FC2ブログ

ワイどないショー

免疫細胞へ捧げるお笑いブログ

記事一覧

デッキトップコンサート

1969年の厳寒の日、アップルコアビルでビートルズによるルーフトップコンサートが行われた。ゲリラライブとしても有名だ。当初はビルの屋上ではなく船の上でやる事も検討されていたと言われている。それから50年後、そのビートルズが成し得なかった船上デッキトップコンサートを我々は実現することができた。勿論、こちらも予告無しのゲリラライブである。コンパクトドラムセットを持ち込む。 観衆は6万人にまで膨らんだ模様...

続きを読む

メンテ情報 9

航海機器やオーディオをFBにも設置するため、作成したFRPを機器の埋込寸法に合わせ刳り抜いた。一寸違わずフィットしたので嬉しさが込み上げてくる。左より、オーパイリモコンスペース、ニューペックSW、タブレット用コンセント、スラスタ警告盤、レーダーサブモニタ、ケンウッドオーディオ、GPS魚探サブモニタ、スラスタ非常停止ボタンと並ぶ。D-SUB-HDMI変換、レギュレータ、DCACインバータも必要。あとは組み込むだけだ。エンジ...

続きを読む

42か月目の癌定期検査結果とライブ結果

癌摘除手術後3年半経過し先日PSA定期検査のため受診した。今回も0.008以下と異常はなく500近くあった中性脂肪は80まで下がりLDLも最近では70-99の間で推移している。再び主治医に聞いてみた。「もう一度お聞きしますが、既に3年半経過しましたが再発の可能性はまだありますか」主治医はパソコンの記録を見ながら、「いつも聞かれますがそれはわかりません。それがわかれば10年間と定められた検査による経過...

続きを読む

メンテ情報 8

金属片をろ過するためのマグネット内蔵式燃料フィルタがある。ボートへの導入例は珍しいが我が艇にも増設すべく通販にて購入、着荷を待った。開封して驚いた。これは、いったい何用なのだ!?にほんブログ村...

続きを読む

ベートホーフェン

仕事が終わり帰宅して晩酌をしながらEテレを選局したら、ホルスト・シュタインがベートホーフェン第5の第3、4楽章をやっている。第3章の不気味なコーダから第4章の暗から明への絶頂となり曲を閉じる。ボリュームを上げ食い入るように何十年ぶりに聴き入った。彼はN響名誉指揮者でもあって10年前スイスの自宅に於いて80年の生涯を閉じている。ところで、ロックにストリングスを初めて組み入れたのはビートルズであった。にほん...

続きを読む

逢いたくて。

昨日は予定のゴルフコンペをドタキャンし岡山へ。急に旧妻に乗りたくなったのだ。家島諸島を巡ってみる。岡山駅からマリーナまでは車で40分ほど掛かるが、タイムズシェア法人会員の私はこれを有効に利用する。カーシェア料金は15分200円だ。6時間パックでは4000円、しかも保険料、燃料費込みなので大変お得だ。予約から乗車、返却まで全てネットと専用カードで完結するのでレンタカー店のような窓口での手続きの煩わしさがない。...

続きを読む

胃袋の中に胃袋を納める

これはカンパチの胃袋である。塩焼きで食べるのだがコリコリとした食感はたまらない。一カ月近くに及ぶメンテ作業で身体のあちらこちらの筋肉が痛む。こんなものでも食わにゃ身がもたないのだ。これまでに行った作業は、船底の塗装、家具の組み付け、汚水タンクとスタンウィンチの徹去、オーディオの設置、電気系の整端、アイソレータの増設、清水タンクの移設更新、生簀クーラーとライブウェル配管新設、各海水濾し器・エアコンポ...

続きを読む

メンテ情報7

 日本では設置義務のないトイレ汚水タンクがこの船には配置されていたので早速撤去した。ベント、三方バルブ、チーズ、汚水タンクまで複雑にジョイントされた排水ホースを一切切断撤去し、サイフォン現象による逆流防止のためのベンテットループを接続して短絡した。トイレタンクの満水センサはそれが付いていないシャワー室排水タンクへと移設した。特に食べ過ぎた時などはトイレ使用の激しさも増しており(特に女将が)、従って...

