ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

核医学検査を受ける

今日は、核医学検査(といっても所謂PET検査)を受けに大学病院へ行ってきた。.PET検査とは、がん細胞が多くのブドウ糖を取り込む性質を利用し、ブドウ糖成分を混ぜた放射線(ガンマ線)を放出する放射性同位元素を体内に注射してがん細胞にタンパク質を集め撮影検出するというもの。検査も無事終わって施設通路を歩いていると、壁に設置されていた放射線(ガンマ線)検出器を見つけた。表示されていた放射線量は、1.8 ...

続きを読む

PET検査の結果だが・・

先日受けた検査の結果が本日郵送で届いたが、封書には「書留速達」と朱色で書かれており、嫌な気がした。(これが通常の送り方だそうで特に意味はなかった。 脅ろかせないでチョーヨ)開封して見てみると、毎回指摘される肝機能、中性脂肪、血糖値は右肩上がりに上昇中で、これは推測を裏切っていないのだが、併せて行った腫瘍マーカー検査では今回急上昇した項目が一つあった。PSA(前立腺癌診断)だ。前回の検診では1.8であっ...

続きを読む

螺旋菌という細菌

先日の前立腺PSA検査の数値が悪かった事で今日診察を受けたところ、癌罹患率は30~40%とのことであった。来月に再検査となったのだが、そのため2週間の禁酒を求められた。次回数値が下がらなかったら今度は組織を12か所採取する生体検査となる。まったくと言っていいほど自覚症状もなく、日頃の腫瘍マーカー検査が重要だと改めて認識した。ところで、最近問題となっているのが、ペットを経由して感染する螺旋菌という細...

続きを読む

天使となった私

再検査のための断酒は既に5日を経過したが、過去の断酒最長記録は20時間までであり、こんなに長い断酒は初めてのことだ。検査は16日なのであと10日あまり、指折り数えているが頭の中は酒の事ばかりである。24時間真面目人間の状態で生かされている自分を私は空の上から見ながら眉間にしわを寄せている。魂が抜けて空に浮いたのだ。地上の自分は抜け殻であり笑顔もなく自由とワルを奪われた哀れで無表情な男である。洗面所...

続きを読む

敗北

1日より断酒を始め今日で13日目となった。この13日は私にとって13年ほどの長い時間に感じている。そして、解禁は16日なのであと3日の辛抱だというのに・・・・私はこの過酷な断酒闘争に敗北しついに角打ちへと足を運んだのである。角打ちのカウンターに立ち、周りを見渡しながら、恐る恐る焼酎を1杯頼んだ。店主の厚意により、焼酎はグラスになみなみと注がれている。つまみとして、ここではその中でも最高級と言われて...

続きを読む

ついに禁断症状が

ロシア陸上界では不正行為が行われていたと報じられている。報告書によると、「99%の選手がドーピングで違反している」と訴えた選手もおり、不正が恒常的に行われていた実態が明るみに出ている。しかし、クスリなど使用せずとも、100メートルを重病、急病で走る選手はいる。さて、侍ジャパンだが、昨日米国に大勝し決勝トーナメント進出となった。とにかく、大事な場面ではしっかり打ってほしい。選手には、「玉筋をよく見ろ...

続きを読む

もう、イヤや

大袈裟だが15日間の断酒を見事にやり遂げPSAの再検査に挑んだ。残念ながら前回より数値が上昇していたので次のステップは生体検査となる。この段階で3人に1人の割合で癌が見つかると言われた。面倒なことになってしまったが心配してても仕方ない。気分を紛らわせるためにも下らんブログだが続けていこうと思う。15日間の断酒が解禁され、晴れて専務と飲むことができた。遅くまで専務もまたよく付き合ってくれた。ありがとう!...

続きを読む

黒い影

今日、MRI検査を受けたのだが、やはり黒い影が示現した。最終結果はまだわからない。再来週の生体検査で判明する。心配していないと言えば嘘になるがそれまでは沖縄遠征に出掛けたりと気を紛らせたい。夜は、Tさんご夫妻と夕食を囲んだ。折に触れ利用するS亭。ここのフレンチは本当に素晴らしい。ご夫妻にも喜んで頂いた。そして、お話も楽しかった。そして、女将(女房)が酩酊して撃沈した。...

続きを読む

ボールバッグとスクールゲートの間に

生体検査手術のため昨日より入院した。暇なので鯛ラバを作りながら時間を潰した。世間知らずの友人が1本3千円で買ってくれるのだ。病院の個室代に充てる。今日、手術の日を迎えた。朝、目が覚めると美しい看護師さんがそばにいた。私は恐怖で気が狂ったわけではないのだが、彼女の前で大胆にもパンツを脱いだ。そして、ケガれた尻を剥き出すという行動に出た。彼女は、(別に珍しい尻でもないジャン)と言うような顔をして沈着冷静...

