FC2ブログ

プロフィール

パンツ委員 長兵衛

Author:パンツ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

ウィンクでもしてみるか


今日は3ヶ月ぶりのゴルフであった。
向かう途中、あるお店のこんな誘導看板を見つけた。


「すぐそこ。左折ブリンカーをお早めに!!」



20190328164554de8.jpeg





日本ではあまり馴染みのない表現だが「ウィンカー」と同義語だ。
共に「まばたきするもの」の意味であるが、

開いている目を閉じて開けるのがウインクで
閉じている目を開けて閉じるのがブリンクと言う人もいる。

従うと方向指示器はブリンカーと言うのが正しいようだ。
ウィンカーと言っているのは日本だけだろう。

この看板を作った店主は海外滞在経験者なのか、
あえてこう書いて気を引こうとしたのでしょうか。
であれば、宣伝上手です。

さあ、ゴルフが終わって飲み会だ。
お気に入りの紙パンツを履いて出掛けることにしよう。
そして、綺麗な子がいたらウィンカーを出す。


2019032818002255c.jpeg

20190328180509a76.jpeg

20190328183950711.jpeg



↓please click here !

にほんブログ村 その他日記ブログへ

続きを読む »

立小便+優勝+敢闘賞+横綱+隠し撮り


本日の月例競技会場となったゴルフ場の池の畔には小さな鳥居がある。
そこはマナーの悪い客によって頻繁に立小便が行われるというスポットであり、その忌避のために設置されたものであった。

IMG_1890.jpg

それはどうでもいい。


成績だが女将はベストスコア100を叩き出しネット66で優勝、私は113で敢闘賞を得た。

ホールアウト後の表彰式には参加せず、お袋のところへ様子を伺いに直行する。
ところが、お袋の話しといえば嫌味なことばかりで大変機嫌が悪い。

そこで行きつけの鮨屋へ誘って食事をする事にした。
カウンターにはあの現役日本人横綱もいて、お袋は握手を交わすことができ大喜びした。
その時の写真撮影は叶わなかったが、帰りに店外から彼の後ろ姿を激写(?)した。

IMG_1892.jpg


↓応援お願いします
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

実は実話である



今日は2か月ぶりのゴルフコンペに参加し優勝した。
(みな下手だから)
そして80台で回れたのも何年ぶりだろうと喜びも一入であった。

20180906181838445.jpeg


20180906180946025.jpeg


実は開催されたこのゴルフ場で私はホールインワンをやった事があり記念植樹もしている。
ちょうど10年前の事だ。


20180906180634409.jpeg


20180906180632cb0.jpeg


その同じホールでの今日の出来事だが、
なんと私の打ったボールはピン手前30センチにオンし、ピンに向かってのちピンに弾かれて20センチ戻された。


201809061806319d1.jpeg


同じホールで2度目もあり得るという、実は実話なのです。


201809061806308fa.jpeg
(悔しさに耐え遠くを見つめる私)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 残りの人生へ
にほんブログ村

玉手箱から出てきた年寄り集団


今日は同窓コンペに参加し、特に何人かの同級生とは40数年ぶりの再会となった。
みな定年になるほどに歳を取っており、宛ら浦島太郎の玉手箱を開けたような気分である。

全員、顔も名前も記憶が薄れ、さん付け、敬語を使うが、会話が進む中で次第に明らかになってきて互いに呼び捨てとなる。
そして、ある者は老け方甚だしく、恩師と錯誤された事から丁重に扱われ、困惑した様子も伺えた。


20180717180549165.jpeg



今日もうだるような暑さが続き、私の頸動脈のプラークも沸騰して噴火しそうだ。

そこで扇風機内蔵空調服の出番である。

背中にセットされているファンでユニフォーム内に強力な空気を流し込み、汗が蒸発するときの気化熱でカラダを冷やす。

ティーショットやパッティング時では 「なんの音だ??」 といったクレームも散見されたが、
「芝刈り機の音ではないか?」 と誤魔化しており一向に気にしない。

201807171805488cf.jpeg

私にはさらにもう一つ秘密兵器がある。

ゴルフ用レーザー計測器NIKON COOLSHOTだ。

GPS測定型と違って例えばグリーン周りからピンまでの距離を任意のどの地点からでも正確に測定できる。
グリーン上のピンのフラグに焦点を合わせる時は最近の手振れ防止性能の向上により即座に計測可能だ。
私はパッティング中のピンに近い人たちを焦点として計測しているがこれだとさらに楽だ。