続きを読む

苦肉の策

エンジン性能のレベルアップのため現在主機換装作業中であるが、配管系統も異なるため今日はその変更作業に追われた。現役時代からの習性で仕事終わりの一杯、晩酌のために作業も頑張る事ができている。とは言え、我が家ではやはりそう簡単には飲ませてくれない。女将の保護看護下にある限り、冷蔵庫内にあるのはノンアルのみとなっている。私は御蔵にあったウォッカを引っ張り出して来て、女将の怒号の中、ノンアルのグラスに入れ...

続きを読む

繰り返す駄文記事

住んでいる田舎町から電車に乗り、盛り場へ出た。目的地はアップルストアだ。よく言われることだが果物屋ではない。落下させて画面割れしたiPadの修理のためだがこれで4回目となる。(アホかいな)早めに着いたので近くのバーでティーリングのロックを飲みながら予約時間まで時間を潰した。今回も全損扱いで新品交換となったが費用負担はなく、これもアメックスのショッピングワイドプロテクションのおかげだ。このあと足早に焼鳥...

続きを読む

史上最長の超大型連休

15日振りにマリーナ勤務が始まった。今日から1週間働いてまた休みに入る。世間では史上初の超大型10日連休と騒がれているが、私の場合今回は15日連休であった。早速、早朝よりオーナーさんがお見えだ。半年振りに海上より船を上架し船底のメンテナンスを行なうとのこと。このオーナーさんの休みもまた長く、ここ数年は毎年365日連休を取っていると言われている。令和の日本を象徴する高齢者が与えられた長寿を存分に謳歌...

続きを読む

60年前製造の手入れの悪い中古

我が家に嫁いで来たトローラー嬢だが果たして私に快適な釣りをさせてくれるのだろうか。釣り船ではないのだからちょっと心配である。嫌いになるかも知らん。まず、トローラーだから、船足が遅い。しかも広々としたフライブリッジはまさにトップヘヴィだ。そして、釣った魚を活かす生け間がない。この3点でやはり釣りには不向きである。ボート屋がこのような船を勧めに釣り人の家に訪れたとしたら一瞬の笑顔の後、直ちに次のような...

続きを読む

メンテ情報 6

手作りのオーディオラックをプラモ用のアクリルスプレーで塗装し本日組み込んだ。耐候性ではシリコーンアクリルが望ましいのだが、汎用的でないグレーの艶消しであるダッシュボードの色に合わせるにはこれしかなかった。紫外線劣化に不安があるがその時はまた塗り替える。物作りは楽しい。テレビ、チェスト、スツールも設置、ボルトで固定した。衣服だんすとして遠出の時の船中泊で役に立ってくれるはずだ。大した装備ではないもの...

続きを読む

メンテ情報 5

耕一丸さんより以下の様にコメントを頂きました。いつもコメントをありがとうございます。しかし耕一丸さんは何でも物知りですね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・>綺麗に仕上げられてますね^^>私も会社でパイン材で盆栽用の台作らされてますが、塗装が結構手間で、自動車用のパテ盛りして研ぎ仕上、プラサフ吹いてウレタン塗料で仕上げてます。>ホームセンターでも2液ウレタンがあるのは助かります。・・・・...

続きを読む

メンテ情報 4

今日は木工事、カーオーディオを収納するラックをパイン材で加工制作する。仮置きしたところ、ジャストフィットしており満足だがこのあとは苦手な塗装作業がある。下地塗装後、タミヤの戦車色塗料艶消しジャーマングレーで綺麗に仕上げたい。...

続きを読む

キャッシュレス社会の一員として

キャッシュレス化が叫ばれる昨今であるが、早くから私もアメックスプラチナ会員としてヒスも長かったものの数年前にそれを解約してデルタカードに変更している。ところが、よく使う路線のデルタ直行便が最近廃止となったことからゴールドメダリストとしてのメリットも減少し先日再びプラチナカードに戻したのであった。現在ではプラチナカードはプラスチックではなくズッシリと重量感のあるメタル製となっていた。意匠的なものなん...