続きを読む

退院

入院生活も2泊3日で終わった。全身麻酔によって全く苦痛はなかった。記念に写真を撮っている。ここがそのゴールデンボールバッグとスクールゲートの間&汚らわしい尻である。なんだかんだで今日無事に退院することができた。仲間から「来年2月のタイ旅行は行けるのか」と電話が入った。25日の生検結果によって癌であるかどうかがやっと判明する。...

続きを読む

ロケットを打ち上げる

前立腺生体検査を終え退院して数日が過ぎた。術後の経過は順調だ。ただ、退院しても一つ心配事があった。私はあまり大きいとは言えない小型ロケットを所有しているのだが、長い間放置していたロケットの状態がとても心配であった。そこで、各機能点検確認の為、久しぶりひとりで密かに打ち上げを試みた。カラーの「専門書」を見ながら掛けたエンジンに問題はなかったが、起動に多少時間がかかった。手動なので疲れる。また、機体が...

続きを読む

赤ちゃんは幸せ

退院後、失禁はまだまだ収まらず外出が億劫になるが、できるだけ出掛ける事にしている。しかし、おむつをしてのゴルフとなるとまだ無理のようだ。私に似合いのその紙おむつだが、湿気もなくふわふわと包まれてなかなか穿き心地が良い♪椅子に座ってもこれがまた都合よく内蔵クッションとなっているではないか。(痔主なので助かる)欲を言えば、妻にお願いし仰向けに寝かされて両足を持ち上げてもらい、おむつ替えをして頂きたい。...

続きを読む

腸内環境がカギ

退院後2回目の定期検査を昨日受けた。気になるPSAだが、手術後まだ3か月経過のところでありこれから10年は様子を見ないといけないが、今回も数値は上がってなくてひとまず安心した。(これが上がれば再発ということになる)退院後、しっかり健康管理に努めていた事もあってその他の数値も劇的に改善している。γ-GT=67/基準値<47中性脂肪=258/基準値<149総コレストロール=237/基準値<219但しH/L 比は2.8で、レッドカー...

続きを読む

年を重ねて

1週間ぶりに、手伝っている会社の事務所に出社した。そこにいた社員に、「何か変わったことはないか」と尋ねたら、「変わったことはありません」と答えが帰ってきた。この社員は日付が変わっていることに気が付いていない。ところで私は会社を23歳で起業しその後ご縁あってY経営研究所というところのクライアントとなり、そのY先生はもとよりたくさんの経営者の方々とお付き合いができた。そこでは、旅行やゴルフ、飲み会とよ...

続きを読む

楽しいオッサンの会

一昨日はまったく面白くないゴルフであったが、昨日はボート仲間と楽しく飲むことができた。やはりボートやヨットの話しとなると盛り上がってついつい遅くまで飲んでしまう。昨日は2時間半程度の和気あいあいとした語らいであったが、その前の集まりの時は、4時間という長丁場の議論を戦わせたものだ。^^(但し何をそんなに話したのか、ほとんど皆記憶がない)次回は航進丸船上にて宴会を行うことを議決して散会した。ところで、...

続きを読む

安心して自然界へ戻る

PSA(前立腺特異抗原)検査では前回と数値に変わりがなく、ほっと胸を撫で下した。癌治療に関しては、仮に「完治した」と言われたとしても、100%安心ということはなく、5年後10年後もっとそれ以降にも癌が再発するという可能性がゼロではない。それゆえ、癌を患った人にとっては、癌との闘いは一生続くといった現実に折り合う必要がある。いつもはお山生活をしている私だが、検査のために久しぶりにこの都会へ出掛けてきた。病院...

続きを読む

このブログの免疫力向上効果にエビデンスはない。

癌細胞を免疫の攻撃から守っている仕組みを壊し、癌を治す実験に成功したと小林久隆先生らの研究チームが発表した。近赤外線を当て化学反応を起こして1カ所の癌を治療すれば、遠くに転移したがんも消える効果があり、全身の癌を瞬時にして治療できる可能性を示したものだ。これが実用化できれば多くの苦しんでいる癌患者が助かる。私もその一人としてこのニュースを読み心から喜んだ。癌がつらいのは、何年経っても再発、転移の恐...

続きを読む

3回目の定期検査

1月の手術から9か月近く経って3回目の定期検査を受けた。今回もPSA数値は上がっていなかったのでひとまずは安心した。現在、体内に癌細胞は「再発していない状態」だが、手術で取りきれてまったく存在しないのか、或いは検査で検出できないほどの微小な癌細胞が存在していて現在発育進行中の可能性があるのか、主治医に聞いてもやはり10年は見て行かなければわからないとの事であった。つまり、もし存在しているとしたら数...

続きを読む

頸動脈エコー検査の結果

昨日久し振りにマリーナを訪ねてみたら、管理人Aさんが脳内出血で開頭手術を受けマリーナも退職されていたことが分かった。聞くところによると幸い手術は成功したそうだ。実は私も先日の精密検査で頚動脈内壁にプラークの蓄積と循環器系に石灰化が認められ動脈硬化の所見となった。食事内容や水分摂取に注意していかないと数年で進行、悪化すると言われる。還暦にも近くなると若い頃の不摂生が色々な病状となって一気に噴き出して...

