ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

船底の黄ばみ取り

私の船は陸上保管なので船底塗料を塗っていない。一昨日下架して僅か1日ポンツーンに係留していたのだが、船底は黄ばみと海洋生物で汚れていた。今日はその汚れを洗浄しに行ったのだが、トイレ洗浄用のサンポールで黄ばみはきれいに取れた。帰途、日産の名車である通称愛のスカイライン、箱スカを見かけた。リアフェンダー上からスッと伸びた起伏ラインが地平線即ちスカイラインを表現する設計だ。プリンス自動車と日産が合併した...

続きを読む

無線船舶局開設

国際VHF無線は、目の前の大型船等、船舶相互間や管制局、海上保安庁等と直接交信が可能。また、遭難・緊急通信、他船舶交信傍受や保安庁による海上安全情報等の聴取もできる。無線技士資格と無線局の免許が必要だが、制度改正によりコストも低下しこれら取得も運用も非常に簡単になった。6月熊本での資格試験に合格していたのでこのたびicomを買って船舶局を開局した。早速、設置しようと無線機本体をネジで固定しようとしたの...

続きを読む

ボートショーへ

ボートショーへ出向き新型艇に試乗した。突き出しのオーク、鏡面仕上げか。 なるほど。これは製氷機?キャビンスライドドアも開放的に。価格は1億円近い。最近のボートもスタイルは丸みを帯びてきた。どう評価するか。似ていると思ったのは私だけだろうか。...

続きを読む

汽笛信号

船舶で使用する汽笛信号は、長音と短音がありこれを組み合わせて使用する。汽笛の音程は大きな船ほど低い音である。霧中や見通しが悪いところでは音程によって相手の排水量(船の大きさ)が想像できる。船舶の汽笛信号のうち、操船信号には次のようなものがある。■針路を右に転じているとき→ プ■針路を左に転じているとき→ ププ■バックするとき→ プププ先行する他船を追い越すときで、■右側から追い越すとき→ プープ■左側から追...

続きを読む

取り調べ

今日は港へ行き、先日破損させてしまった汽笛アンプの換装工事を行った。右側が先日破損させたトランス、左が載せ替えてジョイントした修理品だ。無事配線を終え、動作試験を行った。「バアオーーーーーーッ!」発報結果良好であり、音圧は100dBを超え周囲を驚かせるほどであったが、不要な時みだりに汽笛を鳴らすことは禁じられており、しかも港内であり、私自身これはまずいと思った。予感が当たった。海上保安庁巡視艇が入...

続きを読む

一人寂しく

今日は、暑くもなく寒くもない作業日和であり船台の車輪交換を行なうために家を出た。マー君、旦那様がお出掛けちゅうのに背伸びだすかいな。作業は8時間掛け終了した。現役時代から言えることであるが相変わらず作業は捌けず、夕刻になった。帰っても誰もいない。そういえばマー君と女将は外泊だったな夜景を見ながら風呂に浸った。そして早めに寝ようと思ったが、やはり一杯飲みに行こうと決めた。...

続きを読む

愛艇メンテナンス

金属は自然界の鉱石から人為的につくられた物質であり、腐食とはその金属が大気中で自然に還ろうとするイオン化現象だ。鉄は酸素に触れるとイオン化し、この時イオンが大気または水溶液に溶け出して残された電子が腐食電流として流れることで錆が進行する。鉄は不安定であり、例えば鉄粉を空気中の水分にさらすと酸化し電子が移動して熱を発する。その応用がホッカイロだ。エンジンの部材として使われている鉄も鉄粉ほどではないが...

続きを読む

スーパーで買えば安いのだが・・

先延ばししていたボートのエンジンオイル交換を自分で実施した。エンジンはボルボペンタ製ディーゼルD6-370、オイル量は実に20リットルも入る。オイル代も高くて馬鹿にならない。ローコストによるメンテナンスの実施はエンジニアとしても必要な心構えであり、経費節減は美徳である事に異論はないが、サラダオイルやゴマ油の使用は厳に禁じられており、VOLVO純正エンジンオイルが指定されている。(香り引き立つごま油、こちら...

続きを読む

フクロウの勝ち

今日は船を給油所まで走らせて500リットル給油した。給油が終わるといつもの景観を楽しみながらマリーナへ戻った。この時期になると、海藻が無数に漂いだす。これが走行中においてペラに巻き付くことがよくある。やはり、あのペラへの付け替えが急務である。実行に移す時が来た。ボートは、野鳥が落とす糞によってデッキなどが汚される。そのためにガードマンとしてフクロウを常駐させ、野鳥を寄せ付けないようにしている。今日...

続きを読む

隠し事は得意である

会社へ電話し、改めて「何か変わった事はないか」と尋ねた。「日付けが変わっています」と即座に返事が返ってきた。先日の指導もあって、正しい答えが導き出されている模様だ。今日は、ガンネルに艤装を行った。まず、位置決めする。ホルソーで穴をあける。穴の大きさを調整する。腐敗防止のため木材をシールする。ロッドホルダーを差し込む。ビス止めする。出来上がり。こんなものに興味のない方もいらっしゃるだろう。説明は最少...