続きを読む

メンテ情報 3

ここ数日は朝から晩まで電装系の新設、変更を行っている。テレビ増設に伴う同軸線分配、各種測定機器の配置及び電源ルートの変更、オーディオ新設、スイッチ集約、デコデコ更新等々、作業空間は狭いし結構な手間だが運動と時間潰しには持って来いだ。時折ボートヨット仲間のご訪問があって「船はいい色に塗り替えられましたね」などと声を掛けられ、2時間ほど対応するので作業の生産性は低下するがそれはそれで楽しいもんだ。↓ple...

続きを読む

資本主義の終焉

...

続きを読む

床の間のエンジン

岡山で開催中のボートショーへ、換装予定のマリンディーゼルエンジンを見に行く。コンパクトに纏められた美しい姿だ。メカ好きとしてはマリン用と言ってもエンジンは常に輝かせておきたい。少しでも錆びがあると全否定したくなる。船から降ろし床の間に飾って毎日ピカピカに磨きながらいつも眺めていたいぐらいだ。↓please click here !...

続きを読む

卑怯者たちが蔓延る

船を愛するボーターとして、日産を私物化したとされるゴーン被告についてもう少し言及したい。日産には子会社で日産マリーンという立派なボートメーカーがあった。実はゴーン氏は船が好きで当初この日産マリーンのリストラはないと言明していたのだが、突然解散させてしまった。そして、今、日産の金を自己に還流させ17億円のメガクルーザーを購入していた事などが発覚し特別背任容疑で再逮捕されている。かつて生産現場で作業服に...

続きを読む

期待したい

ゴーン被告が特別背任の容疑で再び逮捕されたと報道されている。次の保釈時の変装姿は果たしてどのような出で立ちなのであろうか。次回も非常に楽しみである。ちょんまげカツラに時代劇舞台衣装をまとうのではといった憶測も流れている。期待したい。昨日、花見から帰って来てからは、買ってきた「まがに漬け」で一杯飲んだ。有明海の小さなまがにを殻のまま荒くまるごと潰した塩辛の一種だ。唐辛子と殻のカリッとした食感はまさに...

続きを読む

私が留守中の座礁事故

さて、11時までのんびりと過ごしていたが早くもチェックアウトの時間となった。荷物をまとめ部屋の戸を開け帳場へ向かおうとするが、そこは押入れであった。ところで、私が留守の間、座礁事故が起きている。あなたのボートがもし座礁したらまず第一に損傷状況チェックを。冷静をなくした軽々しい対応は最悪な事態を招く。こういう時はクレーン免許所持者の私にまずは一報して欲しい。https://youtu.be/RMIcPoJyrGo↓please click ...

続きを読む

ふるさと納税の旅 その2

ふるさと納税の返礼を受け今年もまた ここ へ来た。去年はツツジ、今年はサクラを見に。予約していた部屋は桜が最も美しく眺められる「山桜」。早速ビールを注文する。背後の床の間の掛け軸にはこのように書かれているようである。「初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」つまみをと菓子箱を開けるが、煎餅かな?小物入れか。庭園へ通じる勝手口から散策に出る。部屋に戻ると母親から電話が。...

続きを読む

新元号漏れる!

明日には新たな元号発表を控えているが、私は既に新元号情報を独自に入手している。ここで明らかにするが、炎上し全世界に拡散する可能性もある。新しい元号は、「安静」であった。ネット上の元号予測サイトを見ても安倍の安を含めた二文字が大勢を占めているようである。超高齢化、病人社会を迎えた今日の日本人に対し憫察を表した元号として後々まで高く評価される事であろう。今日はマリナステイだ。マリーナで仕事を終え近隣の...

続きを読む

ニシンで思い出す名プレイヤー

少しずつ認知症状が進みつつある母親を連れ近くの料理屋でニシンを食べた。ところで私は母親の口座に仕送りとして毎月いくらかの振り込みをしている。なので、その都度彼女の通帳に振込人として私の名と振込金額が記載されているわけだが、母親はそれを見て私が引き出しているものと錯誤しており、今日の飯代はお前が出せと言う。それはさておき、懐かしい味、ニシンといえば北海道、あの奥地のギタリストを思い浮かべた。先程デジ...