また、GPS型ではプリセットされていないゴルフ場(特に海外)では使う事ができないがその点でもこの計測器ならどこでも使える。

あとは、ボールにもGPSチップを内蔵すればボールをすぐに見つけ出す事ができ、ロストボールがこの世からなくなる。

今日もゴルフコースを広々と贅沢に使用した結果3個無くした。

201807171805460da.jpeg

20180717180551a79.jpeg


ブログランキング・にほんブログ村へ
良ければ

良ければ

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

ゴルフ場でサッカーをする。


ゴルフ場のクラブハウスに入るとまず目に付くのが会員のハンディキャップボードであろう。

「誰か知ってる人がいるかもな、ああ、あいつはこんなところでこそこそとゴルフをしていたのか、誰がハンディ頭だろうか、私のような+ハンディはいないな・・・」 などと、
見てるだけでもそれは楽しい。


20180628130059f99.jpeg



私はかつてプラスハンディを誇り、しょっちゅうゴルフクラブを買い替える事からクラブチャンピオンと呼ばれる事も珍しいことではなかった。
ところが最近では道具を使いこなせず100叩きが多い。
120を超越したケースも決して少なくない。
今日もあのへたくその女将に負けた。

もうゴルフには気が乗らずどうでもよくなってきた。
今後は、クラブを使用しないで楽しめるフットゴルフに転向する。






フットゴルフはサッカーとゴルフを組み合わせたスポーツだが、
対応しているゴルフ場でラウンドする。

パー3は50ヤード前後、パー4は130ヤード前後、パー5は180ヤード前後の距離でプレーする。
サッカーボールが入るように大きく設定されたカップはグリーン上にはなく、ラフの中にある。

20180628130058b8c.jpeg



フットゴルフをご存知か



↓押せば命の泉湧く

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

昏蒙状態に入る


今日は今月最後の出勤日だが、事務所に入り椅子に腰掛けるやいなや直ぐに昏蒙状態に至った。

夜中の2時半に起きて全米オープンゴルフを見ていたからだ。

最終日、混戦の優勝争いは、結局ケプカの29年振り連覇で幕を閉じた。


今回はミケルソンの故意犯的ペナルティ行為、マキロイによるアイアンの池投げ捨て行為など爽快?なプレイも見ることができ私は大盛り上がりとなった。


ところで、最近ではドライバーを使わずあえて安定性のいいアイアンでティーショットする傾向のようだがパワーのある若いプロには理に適っているようだ。

私にとってはバッグに8番アイアンとピッチング、サンド、パターの4本のみ入れてラウンドした方がスコアがいいのかもしれない。
スリーパットがなければボギーペースで回れそうな気もしないではない。

が、

その勇気はない。

よく考えてみれば、その4本ですら使いこなせているわけではなかった。

つーか、これらが最も苦手なクラブだった。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓ヨイネお願いします^^

にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ミルキーはママの味


今朝マリーナでは風が強く随分と冷え込んでいたが、
それでも頑張って台風により破損した浮き桟橋を補修した。
これも管理人の仕事だ。
疲れた時は甘い物の摂取が望ましい。事務所に戻ってミルキーを食べた。
マぁマぁの味であった。

IMG_6482[1]

IMG_6488[1]

その他にも、クラブハウス内のモップ掛け、4か所に及ぶトイレ掃除、先輩へのお茶汲み、
これら普段なら拒みたくなるような業務に自ら進んで取り組むことができた。
なぜなら、昨日注文したゴルフクラブを本日退社後ショップへ受取に行く予定になっており心ウキウキなのだからなのだ。