続きを読む

♪ 雨に洗えば

今日は船にとってはありがたい勤労感謝の日だ。私の勤労によって船はピカピカになることができた。洗艇は今日のような雨降りの日が好都合なのだ。洗剤で洗いながら雨が流してくれた。ビフォーアフタービフォーアフター洗えば洗うほど新艇のような美しさが蘇った。雨の中、5時間の重労働であった。帰宅してすぐにシャワーを浴び、体をブラシで洗ったのだが・・いくら洗っても、私の肌が若々しく蘇ることはなかった。」」」」」」」...

続きを読む

浮いてて欲しい

物事は本来の姿であってほしい。例えば、クルマは4つのタイヤでしっかり立っていて欲しい。決して横向きに寝てもらっては困る。人間も二本の足で歩くべきで4本の手足で犬のように歩くべきものではなかろう。今日は、近くの港で奇妙な光景を目にした。ちゃんと浮いていて欲しい。 」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓押せば命の泉沸く↓押せば免疫力がアップします...

続きを読む

メンテナンス作業1日目

今日は1年ぶりに艇のメンテナンスを行った。今月は進水して初めての中間検査も控えている。交換に必要な消耗品は、1、 さびガード2、 エンジンオイル3、 オイルフィルタ4、 バイパスフィルタ5、 クランクケースベンチレーションフィルタ6、 燃料プレフィルタ7、 燃料ファインフィルタ8、 エアーフィルタ9、 海水ポンプインペラ10、クーラント11、エンジン犠牲アノード12、艇体犠牲アノード13、リバース...

続きを読む

メンテナンス作業2日目

前回残したメンテナンス作業を今日行う。リバースギアオイルの汲み上げ。ギアオイルの注入ギアフィルターの交換クーラントの排水クーラントの注入なんとなくエンジン音も滑らかに聞こえるようだ。夕刻、どこからか大きなヨットがビジターバースに着岸した。作業が終わって御来訪の挨拶に向かったが既に誰もいなかった。こんな幅広の大型ヨットを目にしたのは久しぶりだ。ポンツーンから船尾がはみ出して収まらない。きっとこのヨッ...

続きを読む

大臣が辞任し日本が標的となり中間検査を受け不合格となった一日

また政治家が問題を起こした。「今回の被災地が東京ではなく東北で良かった」と発言したものだ。この発言が復興大臣としてあるまじき行為として批判され、本人は「発言を取り消す」と会見で述べたようだが、結局辞任に追い込まれた。そもそも、目で見えたものや耳に聞こえたことが、いったい、取り消したりできるものだろうか。超能力者でもあるまいに。思念や魂が入っている言葉を取り消すことはできない。そして北朝鮮だが、明確...

続きを読む

一気に蓄えを無くしてしまった

「明後日は釣りを予定しているが明日マリーナは定休日だ。今日のうちに船を下架して給油しておこう」 と思い、家で退屈そうなマー君をお誘いしマリーナへ出かけたのは昨日だ。ロープを解き、下架の準備に入る。海上クレーンまで牽引するためのフォークリフトも下で待機している。 が、 バッテリーが放電していた。先日、ダイナモの交換作業を終え、不注意にもブレーカーを切らずにそのまま帰宅したようだ。マー君は私を睨み付け...

続きを読む

共謀の罪

犬が嬉しさの感情が高まった時におもらしする事を俗に「うれション」と言う。これは排泄が我慢できずに漏らす事とは異なり、甘えと服従を意味する行動だ。幼犬によく見られ、成長と共に治る場合がほとんどなのだが、マー君には一向に治る気配が無い。犬は飼い主に似るとはよく言われたもので、飼い主である私もマー君同様、術後1年半経過した現在でも後遺症としての尿漏れが続いている。普段生活上は概ねコントロールできているの...

続きを読む

片手で握り片手で引っ張り出す

アフトデッキより水中へのエントリーが可能となるトランサムステップ上部にハンドレールを取り付けた。これで、安全にチャックを開け取り出す事ができる。今日は疲れて非常に眠いのでこれ以上書けない。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい...

続きを読む

真夏日の厳寒

台風が接近中だ。先送りしてきた船台のリノベーションを行う。緩衝材として使っている木材は腐食している。ついでに一部Cチャンを溶接し補強した。この暑さでクタクタとなった。帰宅したら早速コマンドが発せられ、私は気をつけをして身構えた。「早く食べな」寒風吹きすさぶ凍てつくような寒々とした言葉であった。」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい...

続きを読む

スケジュールありきではない

海外では先行して販売されているが、YANMARより待望の電子制御エンジン6LY440がついに国内でも出荷される。そして今年冬発売予定の搭載艇(プロトタイプ)は、これだ。ハルに特徴があり船首立ち上がり側が延長され喫水長が2ftほど長くなっている。(最終製品版の予想は34ftなので、事実上36ft並となる)3年前に購入した現在の船のエンジンはVOLVO製D6コモンレールであるが、当初、船舶用エンジンの電子制...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。