続きを読む

傷だらけの天使を船に誘う

オサム(萩原健一)とアキラ(水谷豊)2人の若者のアウトローな生き方と挫折を描いた探偵ドラマが「傷だらけの天使」であった。オサムは中卒、アキラは自称小卒(中学校中退)である。アキラはオサムを兄のように慕い「兄貴ぃ〜」といつも連呼している。可愛い弟分である。リーゼントにポマード、革ジャン姿だ。今のインテレクトな水谷豊像からは想像し難い。最終回でアキラは、しょうもないことで肺炎にかかり、部屋にたくさんの...

続きを読む

ウィンクでもしてみるか

今日は3ヶ月ぶりのゴルフであった。向かう途中、あるお店のこんな誘導看板を見つけた。「すぐそこ。左折ブリンカーをお早めに!!」日本ではあまり馴染みのない表現だが「ウィンカー」と同義語だ。共に「まばたきするもの」の意味であるが、開いている目を閉じて開けるのがウインクで閉じている目を開けて閉じるのがブリンクと言う人もいる。従うと方向指示器はブリンカーと言うのが正しいようだ。ウィンカーと言っているのは日本...

続きを読む

メンテ情報 2

船底塗装した船は十分に乾燥させた上で本日やっと海上へ下架する事が出来た。今後係留する契約ポンツーンに繋留し、向う三軒両隣に挨拶に出向かうが、北の果てへ放浪の旅に出た方、現在リハビリ中などといった方々ばかりでどなたにも会いすることはできなかった。明後日はマリーナ勤務日でもあり、明日は彼らがいない間でもありここでの船中初ステイを試みる。ところで話しは変わるが、愛用するiPAD9.7の液晶ガラスを再び割ってし...

続きを読む

次期後任候補現る

リズムギター担当のイッケーがこの度、北海道へ旅立つ事が決定し長期欠員になるとしてバンド内には大きな驚きが広がった。「良かったな」「後悔などあろうはずがありません」昨日、イチローが引退を表明したが、最近政治家でも見せる事の多い涙は無く、晴れ晴れとした彼の表情は流石に一流選手たる堂々とした姿であった。聞くところによるとイッケーの北海道行き航空券は片道切符であると言う。果たして彼も引退を望んでいるのだろ...

続きを読む

メンテ情報 1

更にボートメンテナンスを進めて行く。今回は船底塗装だ。まずは喫水線下のゲルコートを研磨、その上にプライマーを塗布し船底塗料の乗りを良くする。次に船底塗料を十分に重ね塗りする。海水に化学反応する加水分解型塗料だ。走行時に限らず停泊中でも塗料が少しずつ自己剥離し付着物を落として行く。これまでの材料費は、金属用プライマ舵コート 4300円(初回のみ)FRP用プライマカモメ12kg 1万9800円(初回のみ)ペラクリン 850...

続きを読む

事故に遭う

昨日は駐車場から飛び出したクルマに私の軽の真横をぶつけられるといった交通事故に巻き込まれた。相手は若い女性であったがブレーキとアクセルを踏み間違えたと言う。これは近年のオートマ車の弊害かもしれない。昔のマニュアル車では徐々にクラッチを繋ぐ操作が必要でオートマのようにいきなりアクセルを踏み込み飛び出すような事はなく、このようなアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は基本的にクラッチを踏む動作が絡む...

続きを読む

老々認知の始まりか

昨夜は勤務地近隣でバンド仲間の飲み会が開催されたが、話題はもっぱら認知症についてであった。酒は弱くはなっているものの二次会でも大いに盛り上がり久し振りの二日酔いとなってしまった。翌日は仕事、私の愛艇は勤務地であるマリーナに艇置きしており、艇のふとんの中で一夜安らかに眠って翌朝目が覚めればそのまま管理事務所へと出勤する事にした。朝が訪れ、早めに事務所に入り解錠して来場者を待つ。ところが好天にも拘らず...

続きを読む

ペラの防汚塗装

今日はペラの防汚塗装を施工した。既に汚れている。まずはサンダーで研磨する。次に下地としてプライマを塗布する。時間を置いて二度塗りが基本だ。下地乾燥後、更に5時間空け防汚塗料をこれも二度上塗りする事になっているが一旦帰宅し改めて作業現場に戻る。昔から仕事が捌けず作業終了は夜中となってしまった。明日は雨の予想なので今日中に終わらせておく必要があった。もう周りは真っ暗である。次の作業はラダー塗装の予定な...