IMG_6537[1]

もう私もそろそろ還暦だ。体力もないし日頃練習もしないので拘ってきたスチールシャフトは今回カーボンに変えた。
久し振りの買い替えだがこれでスコアアップは間違いない。(はずだ)


ヨイネ押して下さい^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

↓押せば免疫力がアップします


松山、日本人初Vへ


連日3時に起床し松山が出場する全米プロを見る。

201708140735492f3.jpg

最後のメジャー、全米プロ最終日。
松山、スタートホールはセカンドをピンに付けいいスタートと思われたが、
ボギーとしたペアのトーマスに足を引っ張られたのか短いバーディパットを外した。
2番でも短いパーパットを外しボギーとなった。
3番ではセカンドがピンに直撃、パー。ここでもバーディパットが決まらない。
余談だが、高須院長の裸姿をワンホール毎のCMで見せられる。
4番ショートで名手トーマスは長くないパットを外す。
5番右ドッグのティーショット、松山は左バンカーへ。セカンドもバンカーに捕まる。
バーディが取れない。
6番250ヤードショートを6番アイアンでピンそばへ。カップ左からカップインしバーディ。トゥデイイーブン。
7番ロングはグリーンマウンド上に付け、イーグルパットが入らずもバーディとし7アンダー。
トーマスのイーグルパットは惜しくもカップ手前で僅かに左へ切れる。
ここでトップを走っていたキスナーはセカンドをクリークに落とし松山が単独リーダーに立つ。
9番セカンド残り190ヤードは9番アイアンでグリーンを捉え、パー。
フロント9はワンアンダーで終える。

バック9、10番セカンドはバンカーへ。しかしロングパットを沈めバーディスタート。
トーマスのパット、カップ縁に止まり10秒待つが諦めかけたところでカップに滑り落ちた。
今後は私も2,3日待たせてもらう。
11番では解説者が松山を褒め過ぎるから短いパットを外してしまいボギーとなってしまったではないか。
この時点でトップは7アンダーで5人が並ぶ。大混戦もいいところだ。
12番では松山がチョロしてボギーと苦戦する中、トーマスがバーディチャンスにつけるも外す。
この時点で一時的に松山5位に下がる。
13番ショート、ティーショットをミスしてボギー、宿敵のトーマスはチップインバーディでトップ維持。
ところで松山、寅さんに顔が似ていると思うのは私だけだろうか。
14番300ヤードティーショットはイーグル狙いでスプーンで果敢に攻めバーディ。トーマスはパー。
3位タイに。
15番は互いにミスショット。緊張感が高まって来たが、松山、登りのパットをしっかり打ってバーディを決める。
さて、16番からは非常に難易度の高いクロージングホールが続く。
18番ではジェイソンデイがダブルパーを叩いた。
16番、松山はショットが乱れて来た。大事なパットも外してしまいボギー。
トップとは3打差となった。

20170814073626e30.jpg

17番ショート、トーマスがピンに付け松山は距離を残した。
松山パー、トーマスはバーディ、これで決まったか。
18番ティーショット、松山はクリークに入れる。
残念だが優勝圏からの脱落はほぼ確定的となり主役はトーマスに代わった。
そして、松山は試合後のインタビューでも涙を流し今までにない悔しさを滲ませた。

青木を超え長い時間をかけここに来てやっとカップに日本人の名前が刻まれる。
と思ったが、またタイトルはお預けとなった。
だが、大きな夢を見させてもらった。益々メジャー制覇に近づく松山に拍手をクリックしたい。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

