪いが)このところ、実利主義で買ったものの趣味性のない軽自動車に飽き飽きしていた。そこで、早朝より関東方面のディーラーまで目当ての中古車を買い付けに出掛け、現車を確認して先ほどトンボ帰りで戻ってきた。外装はあまり綺麗ではないが機関や内装は非常に程度が良く申し分ない。走行距離、僅か2万5千キロの法人ワンオーナ...

続きを読む

再び浮浪的無産者となる

創立5周年を迎える節目に、発起人である専務と共同で設立した会社を3月末で退任した。当初は例にもれず人材育成や組織作りに苦労したが、なんとか順調にここまで来て今では組織も確立し安定軌道に乗った形だ。振り返れば、専務は気を遣っていたのか私にあまり相談事もできなかったようだが、彼としても随分と悩みや苦労を抱えながらの試行錯誤の連続だったのではないか。今では隙のない盤石な礎が築けたと思う。晴れてこの日が迎え...

続きを読む

虫が騒ぐ

欲求が掻き立てられて落ち着かなくなり、気がハヤって居ても立ってもいられなくなってきた。いやいや、女性を求めているのではない。以前、少しの間乗っていたキャデのコンコの事だ。 リアのホイルハウスのスカートがたまらなくいい。20年経ってまたこのクルマが欲しくなってきた。キャデはロールスロイスやベンツと並び世界を代表する高級車ブランド(であった)。90年代のキャデらしく、堂々たるフルサイズであり、乗車定員は6...

続きを読む

世界征服を達成した人物は存在しない

私には幼少時代からの強い願望があった。その憧れとも言っていい願望は50才を過ぎた現在でも続いている。それは世界の頂点に立って全ての人類を自己の支配下に置き、そこから全ての人類を見下ろしたいという野望でもあった。歴史において未だに世界征服を達成した国、人物は存在しない。息子に説教していた頃が思い出された。説教のとき、必ず私は息子を見上げ、息子は私を見下ろしながら互いに正面から向き合ってきた。やはり背...

続きを読む

16KB以下の脳みそメモリー

忘れっぽくなったものだ。今日は美人の事務員さんに銀行処理の一部引き継ぎを行なう予定で出社した。当社の休業日は水木だ。今日は日曜日、銀行は休みだった。仕方なく引き継ぎは諦めて古いファイル整理などを行っていると定時近くになったので、一旦帰宅してその後プールがあるジムへと向かう。いつも泳いだあとに併設サウナへ入って帰るのだが、着て行った服は上着1枚である。下着やシャツなどたくさん着込んでしまうと車の中で...

続きを読む

人の道を外れ今年の干支となった私

胃の中は、初詣、新年会を経て十分に酒で満たされ、続いて麻雀が行われる事となった。談笑や鼻歌が出るなど長閑にゲームは進められていたのであったが突然事件は発生した。引くべき[場]の牌と間違ってウッカリ上家(右隣の人)が持つ手持ち牌(配られた牌)をツモッてしまう(牌を引く)という不届き行為が出てきたのである。被害者である上家の者は不意に自分の手牌をぶんどられ、ハトが豆鉄砲を食らったような顔つきに変貌しその...

続きを読む

ビックリスマスパーティー♪

友人のM君の自宅でクリスマスパーティーが行われた。その自宅は山羊、鶏、犬たちが放し飼いにされている壮大な農場の中、遠く海が見渡せる長閑な山奥にあった。ホストのM君とワイフのSさんだ。野趣にあふれる丸焼きの七面鳥を美味しく頂きながらパーティーは次第に盛り上がっていた。今では飲み会でのテーマは、船と言うより専ら音楽である。さて、パーティーも終盤に差し掛かり、Iさんが雄犬のお相手をしていたところ背後から...

続きを読む

祝い事

この時期とは思えない日和の今日の佳き日、美しい花嫁と、如何にも酒好きな顔をした花婿が厳粛な神前挙式により結ばれた。新郎の誓詞は次第にクレシェンドに達していき花嫁の父親の目からは静かに涙がこぼれた。その後、料亭での宴が催され新郎新婦は祝福されたのだが、最後の花束贈呈で新郎は、「ありがとう!カアチャン!」と言葉を添えながら自分の母親に花束を渡すといった愛嬌を見せつけており、かなりの酩酊振りが伺えた。お...

続きを読む

君の名は

今日は車庫の整理整頓を指示通り行ったところ、褒美として映画に連れて行ってもらった。女将、ありがとう。ところが、その後続けて上映される「君の名は」まで付き合わさせられ、早く帰って飲みたいのにありがた迷惑とはこの事であった。最近のアニメはまさに写真ではないかと言ったような忠実な描写がなされており、感心のあまりそれが情報過多となって少々ストーリーに集中できなかった。ラストシーンですれ違って会した若い二人...

続きを読む

焼鳥共同企業体の信頼回復

先日購入したばかりのタブレットの電源ボタンが押し込まれたまま動かなくなった。そこで、さっそく購入した外資系のアップルストアへ連絡するが、数日後の空き日に予約して来店してくれと言う。やっとその日となって一昨日、奇弁の立つ女将を帯同してそのストアへ伺った。保証規定に基づき交換を希望したが、ボタン付近の筐体に傷があるので自然故障とみなされず今回は有償になると言われた。なんと、4万円である。しかし、その傷...

続きを読む

メンドクサイ日本人

先日のハワイ島ゴルフ場での出来事だが、同伴者が有料で借りた右用レンタルクラブのうち、ドライバーだけが左用だった。既に我々はカートに乗ってずいぶん離れたところのティーグランドまで来ており後ろの組も続いている。彼は寛容な心で「なくても構わんよ」と言ってドライバーを使わないままラウンドしたが、私はホールアウト後ゴルフ場へ報告だけはしておいた。その時、帰ってきた言葉は、「借り手が借りた所まで戻って来て差し...

続きを読む

オムツも一つのファッション領域にある

旬の翡翠銀杏、生たこ刺し、広島菜の細巻・・昨晩は最近馴染み深くなった鮨店で少々飲み過ぎたようだ。汚い話だが、まだまだ術後の後遺症として失禁は続いており、特に酒を飲むと緩むので早めに引き上げた。帰宅して、早速オムツの交換をすべく脱衣場にあるオムツ置き場に行くとなんと新しいオムツが用意されていた。ブルーとピンク柄で装られた清々しいデザインのオムツだ。最近私は、オムツも一つのファッションの領域にあると捉...

続きを読む

本当に蝉だったのか芭蕉に聞きたい。

朝からセミの大合唱で目が覚めた。「ミーミーミーミーミー・・・」「少しうるさい気もするがこれが夏の風情だ。なあ、オカミ」、と同意を求めると、「セミはいま鳴いていない。アンタ不思議ね」、と言われた。どうも最近悩まされている耳鳴りが原因のようだ。恐らくドラムで耳を悪くしたのだろう。閑かさや岩にしみいる蝉の声・・・。芭蕉は本当に(蝉の声)を詠んだのだろうか。セミの声を聞きながら閑かとは矛盾するではないか。結局、彼も耳...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事