続きを読む

倅の成長

小型犬の生まれた時の体重は大体100~200gであるが、その後体重は1日に10%ずつ増加しながら10日で2倍ほどになると言われる。最近このブログでもご無沙汰の倅のマー君は順調に成長しながら現在に至り早や5歳となっている。彼の近況を報告しておくが、身体的成長(※アタマは空っぽ)の勢いは止まるどころかまだまだ衰えていないように見える。...

続きを読む

船台改造にかかる

今日の私は神人的船番匠となっており、新たなメンテナンス用船台のキールとハル受け木材の加工を行った。完成後は船台に船霊を祝い込めた。これが終われば船底塗装、キャビン内一部改装を計画する。もちろんDIYカスタムだ。...

続きを読む

半ペラ

回航中にすれ違った大型貨物船。空船状態で半分くらい露出しているペラが見える。動力系も推進系も船はエネルギーロスの塊のようなもんだ。...

続きを読む

航海日誌2ページ目

船中では熟睡どころか一睡もできないまま一夜が明け、朝食後出航準備に取り掛かる。室尾港を出ると風とうねりが強いが次第に収まって来た。周防大島を抜け大分姫島を左舷に見ながら関門海峡、響灘、玄界灘、母港へと向かう。昨日の響灘の時化のあとでもあり当地の現況も不明で新門司での凪待ちも想定していたが、航進丸キャプテンがわざわざ響灘海岸まで車で出向いて行なわれた現地海況観測により平穏であるとの報告を受けたので安...

続きを読む

航海日誌1ページ目

昨日朝9時には納艇場所に到着した。船は既に海上桟橋で進水されており陸上から見ると感慨深いものがあった。簡素に進水式を終え早速作業服に着替え出航前点検に取り掛かるが完了までに半日を要した。性格が執拗であり早めに来ておいて良かったと思う。午後から牛窓のホテルリマーニに向かいそこでまず一泊した。今朝8時にホテルをチェックアウトし出航、女将の運転も随分と任せられるようになった。走行中のキャビン内は彼女の透...

続きを読む

いよいよ回航へ

短い周期で天候も変化する中で風浪の安定が数日続く見込みとなり、本日早朝より始発の新幹線に乗り込んだ。いよいよ買い換えた船の回航のために関西へと向かう。荷物が多く大変だ。2mを超えたこの棒は万一の時に命を助けてくれるアイテムである。今回は航進丸キャプテンもクルーとして同行添乗の予定であったが、昨晩彼が何の相談もなく突如同行の約束を解いたことから、私が雑務の全てを負わなければならなくなっており急遽対策に...

続きを読む

嫁取りに向かう

今の女房と別れ、新たな女房を迎える。おそらくこれで私もバツ13だ。長く連れ添ったやつもいればすぐに別れたやつもいた。しかしこれが最後のオンナである。先方の親御さんへのご挨拶も終え、このたび彼女に乗っかって帰って来る。「売って頂き、まことにありがとうございました。後生大事に致します」確か、こんな挨拶だったと記憶している。買替前に夢見たトローラーでのクルージングをいよいよ実体験する。ふるさと納税で得た...

続きを読む

見事に当たった!

やるじゃないか。ついに女将が引き当てた。日頃の行ない宜しく神様は彼女を選んでくれたのだ。私は運悪く残念ながら今回は逃した。 ...

続きを読む

解散の危機に瀕する

嵐が2020年いっぱいで活動休止する事を発表した。一方、我がヒマナスターズは解散の危機に瀕している。リードギターのナッカーが水虫で入院、リズムギターのイッケーは突然、「北海道に行く」と宣言し、ヒマナスターズファンにも大きな衝撃を与えている。5人の心がバラバラになったとき、バンドはもはや解散しかない。早速私はソロ活動を開始する事とした。...

続きを読む

トローラーという最終選択

スポーツフィッシャーマンやコンバーチブルなどとは魅力が全く異なるトローラー。歳を重ねたボーターが最後に落ち着く船は、外洋での堪航性に優れ航続距離も長いトローラーである。(身近には、最初からトローラーに落ち着いている人もいるが・・)トローラーはその名の通り曳航漁船のことであるが、巨大な袋網を曳航するためのパワー、綱を引き上げる際の安定性、波浪や強風に耐える頑丈さなどを持ち、小型のモデルであっても基本...