そんなつもりは毛頭なかった。

ゴルフラウンド中にお客さんと出会った。

2017042017512748e.jpg

201704201751259e7.jpg

ハクビシンだ。狸とは違う。


20170420175228750.jpg

近付くと側溝に逃げ隠れた。


2017042017513246f.jpg

暗闇の中で目だけが光っている。^^


20170420175128072.jpg

誰が鍋にすると言った。
そんなに怖がらなくても良い。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

土方となった女将

今日は晴天に恵まれ、友人とゴルフに興じた。

どうしたのか、女将が身を屈めて平伏している。


IMG_3072.jpg

IMG_3074.jpg

大きな不幸を引き起こしており、何度も脱出を試みる姿は誠に痛ましい。

学生時代の土方アルバイトを思い出さずにはいられなかった。

IMG_3075.jpg

その後、志賀島へ短い足を伸ばす。


IMG_3084.jpg

上野市兵衛商店へ。
店主はゴルフの上手な三代目。先日は見事に負けた。
たくさんの種類の一塩魚と干し魚が絶妙な塩加減でその日のうちに作られ、
店頭に所狭しと並んでいる。
いつ行ってもお客さんが絶えない老舗だ。


IMG_3083.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

穴があったら入りたい

ss576578.jpg

一度シークレットシューズを履いてしまった私は、
もう元の姿には戻れなくなっていた。
もし、普通の低い靴に履き替えたとすれば、
周りの者たちは明らかに私の背丈に異変を感じるはずだ。
「アレ?、あいつ背、低くなったんとちゃうか?」

明日はゴルフコンペだというのに何の準備もできていない。
人を欺く不正行為が暴露される事の恐怖が私を襲い、
今夜は一睡もできそうにない。

どこかに売っているはずだ。どうしても探し当てるのだ。
しかし結局アマゾンですらシークレットゴルフシューズを見つける事はできなかった。
仕方がない。懺悔の道を選ぶのだ。

負け惜しみじゃないが、
そんなクツ履いてゴルフ中に足がもつれるのもカッコ悪い。
ボールがちゃんと当たるかどうかもわからない。
そうなれば、グリーンのカップの穴にでも入りたい心境になるのではなかろうか。






ss909887789.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



8のオナー

間に合わないではないか。
急に飲み会に誘われ最寄りの駅まで急ぎ自転車で飛ばし居酒屋へ向かった。
自転車は駅前のコンビニ前に駐輪しておく。


IMG_1964.jpg

久しぶりに会った居酒屋の店主と1枚収めた。
私はうっかり指紋を見せてしまった事をのちに気付く事となった。


IMG_1977.jpg

当日は客席も空席が目立った。
店主は恵比寿神社で今年の商売繁盛を祈願してきたそうだが、
私は違う。私は神など存在そのものを信じていない。
ずっと生涯、無宗教派として己の力で生きて行くつもりだ。
嘘ではない。神に誓っても良い。


翌日はHRクラブ定例ゴルフであったがこの寒さの中、皆、ショットも芳しくない。
私も含め高齢化もかなり進行している。
そんな中、普段一般的に見慣れないような現象がついに起きた。
ミドルホールで私は8を叩いたのだが、(これは珍しくない)
ところが、次のホールでのオナーは私だというのだ。
私は顔を赤く染め、恥らいながらショットをしたのであった。


IMG_1987.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓読み終えましたらクリックして閉じて下さい


にほんブログ村</span></p><br /><p><span style=
↓押せば免疫力がアップします

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

青年よ、大志を抱け


今日は40組ほどのゴルフコンペの日だ。
車でゴルフ場へ向かいながら気が付いた。
「燃料タンクがエンプティだ。」

スタンドに寄って給油すべく車を付けた。
ここはセルフではなくバイトの青年が給油してくれた。
やはりその方が楽だ。外に出るのも寒いし。

さて、日頃疑問に感じていたことをこの青年に質問してみた。
「その給油ノズルだがね、どのような仕組みで満タンに近くなると自動で給油をストップするのだろうねえ。」

青年は、
「それは燃料が満タンになってこぼれそうになると自動で止まるようになっているからなんですよ。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

これ以上の会話を私は断念した。

早速車内に於いて待っている間にネットで調べた。
やはりスマポは便利だね。
しかも格安UQモバイルなので月額900円だ。

このように説明があった。

給油ノズルの中には空気の吸入チューブが通っていて、
先端まで伸びている。
そして、燃料タンクの空気を吸い込みながら燃料を注入しているのだそうだ。
燃料タンク内は空気で満たされているためそのまま燃料を入れようとしても溢れてしまいうまく入っていかないのだ。