続きを読む

忖度はあった

各方面より、一体何をしているのかと言われている昨今であるが、何もしていないのが実状である。^^(いつもノーテンキな私も静かに感傷にふける時もあるのだ)故にブログに書くネタも無いのであった。そこで、過去を述懐してみる事にする。前立腺癌の告知から2年、手術からもうそろそろ1年半が経過する。定期的に受ける術後のPSA検査値の推移は以下の通りだ。前立腺は無くなっているため数値は0(検査機の測定限界値0.008以...

続きを読む

無題

今、東京で知った。海老蔵の悲しみ、本人の無念さは如何許りか。この程度の病で悩んでいる己れが恥ずかしい。…...

続きを読む

興味無かったんやね

一昨日より上京し、権威ある先生の所へ相談に伺った。再発に備え慌てないように自分なりに勉強をしておかなければと思っているからだ。しかし、癌というのは個人差が大きく専門家もこれだと言い切れない事が多過ぎるような気がする。現状では主治医が可能性として言った「数値の誤差」である事を期待したい。(ちょっと数値が大き過ぎるが^^)来月が確定のための再検査である。数値が今後も下がるように祈るだけだ。「そんなこと言...

続きを読む

尿漏れ、その後

遅れまきながら術後1年半経ってようやく落ち着いてきた尿漏れであるが、やはりオナラを元気にやると少々漏れる。私は23歳で小さな会社を起業して30数年来ずっと社長をやってきた中で、オナラだが、思えばいつでもどこでも周りを気にもせず色とりどりの音色と香りを放出してきた事を白状したい。事務所の中では、私を睨み付け換気扇のスイッチを入れる者、窓を開ける者など不届き者の社員もいたが、今思えば、申し訳ありません...

続きを読む

恥ずかしい事ばかりだ・・

PSA値の上昇が確認されてから早や2か月が経過し精神的にも少し落ち着きを取り戻している。(もともと落ち着きはないのであるが・・)聞くところによれば、再発する場合は術後20か月以内が最も多く、最初の数値上昇は一般的に0.01~0.02程度の穏やかなピッチのようだが、私の場合、短期間でいきなり0.1に達するほどの急上昇だった。それから更に2か月経ちそして来週はいよいよ主治医の下で再検査を受ける。誤差や...

続きを読む

再検査の結果

PSA検査は、前立腺癌を診断するだけでなく、治療経過観察中の再燃・再発を見つける上で精度の高い非常に有効な検査であるが、前立腺を全部摘出し前立腺組織が無くなれば理論的に検出はされない。しかし私の場合、切除断端に癌細胞が顔を出し存在していたので将来再発し検出される可能性はある。それでも術後の定期検査の結果は連続して測定限界値以下でありその状態で1年半経過してきたのであったが、今年5月の検査でいきなり0...

続きを読む

よすがとする

身体は約60兆個の細胞でできており、細胞が生まれ変わる過程の中で約5千個の癌細胞の芽が毎日生み出され、免疫細胞の働きによって駆逐されている。そして、病原体は口から腸へと辿りそれらはここ腸でくい止められており、つまり腸は病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官なのである。そこでは免疫細胞が活躍し全体の6~7割が腸内に待機して戦っている。そして、免疫力のあとの3~4割は心が作っている。^^免疫力を高めるた...

続きを読む

どんな味なのか知りたくもない

私の体調だが、このところ著しい改善を見せている。乳酸菌、ビフィズス菌、女将の給餌が好作用しているのだろう。汚い話だが、便のカタチ、色、艶、香り、味も良く、(冗談だ。食べてはいない)調子に乗って再び酒を飲み過ぎる傾向にある。最近では少々の事では尿漏れもほぼなくなったのだが、残念ながら飲み過ぎるとなるとやはりしっかり漏れてしまう。癌手術の有害反応としての骨盤底筋の損傷によるものだが、ある別の泌尿器科に...

続きを読む

今日の検査日に思う死生観

[ありのままの最期 末期がんの“看取(みと)り医師” 死までの450日]こんなタイトルで先日、看取り医師であり僧侶でもある末期癌患者のドキュメンタリ番組がNHKで放送された。そういった人でもやはり人間なのだ。死に向かい合い静かに涙を流していた。お葬式では全身で介護に当たった妻の泣き崩れる姿が痛ましい。死にたくないのは、まだやりたい事、やり残した事があるからだ。そして何よりも家族や親しい人たちとの別れが辛...

続きを読む

6年目の再発

全摘後何も問題なく、その後6年目にして再発か。やはり5年過ぎても安心できないようだ。前立腺癌は進行が遅いからこそ、長い時間かけて出現するわけだ。再発の詳細は不明だが2次治療は放射線だろう。早期発見ならそんなに心配はないと思うのだが・・・。他人事ではないな。^^記事はこちらヨイネ押して下さい^^↓押せば免疫力がアップします...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事

更に過去の記事を見るには?

[記事一覧]下に表示される > を押すと更に過去の記事へ飛びます。