続きを読む

春一番か?

今日はマリーナ出勤日。気温は上昇し季節外れの穏やかな陽気だ。次第に南寄りの風が強まり吹き荒れている。早くも春一番かもしれない。明後日は寒の戻りか最低気温は1度の予想だ。ポンツーンを点検する。舫の綱に係る古タイヤも強い風圧でちぎれそうだ。今日も暇な1日だな。にほんブログ村...

続きを読む

家よりフネ!

今までにいくつかのパワーボートに乗り継いできてその種類は様々であったが、日本でもやはり遠洋フィッシングを意識したコンバーチブルタイプの滑走型に人気があるようだ。しかしそのようなプレーニングを楽しむ人もいるが、居住性豊かで10ノット程度で走るトローラータイプの排水量型を好む人もいる。還暦を過ぎた私は最後の相棒を見つけた。中排水量型船を最後の相棒として迎えたい。パワフルな滑走型でもなければ重厚なトロー...

続きを読む

家よりフネ?

マイルスデイビスと共演もしたミシェル ルグランが亡くなったと報じられている。映画音楽も手掛けていたが、カトリーヌ ドヌーヴ主演「シェルブールの雨傘」の主題歌は好きな楽曲の一つであった。最近ではこんなメロディアスな曲を作るライターも少なくなってきた。昨日は最終的な建築プランを確認に設計事務所を訪ねたが、母親に掛る介護費用等の高額負担も始まり、建て替え計画もままならなくなってきている。最近では建築費も高...

続きを読む

新鋭ベーシスト現る

自衛隊哨戒機が韓国駆逐艦からレーダー照射された問題をめぐり我が国も慌しく対応に追われている中で、女将の際立ったベーシストとしての能力に対してもまたスポットライトが照射されており、我々人材不足のヒマナスターズからも熱い眼差しが注がれている。2018年よりナーサリーライムを中心に、YAMAHA音楽教室TUKI3KAI30PUN生徒としてのキャリアを本格的にスタート。以後、初心者向けテキストの1、2ペー...

続きを読む

もうシラネ

船が接舷しやすいようにと、クレーン桟橋にバーレルフェンダーを防舷設置したことは先日の記事に書いた通りで、クレーンを利用するオーナーの皆さんには大変好評であった。そして、クレーン作業を行う我々職員にとっても正確な上架作業がスピーディーに行える事となり、業務の改善に結び付いたのであった。ところが、二人のオーナーさんよりその設置について今日クレームがついたらしい。「そんなものを桟橋に並べて船体に傷でも付...

続きを読む

霊長類最弱

霊長類最弱昨日風邪をひいてしまった。20年振りである。先週から風邪をひいていた女将に移された。移しておいて一言の謝罪もないので腹がたつ。どこかの一国みたいだ。近付いた私も悪い。私の場合も市販風邪薬は全く効果がない。熱はないのだが喀痰が特にひどい。痰はウィルスをからめとって体外に捨てるための粘液物だが、痰はその都度吐き出した方が良い。くしゃみや咳は大きくやると喉に炎症を起こすので出来るだけ小さく収め...

続きを読む

食物連鎖のピラミッド頂点

新年、釣りあげましておめでとうございます。我ながらおめでたい。先日書いたように、マリーナを出港して大勢の釣り人がいる島 (ポイント情報は非公開、つー程でもないが) の防波堤付近まで船で近づき、竿を出したところ見事にヒラメが上がった。防波堤の釣り人が投げ入れる撒き餌に集まった小魚を食べようと集まったヒラメを食べようと我々も集まった。ん?人間は頂点捕食者?いやいや主食は植物であるから底辺?どうでもいい...

続きを読む

プロフィール

バンズ委員 長兵衛

Author:バンズ委員 長兵衛
免疫細胞の7割は腸で3割は心で作られると言われており、
免疫力アップのために日々笑って人参ジュースを飲んでいるのです。

+痔。

このブログは免疫細胞に捧げるお笑いブログである。

最新記事