そして、タンクが燃料で満タンに近くなると発生する燃料の泡により、
空気吸入チューブが塞がれて抵抗が起き、バルブが閉じられて給油を自動的に停止する、
ということであった。

因みに、「満タン」とは、「満タンク」の略語である。

noz.jpg


今日の成績は、
OB7発、グロスでジャスト100、ダブルぺリアで5位であった。
あがとござました。

(↓賞品の新米と馬刺しセット)
sy.jpg

(↓タイガーが全盛期、このゴルフ場に来場した時のティーショット球着地点を示すポール)
少し寂しげに立っていた。
tg.jpg

昨年はフェニックス・オープンで自己最悪の82を喫し最下位で予選落ちするなど低迷が続くタイガーウッズだが、
現時点でもメジャー優勝記録2位、生涯獲得賞金は100億円を超え、私に似て偉大なゴルファーだ。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓さようなら。チェックアウトはこちら


↓押せば免疫力がアップします


続きを読む »

本当は何歳?

随分久しぶりのゴルフだ。

今日は美女二人に誘われて来た。
若々しいルックスを見て今日は1日ショットにも力が入った。
年齢は20歳だそうである。(昭和60年11月現在)


IMG_0744.jpg

ティーグラウンド横に植栽されたどなたかのアルバトロス記念植樹を見ながらティーショットに挑む。

見事にOBであった。


IMG_0754.jpg

植栽と言えば私がまだ学生の頃の話だ。
私はこのゴルフ場に研修生として大変お世話になっていたのだが、
当時私も記念の植樹をさせて頂いた事が昨日の事のように思い出された。

自分で言うのもなんだが、
素晴らしい仕事振りであったと今でも言い伝えられている。














zIMG_0754

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします




坊主頭とタクティクスとエロイカ

40数年前の学生の頃はゴルフには全く無縁、無知であった。
最近のような幼少期からのゴルフ英才教育もなかったであろう時代だ。
しかし、ゴルフウェアだけはいつも着用していたことを覚えている。
当時はゴルフウェアというよりブランド品として愛用していた。
(購入資金をどうやって調達していたかは定かではない)

とにかく、ワンポイント刺繍物が流行ったものだ。

ゴルフパラソルはレナウンのアーノルドパーマーであり、
ゴールデンベアは小杉産業のジャックニクラウスであり、
それらブランド名が実は当時世界のトップゴルファーの名前であったと知ったのは社会人となってゴルフを覚えてからだ。
他にも、
ペンギンはデサントのマンシングウェアであり、
クロコダイルはヤマトインターナショナル製だった。

そして、坊主頭を資生堂タクティクスで塗り、首にはカネボウエロイカを振って買いに行くショップは、
VANであり、JUNであり、TAKARAYAであった。
当然普段はカネもなく、それら整髪料がなくなりかけたら水を補給して容量を維持した。

あるとき、自宅の私の部屋に同級生が遊びに訪れた事があって、
透明の瓶に入った貴重なヘアトニックを勝手に使われたことがある。

私は激怒し、彼が帰ったあと、また水を補給すべく瓶のふたを開けながら悔し涙を流した。
「また薄くなったやんかっ・・・」
よくよく見てみると瓶の中にはおびただしいほどのカビが浮いていた。
この時は、勝手に使った同級生に対し、「はっはっはっ、ザマーミロッ!」 と思ったものだ。
悔し涙がうれし涙に変わりほほを伝う涙が虹色に光った。
(ああ懐かしいガキの頃の思い出・・・)


takute.jpg
eroi.jpg

今朝の新聞では、キングと呼ばれたゴルフ界往年のスター、アーノルドパーマーが天国へ旅立ったと報じられた。
黒人のプレーを認めさせたり、世界中で200、日本でも20ものゴルフ場の設計にも携わった。
そして300億円を上回るツアー賞金と放映権料をもたらす礎を築いた偉大な功績者でもあった。
前述の傘のワンポイントを着て見栄を張っていた時代に思い出が深い。

今日も笑えない・・・



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


ここにも円形脱毛症が

昨日のラウンドのパートナーはMさんご夫妻だったが、
ゴルフ場へ着くや否や、一瞬自分の目を疑わざるを得なかった。
そのMさんと私は上から下までまったく同じ色合わせ、出で立ちだったのである。
ザたっちみたいだ。


160714_1545~01

このゴルフ場は、先般プレイフィを値上げし客足の激減を招いているゴルフ場である。
ゴルフ場で生活する芝の皆様方の心痛もいかばかりかと察した。
よく見るとこちらの芝もまた円形脱毛症を患っていたのであった。


PAP_000611.jpg

ゴルフが終わって向かった先は、新築移転した友人の料理店だ。
この日はプレオープン招待日であり、
お祝いにリーデルのワイングラスを持っていった。
Mさんご夫妻も満足頂いたと思うが素晴らしい料理、御披露目だった。
独立の相談を受けた事もあるかつてかわいがっていた奴だけに、
大きく繁盛してほしい。


160714_1752~01

160714_2026~02


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


バイトのオネエちゃんありがとう!

昨日は、活発な梅雨前線の影響で九州では猛烈な雨が降り記録的な大雨となった。
私の手術後遺症による失禁も今だ活発な土砂崩れ状態であるが、本日雨は上がり、
T子も呼んでラウンドとなった。

T子は上手い。なによりフォームがいい。

P1060359.jpg

今日は午後から日差しが厳しく降り注ぐ。
日除けのためにコンビニで日傘を買っておいて本当に良かった。
「日傘はどれがいいかな」と言って、バイトの女の子に選んでもらったものだ。




P1060390.jpg

帰ったら、女将に「ずいぶん焼けたねえ」と言われた。

透明の傘はビニールハウス効果がある。

バイトのオネエちゃん、ありがとう!

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

置き去り事件発生

男児置き去りと報道された事件だが、無事保護されて本当によかった。
しかし、「置き去り」という表現はこの先もこの親子にとって禍根を残す表現だ。
置き去りというより、シツケと捉えたい。

実は、私も息子に対して同じような事をやった事がある。
但し、私の場合は、方向音痴のために自分が行方不明になってしまった。
何とか我家に辿り着くと、先に帰っていた息子が「心配した反省してます」と私に詫びた。
シツケは成功した。
息子が大きくなって父親を語るとき、「怒られた事は無い」なんて言われるよりは、
どちらかというと、「厳しかった。そのシツケのお陰で今の自分が・・」と言われる方が良い。

最近では子供に対してシツケができない親が多い中、この父親の子育ての思いに理解はできる。
確かに今回シツケ方に不注意、行き過ぎがあったとして多くの人達に迷惑を掛けた点では批判も免れないが、
そもそも子供は国の宝、誰の子であれ、みんなで守り育てていくもの。
大らかな気持ちでこの親のシツケをバックアップしようではないか。

ところで今日は午後から薄暮プレーを楽しんだのだが、OB、ロストで難儀した。
最終ホール、ショットがラフへ飛び、ボールはどこじゃ?と探していたらありました!


P1050425.jpg

と思って近づいてみたら、こりゃボールと違うじゃないの!
ゴミだ。
ゴルフ場ではゴミのポイ捨てなどしないようにお願いしたい。
(捨てた人の親御さんはシツケがなっとらん)


P1050426.jpg

どこを探しても結局ボールは見当たらなかったのだが、
しばらくしてボールは意外なところで発見することができた。



P1050421.jpg

P1050423.jpg

これは恥ずかしい。見られて笑われるより紛失球扱いにして黙っておいた方が得策だ。
競技ではないので別のボールをドロップして打ち直しその場を去った。
そして、本来のボールはその木に「置き去り」 となったのである。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
↓押せば命の泉沸く


↓押せば免疫力がアップします


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

マスターズ開幕

米国男子ツアーの今季メジャー初戦、「マスターズ」がオーガスタで開幕したが、
実は、過去に博多でもマスターズトーナメントが開催されていたことを知る人は少ない。

発起人はHRクラブ理事長も務める実業家の伊藤氏であって、博多の名料理店のマスター達と常連客が出場するトーナメントであり、「博多マスターズ会」と称して、日ごろ練習をしない彼らのプレイぶりを余すところなく見せつけられていたのである。

米国「マスターズ」が行われるオーガスタコースは、とりわけグリーンの難度が高く、11~13番のホールに至っては
「神に祈る」と言う意味で別名「アーメンコーナー」と言われ恐れられている。

「博多マスターズ会」が行なわれる会場は、難易度よりも低料金制を採用しているセルフコースを条件に選定されており、
それらのB級コースは、「ラーメンコース」として恐れられていた。

また、米国「マスターズ」の予選通過ラインは、「50位タイまで」と定められているが、
一方、「博多マスターズ会」の優勝賞品は、食材に利用できるものとして設定され、「500円のタイまで」と決められていたのである。

(ホントですって)

感情の芽生え

昨日は天気も良く、リハビリのつもりでゴルフ場へ行って少しラウンドしてみたが、
スィングでお腹に力が入らずフィニッシュの形がなんとなく決まっていない気がした。
(多分、気のせいだろう)
ボールは右、真横へ飛んで行った。行方不明。


DSC_0006.jpg

ラウンド中、今まで気にならないようなゴルフ場の光景が、
病み上がりの今では気になってしまい、ある感情が芽生えた。

子供の頃から「人のことを妬んではいけない」とよく叱られてきたが
自分より良いものを持っていたり、自分ができない事ができる人を見ると、
やっぱり「羨ましいなあ」と感じるものだ。

この「羨ましいなあ」という気持ちは、
「自分がどうしても欲しい(そうありたい)のに絶対手に入らない(そうできない)もの」を持っている人を見た時に
「妬み」や「嫉妬」という強い感情に変わってしまうと言うことだ。

その感情の対象は決して人だけではなく、物の形を見ても言えることであった。

DSC_0008.jpg
DSC_0009.jpg
DSC_0015.jpg
DSC_0017.jpg
DSC_0022.jpg

ンンンーー,マンダム。


沖縄遠征3日目

3日目ラウンドコースは、北部に位置するゴルフリゾート、
ヤンバルの森に囲まれた喜瀬カントリーだ。



あいにくの雨だったが、ここも素晴らしくきれいなコースだ。
日清カップヌードルカップが再来年に開催される。
カップヌードルカップ?






中村さんがビスケットをあげると寄ってきた。
人になついていて連れて帰りたいほどかわいい。




似てる。びっくりした。



長さといい、角度といい、うらやましい姿だ。




スループレイ、ホールアウト後、遅めの昼食だ。
一人を除きみんなビールを飲んでいい気になった。
成績最下位の者が酒を飲まずに帰りの運転をすることになっている。
運転するハメになったのは、私だった。
そして、無事帰路についたのであった。

沖縄遠征

那覇空港に到着しレンタカーを借りてあしびなーへ行き、
買い物をしてから国際通り沿いのホテルへチェックイン、夕食は鉄板焼き。
翌日のプレイは十数年ぶりのサザンリンクスだ。




現在ではアコーディアとなっていた。
早朝のスタート、朝日を浴びながらのラウンドが気持ちいい。
午後の気温は27度。終日半袖で過ごした。




茶屋の横に咲くハスの花。咲いているのは朝だけだ。



海越えの名物8番ショートホール、Nのボールが見事に海へと吸い込まれた。
なんと爽快だろう。(ヨシヨシ!)


OBであるためアドバンスティーからプレイング4だ。
しかしその場所はなんとグリーンエッジにあったので彼はパターで打った。
入ればボギーだがわずかに外れてダボとなったのである。(ヨシヨシ!)




最終ホールでは、Nはキャディとの議論も欠かさなかった。
詳しい論旨はわからないが、「左右どちらにスライスするのか」といった非常に怪奇複雑な問題を提起した模様だ。
結局、この問題で互いの理解は深まらず、溝は埋まらなかった。

というか、ケンカになった。





夜は予約していた地元料理店に足を運んだ。
特に、カレーで煮込んだてびち(豚足)は美味しかった。




3日目の模様は、明日書くことにする。

転向が決定した

気のいい仲間達と1泊遠征して玉名カントリーでプレイした。
13番Hには宮里優作がかつて来場して飛ばした354ヤード地点に記念マークがある。
残念ながら私はその地点まであと数ヤード及ばなかった。
そしてそこから粛々と第3打目を打ったのである。




血液検査の数値が軒並み高値で調子が悪いところへ
相変わらず今日も朝から飲み過ぎており、
ハンデキャップ値が28.8というこちらも高い数値が出た。
グロス109でランキングは下から数えて3人目であった。
自分で言うのもなんだが、私は今まで多くの試合に於いて堂々たる戦いぶりを見せてきた
プロとは大違いである。

もう、ゴルフはやめた。ゴルファーとしては遅咲きだった。
そして早枯れだ。
今後は転向してこの地で開催される九州金魚すくい選手権大会に出る事にした。




さあ!明日からすくい方の練習だ!
どんな練習をすればいいのかまったく察しが付かないが、
とにかくこれからの自分の活躍に期待したい・・・。

さつき別荘で温泉入浴後宴会、次の日は柳川へ寄って川下り、
若松屋でせいろ蒸しを食べて帰ってきたのであった。







現代の里山

社へ出勤して11月分給与と源泉税申告、納税及び入出金処理を行った。
その後、友人より電話があり、薄暮プレイに付き合った。
ゴルフ場は、芝生や草花、樹木、池、鳥や魚、動物、昆虫の生態等々、
人為的自然環境として良好に管理されており景観も素晴らしく酸素も多く
キャディさんもいいひとばかり。
ゴルフというスポーツを通じて自然とふれあえる現代の里山だ。
身体や心の健康維持増進に森林の効果を活かしていきたい。
今からは、カートに乗らずに全ての18ホールを歩くようにする

考えはある。


(SSCC、夕暮れの9番ホールより散水中の8番グリーンを望む)

ペブルビーチ

今日は、素晴らしい景観に恵まれたシーサイドコースをラウンドしたのだが、
我ながらビックリした。




スタートホールのティーショット、いきなりスライスしたのであるが、直角に曲がったのである。
シャンクとはまた趣が違う。
周りにはケタケタと笑われ、身の引き締まる思いでスタートした。




ここは、マウナラニでもペブルビーチでも志摩シーサイドでもない。




そうです、SSCCです!
友人のよっちゃんだ。シングルだが、最終ホールの4パット、嬉しかったよ。ありがとう。
また行こうね。負けたけど。


大村湾CC

大村湾カントリークラブでの第315回KU会1泊遠征ゴルフ会に出席した。
久しぶりにゲレンデを使ったが、軽を買ってからは乗ることが少なくなりバッテリーが弱っていた。
向かう途中、大村湾サービスエリアに立ち寄るとEV充電スタンドが設置されていたので、
「あ、こりゃよかったわ」、ということで、ゲレンデに充電した。




・・・・当然充電はできなかった。
宿泊先は、諫早観光ホテル道具屋。
両陛下もかつてお泊りの由緒ある宿屋だ。




大村湾オールドコースよりニューコースを望む。



私は優勝のNさんと同ネットだったが年齢で準優勝となった。
ニアピン賞も頂いた。




実は、なんと信じられないことだが、今月末、ここ大村湾カントリーに於いて、
「全米オープン」が開催されるそうだ。本当である。



HRC理事長杯

9月10日は、HRC理事長杯が開催された。
HRCの総会員数は10名だが、
その中から予選に通過した者はわずかにたった9名であった。
さあ、優勝目指して頑張るぞ!
やはり、ここまで勝ち進んで来た強豪達だ。スィングも非常に美しくレベルが高い。
















結局、27年度理事長杯を制したのは私であった。


| ホーム |


 ホーム